aiko_shin

ソウル在住の35歳。ちょっと天然な韓国人の旦那さんとの韓国生活や、学生時代、出版社で働いていたころなどに起きた出来事などを中心に、エッセイを書いていこうと思います。クスッと笑えたり、ほっこりしてもらえたら嬉しいです。

黒木さんがモテる理由

出版社で働いていた頃のはなし。 各ファッションブランドが、 次のシーズンに発表するアイテムのお披露目会で「展示会」というのが、年に2回あった。 どのブランドも同じ…

富士山に登る、前の話。

高校時代の女友達、大ちゃんとやっこ、そして私の3人で、出会って10周年目となる26歳の夏に、富士山に登りに行った。 ある日、“そろそろ出会って10周年を迎えるから、何…

あのころ〜31歳、親友〜

朝まで男の子たちと渋谷のカラオケで散々騒いで、ガラガラになった喉とタプタプの胃に、明け方になるとなぜだか食べたくなる富士そばを無理やり流し込む。 これは、決して…

手かざし

子供のころ、「手かざし」という体験をしたことがある。未だに、“はて、あれは一体何であったのか?”と思い出すたびに謎は深まるばかりである。 それは、商店街で開かれ…

地獄のテニス旅行

高校時代からの友達男女6人で、軽井沢に2泊3日のテニス旅行に行ったのは、大学1年生の夏だった。 集合場所は、新宿西口のバス乗り場。私は、新調したばかりのお気に入りの…

どうなってるの?

旦那さんは辛いものを食べると、しゃっくりが出る。さらに、ぶつけたりして“痛い!”と感じると気絶するという、なんとも不思議な臓器システムの持ち主だ。 先日は、スト…