愛光流からだと心整体隅田真人がかいた四柱推命のこと

43
新しいことを始めない

新しいことを始めない

 よかったのか?悪かったのか?を考えるとやっぱりよかったんだろうと思うことがあります。自分自身でgoサインを出しているものにストップをかけるのは釈然としないこともありますが、やっぱりよかったんだなと思うようにしています。 予定変更、できればしたい ぼくの手帳には自筆で暦を書きこんでいます。手帳を開くと何月何日って書いてあるじゃないですか。項目として。  そこに、たとえば2021年9月28日のページだったら 己 丁 辛 卯 酉 丑 って書いているんです。  卯と酉。冲

スキ
5
これから会う人の四柱推命命式がわかっているというのはとてもありがたいです

これから会う人の四柱推命命式がわかっているというのはとてもありがたいです

 四柱推命の便利なところというか、これから鑑定を受けてくださる方や相談をされる方の推命命式がわかるととてもありがたいです。  四柱推命は生年月日から命式というものを作成します。陰陽五行理論を基にして、それらを読み解いていき、結果として恋愛がどうとか仕事運がどうとか判断していくのです。  実際に鑑定の現場ですと、鑑定の依頼をしてくださる方に悩んでいることがある、相談したいことがあるわけです。ですので、鑑定現場でも「わたしの○○はどうでしょうか?」とか「わたしこれから○○しよ

スキ
1
個人的にも役に立つ本日の四柱推命

個人的にも役に立つ本日の四柱推命

 四柱推命を学び始めたときに干支のことを知ることになりました。干支というと年賀状の時とか、新年になった時くらいにしか興味がなかったのですが、勉強していくと干支がぼくたちの生活に密着したものだったということを知ることができました。  ちなみに2021年9月18日。この日を四柱推命命式で表しますと 時 日 月 年 〇 己 丁 辛 〇 巳 酉 丑 となります。  干支というと各下段の文字を思い浮かべます。年の柱には丑(うし)がいて、月の柱には酉(とり)がいます。日の柱には巳

スキ
1
干支術とクルマのトラブル

干支術とクルマのトラブル

 干支術。なんだか重々しい名前ですが、重々しいだけで役に立たないとあまり意味がありません。普段の生活にどれだけ密着しているものなのか?どれだけ普段の生活で役に立つものなのか?が重要です。  干支術を活用した、わけではなかったのですが、一日のできごと、そして起きたトラブルが干支術から予想し得たものだった、というお話です。 酉の月だけど申だって黙っちゃいない 今日から酉(とり)の月になりました。正確にはどうなんだろう?と思って萬年暦を開いてみると9月7日17時52分白露とある

スキ
1
四柱推命応用講座の最終講でした

四柱推命応用講座の最終講でした

 昨日は四柱推命応用講座の最終講の日でした。四柱推命は基礎講座と応用講座を設けています。基礎講座が修了した方は応用講座を受講することができます。応用講座で講座自体は一応修了となりますが、その後は定期勉強会を開いて、研鑽を重ねています。  四柱推命は干支を使ったり、専門的な用語も駆使して生年月日からその人の命理を作成し、読み解いていきます。  はじめは難解な四柱推命特有の用語も最終講修了するころには使いこなせているところがすごいところです。単なる漢字の羅列にしかみえなかった

スキ
1
自信の来るさき

自信の来るさき

 自信があるとかないとかいうのは経験値に由来するものだと思っていた。ゲームのように経験値が増えると自然にレベルアップしていき、同時に難易度の高い敵にぶち当たる。それを苦闘の末に乗り越えていくことでさらに経験値が増え、自信もついてくるものだと。  同じ技術を持っていても上手とか下手というものは存在していて、いかに一般化し簡略化されてもついてまわる。自信があるとかないとかにも左右されるのではないかと思うのだが、この自信というものがやっかいだ。そもそも同じ技術という言い方に語弊が

スキ
4
お盆の準備

お盆の準備

 受け継ぐべきものがあって、ぼくも父親や祖父から受け継いできたものがあって、それをおそらく子どもたちにも伝えていくんだろうなと思う。会社とか土地とか家とかそういったものだったらわかり易いんだろうけど、そういったものは受け継いでこなかったし、わたすものもない。でもいくつかのプロセスの中で断片的にでも伝えて、わたして行っているんだろう。  誰かが目に見える形のものを受け継いで、それをさらに次の世代にわたしていくための決意をする。いまの時分になってそういうもんだったんだと気が付く

スキ
1
「孤独」だからこそ

「孤独」だからこそ

 孤独という感覚は好きな人もいれば死ぬほどきらいな人もいて、ここ近年の世界のありようからすると孤独を感じている人の方が多いように思うし、国家の政策、地方自治体の政策でも孤独を促す方向性に行っている。ことが事だから致し方のない面もあるが、孤独が死ぬほどイヤな人からするととても辛い期間だろう。孤独が好きというか、程度にもよるかと思うんですが、「死ぬほど」ではない人からしてもまったくの孤独を感じ続けるのには厳しいものがある。  人間は他者と共存し、他者がいるからこそ自立したり支え

スキ
7
大運が決める

大運が決める

 四柱推命命式の中に大運というものがあって、この大運というのは運氣の運行、流れを示している。10年ごとに変化していくものであり、〇3歳ごとに変化する人もいれば、〇7歳ごとに変化する人もいて、それぞれに異なる。10年ごとだから傍からみれば落ちぶれたようにも見えるし、飛躍したようにも見える。仮に20年間運がよかった人が21年目から運が悪くなると途端に事件を起こしたり、不祥事が発覚したりする。そういったできごとが大運によって読むことができるのだから、四柱推命というのも侮れないものだ

スキ
4
知っていたらもう少し理解できたのかもしれない

知っていたらもう少し理解できたのかもしれない

 誰かの命式がふと気になることがあって、それが今をときめく有名人な場合もあるし、そうではない場合もある。一般人の時もある。気になると眠れなくなり、ごそごそと起きだしては命式を調べてみる。これまで気にも留めなかった人の場合もあるし、気になっていた人のことがさらに気になることもある。それが自分にとって重要な場合もあるし、まったく害にも得にもならないこともある。  四柱推命の勉強をし出す以前に出会っていた人のことを思い出す。もう疎遠になってしまって、誕生日すら覚えていない。今更聞

スキ
4