コロナ禍で挙げた結婚式(その2)~コンセプトその1(接触リスクの減)~
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

コロナ禍で挙げた結婚式(その2)~コンセプトその1(接触リスクの減)~

たこ@アプリ婚したアラサー男

この記事では、結婚式のコンセプト①「接触リスクの減」をするために自分たちが行った取組について、御紹介します。

こちらについては、一部ですが、以前の記事でもお話ししていますので、併せて御覧いただければと思います。

(以前の記事はこちら

接触リスクを減らすための取組は、大きく分けて、以下の二つです。

1 会場受付の無人化
2 来場時間の分散

コロナ禍前の会場受付というと、大まかに以下のことが行われていたと思います。

・ 参列者の確認(芳名帳の記載)
・ 御祝儀の受取
・ 御祝儀の一時保管(新郎新婦側に引き渡すまで)
・ 席次表の配布

そして、これらを行うためには、受付担当として、誰かにお願いをしなければなりません。

もちろん会場の受付机にはアクリル板が置かれていて、飛沫防止の対策が講じられてはいましたし、ネットで調べてみると、受付をしてもらう人に手袋を着用してもらうなどいった対策もあるようでした。

しかし、僕が受付をお願いされたとしたら、最終的には引き受けると思いますが、多くの方と対面で接することになるため、心の中では若干不安を感じるので、お願いするのも心苦しく思っていました。

そのため、自分たちは会場受付を無人にすることとしたのですが、各取組については別の記事にして御紹介します。

(前回の記事はこちら


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます!
たこ@アプリ婚したアラサー男
マッチングアプリで知り合った女性とスピード婚したアラサー男です。当初は自分の婚活記録をまとめていたのですが、一通り書き切ってしまい、何を書こうか考え中です。