足立道具店

東京・足立区の町工場と共に、長く暮らしに寄り添った道具をつくるプロダクトブランドです。 noteでは、道具ができるまでの話や町工場について紹介をしていきます。 WEB:https://adachidoug-ten.tokyo.jp/

足立道具店

東京・足立区の町工場と共に、長く暮らしに寄り添った道具をつくるプロダクトブランドです。 noteでは、道具ができるまでの話や町工場について紹介をしていきます。 WEB:https://adachidoug-ten.tokyo.jp/

    マガジン

    • 職人の話

      足立区の工場で働いている人に日々のお仕事から生活まで作り手の人柄ににスポットを当てた「職人の話」。

    ストア

    • 商品の画像

      大きな手ぬぐい

      幅40cm、長さ100cmの大判サイズは、何にでも使えるタフなサイズで手ぬぐいを万能な道具として使うことを考えた手ぬぐいです。 東京都足立区の綾瀬川沿いにある、都内でも数少ない「東京本染め」を行う株式会社旭染工にて 伝統的な染色技法「注染」で染めています。 また職人の手仕事でしか表現できない繊細なにじみがありその人の手で作られていることが感じられるのが魅力の一つです。 ワンポイントの絵は、足立区の職人にスポットを当てるという足立道具店の想いをイラストにしました。 [Factory] 株式会社旭染工 [Material]  綿 [Size]  W400×H1000mm ※ご使用の注意 ・注染のため、お使い始めは水洗いや摩擦により色落ちすることがございます。 ・洗濯の際は他のものと分けて、手洗いで行うことをおすすめします。 ・洗濯機で洗濯する場合は、洗濯ネットのご使用をおすすめします。 ・水分を含むと色移りすることがありますので、濡れたままでの放置はおやめください。 ・手ぬぐいの端は切りっぱなしのためほつれた糸が出てきますが、次第にフリンジ上に落ち着いてきますのでご安心ください。 ・ほつれた余分な糸は、はさみでお切りください。 ・手染めのため、繰り返し使用することで徐々に色は薄くなります。 ・一枚一枚手作業で染め上げているため、若干の柄のズレ、色の鮮明さ等が異なります。
      2,750円
      足立道具店
    • 商品の画像

      アクリルトレー (円)

      樹脂の切削加工が得意なオーエムさんと一緒に開発したアクリルトレーは、100分の1の精密な切削と磨きの技術を活かした美しい曲面が特徴です。 アクリルの下にはmincaさんの栃木レザーを使用し、そこにトーハクさんでロゴを空押しすることでトレーとしての存在感が生まれます。 使い込むほどに少しずつ傷つきながら、新品にはない自分だけのアイテムへと変化していくモノ、傷がつきにくいようにサンドブラスト加工で普遍的に持ち続けられるモノ。という道具との関わり方を選ぶ事が出来るように、2種類の仕上がりをご用意いたしました。 そこに置いてあるだけで豊かな気持ちになる。そんな日常を少しだけアップデートしてくれる道具です。 [Factory] 株式会社オーエム [Material] アクリル、革 [Size]  W100×D100×H10mm 
      11,000円
      足立道具店
    • 商品の画像

      アクリルトレー (楕円)

      樹脂の切削加工が得意なオーエムさんと一緒に開発したアクリルトレーは、100分の1の精密な切削と磨きの技術を活かした美しい曲面が特徴です。 アクリルの下にはmincaさんの栃木レザーを使用し、そこにトーハクさんでロゴを空押しすることでトレーとしての存在感が生まれます。 使い込むほどに少しずつ傷つきながら、新品にはない自分だけのアイテムへと変化していくモノ、傷がつきにくいようにサンドブラスト加工で普遍的に持ち続けられるモノ。という道具との関わり方を選ぶ事が出来るように、2種類の仕上がりをご用意いたしました。 そこに置いてあるだけで豊かな気持ちになる。そんな日常を少しだけアップデートしてくれる道具です。 [Factory] 株式会社オーエム [Material] アクリル、革 [Size]  W200×D100×H10mm 
      16,500円
      足立道具店
    • 商品の画像

      大きな手ぬぐい

      幅40cm、長さ100cmの大判サイズは、何にでも使えるタフなサイズで手ぬぐいを万能な道具として使うことを考えた手ぬぐいです。 東京都足立区の綾瀬川沿いにある、都内でも数少ない「東京本染め」を行う株式会社旭染工にて 伝統的な染色技法「注染」で染めています。 また職人の手仕事でしか表現できない繊細なにじみがありその人の手で作られていることが感じられるのが魅力の一つです。 ワンポイントの絵は、足立区の職人にスポットを当てるという足立道具店の想いをイラストにしました。 [Factory] 株式会社旭染工 [Material]  綿 [Size]  W400×H1000mm ※ご使用の注意 ・注染のため、お使い始めは水洗いや摩擦により色落ちすることがございます。 ・洗濯の際は他のものと分けて、手洗いで行うことをおすすめします。 ・洗濯機で洗濯する場合は、洗濯ネットのご使用をおすすめします。 ・水分を含むと色移りすることがありますので、濡れたままでの放置はおやめください。 ・手ぬぐいの端は切りっぱなしのためほつれた糸が出てきますが、次第にフリンジ上に落ち着いてきますのでご安心ください。 ・ほつれた余分な糸は、はさみでお切りください。 ・手染めのため、繰り返し使用することで徐々に色は薄くなります。 ・一枚一枚手作業で染め上げているため、若干の柄のズレ、色の鮮明さ等が異なります。
      2,750円
      足立道具店
    • 商品の画像

      アクリルトレー (円)

      樹脂の切削加工が得意なオーエムさんと一緒に開発したアクリルトレーは、100分の1の精密な切削と磨きの技術を活かした美しい曲面が特徴です。 アクリルの下にはmincaさんの栃木レザーを使用し、そこにトーハクさんでロゴを空押しすることでトレーとしての存在感が生まれます。 使い込むほどに少しずつ傷つきながら、新品にはない自分だけのアイテムへと変化していくモノ、傷がつきにくいようにサンドブラスト加工で普遍的に持ち続けられるモノ。という道具との関わり方を選ぶ事が出来るように、2種類の仕上がりをご用意いたしました。 そこに置いてあるだけで豊かな気持ちになる。そんな日常を少しだけアップデートしてくれる道具です。 [Factory] 株式会社オーエム [Material] アクリル、革 [Size]  W100×D100×H10mm 
      11,000円
      足立道具店
    • 商品の画像

      アクリルトレー (楕円)

      樹脂の切削加工が得意なオーエムさんと一緒に開発したアクリルトレーは、100分の1の精密な切削と磨きの技術を活かした美しい曲面が特徴です。 アクリルの下にはmincaさんの栃木レザーを使用し、そこにトーハクさんでロゴを空押しすることでトレーとしての存在感が生まれます。 使い込むほどに少しずつ傷つきながら、新品にはない自分だけのアイテムへと変化していくモノ、傷がつきにくいようにサンドブラスト加工で普遍的に持ち続けられるモノ。という道具との関わり方を選ぶ事が出来るように、2種類の仕上がりをご用意いたしました。 そこに置いてあるだけで豊かな気持ちになる。そんな日常を少しだけアップデートしてくれる道具です。 [Factory] 株式会社オーエム [Material] アクリル、革 [Size]  W200×D100×H10mm 
      16,500円
      足立道具店
    • もっとみる

    最近の記事

    道具の話Vol.1 カラビナ

    雑貨屋店主であり、モノと暮らし愛好家である、きさらちさとが自身の視点で足立道具店のプロダクトのちょっとコアな部分まで魅力をお伝えする、『道具の話』。 今回は足立道具店の「カラビナ」についてご紹介します。 家や事務所、自転車の鍵…など複数の鍵を持ち歩くときに束ねて携帯できる、カラビナキーホルダーは、その人の個性が出る持ち物の一つ。 人前に出す機会が多いものではないけれど、鍵につけているキーホルダーがちらっと見えると、その人の意外な一面が見えて、ついついのぞき込んで見てしまった

      • 職人の話Vol.1 岩城工業株式会社 岩城和裕さん

        足立区の工場で働いている人に日々のお仕事から暮らしまで作り手の人柄にスポットを当てた「職人の話」。 記念すべき第一回目は、岩城工業株式会社の岩城和裕さんです。 恵まれてるんです、 自分はたまたま運が良かっただけ。親父が立ち上げた工場に、25歳の時に入社して。機械もあったし人もいた。そんな状況からスタートできたので僕はラッキーだったんですよ。 入社してすぐ会社の先行きがみえなくなってきて。 当時はうちに限らずみんなそうだったんだけど、営業なんかしないから、景気が悪くなった時

        • はじめまして、足立道具店です

          ゴスンゴスンゴスン カンカンカン−。 街を歩くと、いたるところから工場の機械音が、 テンポよく鳴り響くのが聞こえてきます。 東京都足立区には2000を越える町工場があります。 それぞれが、日々「モノづくり」をしていおり、 私たちが何気なく使っている製品や機械などの製造に関わる重要な部品を作っています。  その技術は表には見えてくることは少ないですが、  彼らの培ってきた技術と知恵で長いあいだ使ってもらえるようにと、 簡素さと丈夫さを追求した「道具」を作っています。 そ

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 職人の話
          足立道具店