見出し画像

オリジナル作品をつくる冒険の旅に出よう

先日、事務局スタッフにやってもらった「宝の地図(SWOT分析)」を見ながら、さらに「宝探し」を進めている。

「機会」や「強み」から宝探しをすることも大切だけど、「弱み」と「脅威」を見て、その真逆を探し求めることもやってみている。

3密・非接触・大掛かり・アレンジが利きづらい・劇場でのクラスター発生・芸術衰退などが「脅威」となり、今までは「強み」であったミュージカル」が実施できなくなったとで、逆に「弱み」としてミュージカル依存の収益構造だったり、オリジナル作品ではないこと、子どもが参加できないことなどが上がってきている。

これをを全部ひっくり返して考えると、「小規模・コンパクトで劇場だけにとらわれない移動型で子どももも大人も参加できるオリジナル作品をつくる」という発想となる。単純だけど、今までなかなか考えたことがない方向性だ。

絵本の世界のようなシンプルでわかりやすいメッセージの描き方で、老若男女誰しもの心を打つようなストーリーをつくる。もちろん脚本から歌や音楽も全てオリジナル。舞台の構成も複雑化せず、物をあまり持たず、使わず、で常にシンプルに。劇場・大ホールにこだわらず、学校の体育館を基本に考えて、特に地方をめぐる移動型のプログラムに。旅劇団のように、スタッフがバンで各地をまわり、その地域で大人と子どもを集め、ワークショップを数回して、市民を舞台にあげていく。公演には地域の人たちが観にきてくれる。1ヶ月くらいで1回しして、次の地域に移っては繰り返す。1台だけじゃなくて、日本中にコモンビートのバンがたくさん走っている。全国各地で表現活動を移動しながら実施していく、そんな大冒険を妄想した。

これ自分も事務局のスタッフもかなりワクワクしたので、まだまだ夢物語のところも多いけど、少しずつ具体化していきたいと思う。

さぁ、冒険のはじまりだ。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
「スキ」って恥ずかしいですが(笑)、ありがとうございます!
9
非営利組織役員/事務局・組織プランナー/表現教育/企業研修・講演/ファシリテーター/コミュニティ設計/ブログ・情報発信/映画・海外ドラマ/スターウォーズ/ヤクルトスワローズ/キャリア相談/NPOのドラえもん/電子マネー推奨/テレワーク/違いを楽しむ/ワークライフミックス

こちらでもピックアップされています

NPO法人コモンビートりじちょーブログ
NPO法人コモンビートりじちょーブログ
  • 108本

【平日毎日更新】NPO叩き上げりじちょーの日常のイロトリドリを綴る。テーマは「教育」「表現活動」「ダイバーシティ&インクルージョン」「違い」「多様性」「NPO」「組織運営」など →NPO法人コモンビート:https://commonbeat.org/

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。