短編小説等まとめ

204

締め出された評論家【ショートショート】【#160】

 あいつはあの当時、大御所とよばれれる演劇評論家だった。  とくに新作の演劇を見てまわっ…

死に際にひとこと【ショートショート】【#159】

「じゃあこれでお終いだけど、なにか言い残すことはあるかい? 『死に際のひとこと』ってやつ…

はやる心にはご用心を【ショートショート】【#158】

 それでは今日は、恋と奇跡のお話をしましょう。恋はどんなものでも素晴らしいものですが、は…

あなたも『誕生』したくありませんか?【ショートショート】【#157】

「あなたも『誕生』したくありませんか?」  スクリーンに映し出されたコマーシャルには、好…

殺人ウォシュレット【ショートショート】【#156】

「意外とこれがね、限定が難しいんですよ」 「いやそんなこと言っている場合じゃないでしょう…

悪夢を見ていたんだ【ショートショート】【#155】

「うわっぁぁ……!」  悪夢にうなされて俺は勢いよく半身を起こした。しかしすぐに見慣れた…

『探し物』をくれる占い師【ショートショート】【#154】

 店に入ってきたのは20代前半くらいの男女のだった。ドアをくぐった瞬間からもう言い争って…

『おはよう』をつげるネコ【ショートショート】【#153】

「やあ、おはよう」  そう言ってリビングの窓から入ってきたのは1匹の黒いネコだ。しゃべっ…

あなたとわたしはひとつになる【ショートショート】【#152】

「ねぇ、覚えてる?」  目が覚めた俺に、そうやって問いかけてきたのは、昨日、飲み屋で初め…

けして使ってはいけません【ショートショート】【#152】

 桐の箱にいれられたそれは、我が家に先祖代々伝わっていた道具だった。我が家はこの地方の地…