見出し画像

カギは肌悩みのギャップと、化粧水の「とりあえず」使い。「整え与える化粧水」を生んだ新しい視点とは

2021年5月27日に、アジャイル コスメティクス プロジェクト(以下ACP)待望の化粧水「整え与える化粧水ver.1.15」が誕生しました。

今までの化粧水の習慣を変えることなく、ただ“手に取り、肌につけるだけ”で角質をケアし肌を「整え」、そしてふっくらとみずみずしい弾力までも「与える」ACPらしいシンプルさと効果を追求したこの新製品。

今日はこの新しい化粧水のACPらしいこだわりと、その背景にあった、お客様へのヒアリングから導き出された新しい視点をご紹介します。

スキンケアの先入観を超えた、「整え与える」新発想

画像1

角質をケアしながら肌をほぐして肌を「整え」、みずみずしい弾力を「与える」。

そんな特長から名付けられた「整え与える化粧水」は、今までと同じシンプルなステップのまま私たちが肌に求めるごわつきのない、ふっくらみずみずしい肌質感へ導くアイテム。

「角質ケアは拭き取らなければいけない」という先入観を取り払い、コットンいらず、手に取るだけで、ふっくらとうるおった素肌力を格上げする「イメージより効果」なACPらしい製品でもあります。

「肌のごわつきが気になる、でも…」ヒアリングから見えた新視点

画像2

「整える」
「与える」

この2つに注目するきっかけとなったのは、これまでのACPの製品と同じくお客様からの声でした。

お客様の肌の悩みをヒアリングしていくと、もっとも多かったのはやはり「乾燥」。でも注目ポイントは、その次のお悩みとして「肌のごわつきや、くすみ」が毛穴悩みやニキビなどよりも先にあがったことだったのです。

そんなお悩みをさらに掘り下げてみると

・肌のごわつきは気になっていて、たぶん角質のケアを取り入れるのがいいんだろうなと薄々思っている。

・でも、新しいアイテムでスキンケアのステップを増やしたいわけではないという相反する気持ちがある

・角質ケアは肌に負担がかかりそうなイメージがある

・そもそも、乾燥やニキビに比べて、ケアの方法がわかりづらい


と、なかなか角質ケアへの一歩を踏み出せない方が多いことがわかったのです。

化粧水の「とりあえず」使いを逆手に

画像3

リアルなお客様の声と向き合った結果、目指したのは「これまでのステップを変えずに、肌が変わるという体験」。

そこで閃いたのが、「化粧水のポテンシャルを最大化」して、この体験を実現すること。

化粧水は、多くの方が習慣的に取り入れている定番アイテムでありながら、「とりあえず保湿をするために使う」とあまり大きな期待を抱かずに使われている存在でもあるのです。

しかし、洗顔後のまっさらな肌につけるスキンケアである化粧水だからこそ、その習慣を活用して、ポテンシャルが引き出せるはず。

いままでの「とりあえず」というイメージを打ち破り、保湿だけでなく潜在的に求められている角質ケアも叶える新しい化粧水として提案することにしたのです。

そして1.15という数字の通り、15回のバージョンアップを繰り返しながら約3年もの年月をかけて「整え与える化粧水」は生まれました。

ちなみに、ラベルの英語名である“Re.new.3”は、「拭き取り化粧水」「導入美容液(ブースター)」「化粧水」の3つの機能をもつことが由来です。

ホエイが持つ「整える」「与える」という魅力

画像4

この「手に取るだけで、角質をケアして肌を整え、うるおいを与える」という理想を叶えるために欠かせなかったのがホエイエキス。

ヨーグルトの上部にたまっている液体といえば皆さんもイメージがつくかと思いますが、「天然の点滴」とも呼ばれる高い栄養価をもつ成分です。

ACPでは安田ヨーグルト社(きっと皆さんも飲んだことがあると思います!)製の生乳100%ヨーグルトを発酵して作られる「「ホエイエキス」を主要成分としてふんだんに配合してします。

画像5

ホエイエキスの特長は、肌をほぐす「整える」て、うるおいと弾力を「与える」という、多彩な有用成分を持っていること。

「整える」という面では、穏やかな角質溶解作用を持ち、乾燥やターンオーバーの乱れなどでごわついた肌をなめらかに整えることが期待できる乳酸や、肌のターンオーバー正常化にアプローチするカルシウム。


そして、天然の潤い成分を豊富に含み、肌に潤いを与えるNMF(アミノ酸類)や、高い抗酸化作用を持つとともに線維芽細胞に働きかけ、コラーゲン産生を促進と言われているラクトフェリンなどが「与える」役割を果たします。

もちろん、このように有用成分が豊富なホエイをそのまま肌に塗ればさらに効果があるかといえばそうではありません。

肌の上で狙った効果を引き出すための質やほかの成分との配合バランスを、お客様が求める肌をプロの目線でこだわりながら実現しています。

※乳製品アレルギーの方へ
このように生乳から作られるホエイを使用しているため、乳製品アレルギーの方には
基本的にはご使用をお控えいただくことをおすすめいたします。ただし、アレルギー反応には個人差があるため、お使いの場合においては、ご使用前にお肌の目立ちにくい部分で数日間に渡ってのパッチテストをおすすめいたします。肌トラブルが生じた場合は、直ちにご使用を中止いただき、医師へご相談ください。

天然由来96%。果実や海が生んだ天然の成分も

画像6

ホエイエキスが叶える「整える」「与える」ポテンシャルをさらに引き出すために、自然の有用性を豊富にもつACPならではの天然由来成分を配合しています。

・「天然のピーリング成分」と言われる、マイルドなピーリング効果を促すヒメコウジ葉エキス、パパイヤ果実エキス

・環境汚染が少なく、ミネラルが豊富なトンガの海で自生する希少な天然モズクから生成され、外部の刺激から肌を守りうるおいを抱え込む多糖類(クラドシホンノバエカレドニア多糖体)

・オレンジ果皮油やユーカリ葉油など、11種類の精油をブレンドした清々しくフレッシュな香り


など、つけたての香りやみずみずしさ、時間が経ってからのうるおいまで、五感での心地よさを追求しています。

使い方はどこまでもシンプル

画像7

洗顔後のまっさらに肌に、手に取るだけ。使い方は至ってシンプルです。

コットンを使うことなく、適量としては500円玉程度、顔の中心から外側に向かって優しくおさえるように伸ばしてください。

化粧水のあとは、美容液、乳液、オイルなどでケアを。ACPの製品だと「整え与える化粧水→時計遺伝美容液→白いオイル」の順番です。

新発想「いつものスキンケアで素肌力を格上げ」

いつものステップのまま素肌力を格上げする「整え与える化粧水」。あたらしいポテンシャルをもつ化粧水で、ごわつきのないふっくらうるおう肌質感を実感してみてください。

14日間のミニキットも

画像8

自分の肌と合うか確かめたい、集中ケアをしてみたいという方には、ACPのパワーアイテムをセットにした14日間集中キットも。「整え与える化粧水」「時計遺伝美容液」「白いオイル」の3つが揃ったキットのほか、「整え与える化粧水&時計遺伝美容液」といった、それぞれを2製品ずつ組み合わせたキットも販売しています。

キットの詳細はこちら

アジャイル コスメティクス プロジェクトとは

アジャイル コスメティクス プロジェクトは「天然由来成分」の持つ「豊かな有効性」を最大限引き出しながら、製品の「官能性」を追求するスキンケアブランドであり、購入者の意見を取り入れ、製品を迅速に進化させていくプロジェクトです。
このnoteでは私たちのプロダクトに込められたストーリーや、自分の肌が心地よくあるためのヒントをお届けしていきます。

いいなと思ったらスキ&フォローお願いします!

■自己紹介記事はこちら


この記事が参加している募集

おすすめギフト

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
これからもがんばります!
5
イメージはいらない、欲しいのは効果。天然由来成分の効果を追求しながら、購入者の意見を取り入れてアップデートするD2Cスキンケアブランド。製品に関してはもちろん、スキンケアやマーケティングに関する情報を発信しています。https://shop.a-c-p.tokyo/