アジャイル コスメティクス プロジェクト
見た目も効果もこだわりたい“ちゃたろ”さんが、今後ほしいアイテムとは?素顔のACPユーザーたちFile.7
見出し画像

見た目も効果もこだわりたい“ちゃたろ”さんが、今後ほしいアイテムとは?素顔のACPユーザーたちFile.7

アジャイル コスメティクス プロジェクト

アジャイル コスメティクス プロジェクト(以下ACP)は、使うあなたの声を反映し、磨きつづけるプロジェクト。
お客様の声と共に進化しつづけるために、広く意見を集めることに加えて、お一人おひとりに深く向き合っていくことも、プロジェクトの一つだと考えています。
そこではじまったのが、実際にACPの製品を愛用しているお客様の「肌」にまつわる素顔をインタビューする連載「素顔のACPユーザーたち」。
スキンケアで大切にしている価値観や、モチベーションの源を掘り下げることで、性別も、年代も、ライフスタイルもさまざまなACPユーザーの皆様の「肌と生きる想い」に向き合います。

ちゃたろさんのプロフィール

7人目のお客様であるちゃたろさんは、49歳の女性。
事務職のパートタイムでお仕事をしながら夫と18歳になる息子、愛犬とともに東京で暮らしています。

「朝は6時過ぎには起きて、犬の散歩や身支度。8時30分から16時まで会社で仕事をし、その後は家事などをしながら24時ごろに寝ています。お休みの日は主人と二人で買い物に出かけたり、近所のお友達と公園やドッグランにいったりすることも。昔は一眼レフカメラが趣味で写真を撮りにあちらこらちへ出かけていましたが、最近は家でまったり過ごす時間が増えました。」

自宅で過ごす時間が増えた分、お買い物でECサイトをよく見るようになったそう。

「コロナの影響で買い物に出ることもほとんどなくなり、オンラインショッピングを使い始めたんです。もともとファッションはユナイテッドアローズやローズバッド、ビームスなど、セレクトショップでちょっとクセのある個性的な服を選んで着るのが好きでした。でも最近はベイクルーズやオンワードなどのサイトで、トレンド過ぎず長く着られそうな服を買うようになりました。試着ができないので失敗もたまにはありますが(笑)、やっぱり便利ですよね」

そんなちゃたろさんがアジャイルコスメと出会ったのも、オンラインでした。

「ちょっと記憶が曖昧なのですが、Instagramかネットサーフィンだったと思います。WEB広告を見て、視覚的にスタイリッシュでおしゃれだなと思ってクリックしました。だいたい広告のサイトって、商品にたどり着くまでやたら前置きが長すぎるとか、ごちゃごちゃしているものが多いじゃないですか。アジャイルコスメはクリックした先のページもシンプルでコンセプトと商品がわかりやすかった。“効果を追求する”というストレートなメッセージにビビっときました(笑)。

というのも、いろんな製品をひとしきり使って、結局自分の肌になにが合っているのかわからなくなってしまった時期だったんです。『とにかく本当に良いものに出会いたい』という気持ちにアジャイルコスメがぴったりでした

見た目も中身もこだわりたい

これまでもさまざまな製品を試してきたちゃたろさんにとって、スキンケアを選ぶ基準は「見た目の美しさ」と「敏感肌でも使えるか」。

できればおしゃれなものを使いたいっていう気持ちはありつつ、敏感肌なので無添加や無鉱物油など余計なものが入っていないかも気になりますね。特に海外製の香りが強いものは肌が荒れてしまうので、香料の強いものは基本的に避けています。アジャイルコスメも、合わなかったときのことを考えて『小さくはじめる定期便』からスタートしました。」

ちゃたろさんがまず購入したのは「ACP 2ステップセット」の「小さくはじめる定期便」。「白いオイル」と「 時計遺伝美容液」をミニサイズセットでお試しできる定期便です。

「製品ごとの定期便もありましたが、年齢的にすぐ結果を出したくて、どうせならとセットの定期便に。美容液で肌を底上げしたかったので『時計遺伝美容液』と『白いオイル』のセットにしました。実際に使ってみると、どちらもすごくいい!『時計遺伝美容液』は、つけた瞬間すんなり肌に入ってくるような感覚が好きです」

「その後に『白いオイル』をつけると、ツヤっとした仕上がりで、気になっていた乾燥くすみが改善されました。今までも美容オイルは試していますが、膜が張ったようなテカテカ感が好きじゃなくて。『白いオイル』は2層を混ぜて、肌に乗せると浸透してもっちりとうるおう感覚もよかったです。あとはどっちも天然精油の香りとボトルがいいですよね。面倒な肌ケア時間も香りに癒され気分も上がる時間になります。1週間使い続けた時点で『これは続けたらもっと肌が良くなるのでは?』と継続購入を決めました」

普段のスキンケアは?

最近は「時計遺伝美容液」と「白いオイル」につづいて「うるおうクラッシュ洗顔」も仲間入り。そんなちゃたろさんの普段のスキンケアをきいてみました。

「化粧水はミノン、そのあとに『時計遺伝美容液』と『白いオイル』、「白酵リンクルデュオ」という目元用クリームを使っています。洗顔は朝夜で使い分けていて、朝はアジャイルコスメの『うるおうクラッシュ洗顔』、夜は山田養蜂場の洗顔不要のクレンジングバームです」

「『うるおうクラッシュ洗顔』はメルマガで発売を知って、泡立てなくていいというのが時間のない朝に良さそうで買いました。スクラブは肌が傷つくかなと懸念もありましたが、洗い上がりが想像以上につるんとして刺激もないのが好きです。こころなしか他の製品より使い切るのが早いかもというのはちょっと気になるかも?」

メルマガで「うるおうクラッシュ洗顔」の発売を知ったように、アジャイルコスメの発信も日々チェックしていただいていました。

「メルマガも見ていますし、noteも会員登録して読んでいます!『木村石鹸』も好きなので、社長の木村さんとの対談記事は嬉しかったですね!」

「あとはさかなさんのインタビューも、さかなさん自身がアジャイルコスメを信頼している様子が伝わってきて印象的だったかも。これからもアジャイルコスメが好きな人の声をもっと読んで共感したいし応援していきたいです!

これからのアジャイルコスメに期待するのは?

「アイテムが増えすぎると、シンプルケアというアジャイルコスメの良さから離れると思うのですが、BBクリームやお粉、リップクリームのようなベースメイクまでフルラインで使えたら嬉しいですね!あとは香りがいいのでシャンプーやボディウォッシュもほしいかも」

“効果を追求する”というこだわりがストレートに表現されていることに加えて、ユーザーの生の声に耳を傾けながら常に商品と向き合い、考え、変えていくことを実践されているのが、今までありそうでなかった斬新なスタイルだと思います。なんというか、すごく企業努力や勢いを感じますよね。また、エイジングケアをうたうスキンケアってどうしてもボトルデザインがギラギラした感じになりがちですが、このようにシンプルでおしゃれなものが使えるのは、アラフィフの自分としては非常にありがたいです。若いころから使っていたら、10年、20年後の肌に絶対結果がだせると思うので、もっと早く出会いたかったというのが正直な気持ちですね(笑)。だから10代、20代の方々にも声を大にしておすすめしたいです!」


取材終了後も「顧客参加型で商品を進化させていく、それこそがこれからの時代にあった誠実な“ものづくり”なのでしょう。私もそうしたプロジェクトに関わることができて個人的にも非常にワクワクしました!」とあたたかいメッセージをくださったちゃたろさん。これからもお客さまひとりひとりとの対話が、アジャイルコスメの原動力になると感じたユーザーインタビューでした!

前回の「素顔のACPユーザーたち」

過去の記事一覧

アジャイル コスメティクス プロジェクトとは
アジャイル コスメティクス プロジェクトは「天然由来成分」の持つ「豊かな有効性」を最大限引き出しながら、製品の「官能性」を追求するスキンケアブランドであり、購入者の意見を取り入れ、製品を迅速に進化させていくプロジェクトです。
このnoteでは私たちのプロダクトに込められたストーリーや、自分の肌が心地よくあるためのヒントをお届けしていきます。
いいなと思ったらスキ&フォローお願いします!

■自己紹介記事はこちら


この記事が参加している募集

買ってよかったもの

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
アジャイル コスメティクス プロジェクト
「もうイメージはいらない。効果だけがほしい」 肌と生きるあなたと生きる。 効果を追求しながら購入者の意見を取り入れてアップデートし続ける代官山発スキンケアブランド。製品やブランドの想い、マーケティング、開発の裏側の情報を発信します。https://a-c-p.tokyo/