見出し画像

アカシック・カフェ ―全知と珈琲の番人―

「もうアカっちゃいなよー!」
「でも、あたし的にはエージ信じたいし」

常連の女子高生のいつもの恋バナ。しかし、どうも雲行きが怪しい。シュウカがアカシックレコードを提案したのだ。一方ハヅホは曖昧な返事。そりゃそうだ。『世界の真実』によって浮気が確定したら目も当てられない。

十数年前、人類はついにアカシックレコードに接続した。が、蒸気機関やインターネットのように社会が激変することはなかった。一般市民は役所に申請して、運が良ければ少しだけ知れる。それだけだ。

「いらっしゃいませ。お好きなお席に」

二人で姦しい女子高生を見送って、新しいお客。二人よりさらに小柄で、だが成人女性。開口一番に彼女は問う。

「……『天文台』、空いてます?」

アカシックレコード接続方法。要人階級、研究機関、役所申請。

「……えぇ、どうぞ奥へ」

あるいは、うちみたいな裏エージェントか、だ。ドアの掛札を「準備中」にして、お客様と災難を招き入れる。


>>君は次の章を知らない。アカシックレコードは過去でしかないからだ>>

1-1>>

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

Twitterとかマシュマロ(https://marshmallow-qa.com/A01takanash1)とかで感想頂けるだけでも嬉しいです。 サポートいただけるともっと・とってもうれしいです。

ごちそうさまでした。
25
たかなし・あおいです。 小説、考察、感想、日記、怪文書などをnote行為します。 ご意見ご感想はコメントとか、ましゅまろ( https://marshmallow-qa.com/a01takanash1 )とか 何かあればご相談ください。雑記考察小説口笛が出来ます。

こちらでもピックアップされています

自作小説(一次創作)
自作小説(一次創作)
  • 48本

一次創作小説です!ごった煮!ごった煮ですよ!!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。