shiba@アート思考

新規事業開発専門のフリーエージェント。トヨタ、ソフトバンク、内閣府のRESASのPM。 「衰退社会の幸福論」が本質的なテーマ。 京都芸術大学『縄文からAIまでの芸術進化論』・熊本大学『アートによる地方創生』非常勤講師。逗子アートフェスのプロデュース。トランペッター、DJ。

shiba@アート思考

新規事業開発専門のフリーエージェント。トヨタ、ソフトバンク、内閣府のRESASのPM。 「衰退社会の幸福論」が本質的なテーマ。 京都芸術大学『縄文からAIまでの芸術進化論』・熊本大学『アートによる地方創生』非常勤講師。逗子アートフェスのプロデュース。トランペッター、DJ。

    マガジン

    • ART THINKING[アート思考とイノベーション]

      「正解の見えない時代」「AIが多くの仕事を担う時代」ライフスタイルやビジネスにアート×デザイン思考を取り入れることが注目を浴びています。ロジカル思考>デザイン思考>アート思考を横断しながらアートとは何か?ビジネスやライフスタイルにどう活かせるのかについて書いています。

    • WEB3とは何か?

      WEB3(NFT,DAO,metaverse,Defi)は日本の国家戦略にも位置付けられていますが、思想的、技術的、経済的と多様な視点とブロックチェーンを基盤としたNFT、DAO、さらにメタバース、そしてXRゴーグルまで複雑に連動していて難解なものになっています。ここではわかりやすく感じていることを記載しています。

    • イノベーティブ マインドセット

      イノベーションが必要な時代といわれています。イノベーションの現場で感じたこと、本当にイノベーションが必要なのか?まで、ビジネスとライフスタイルの未来のための考察です。

    • 逗子アートフェスティバル

      • 48本

      逗子アートフェスティバルのマガジンです。

    • アート思考の本

      アート思考や発想力、に関する本を中心にご紹介しています。

    最近の記事

    【六本木クロッシング2022展:往来オーライ!】

    森美術館が3年に一度開催している日本の現代アートシーンを総覧する定点観測的な展覧会「六本木クロッシング展」に行ってきました。気になった作品をご紹介します。  玉山拓郎さんの「Something Black」  玉山さんはインタビューで、作品の持つ意味やメッセージ、思想が前提にあって作品を作るというより、まずは作品を作ってみる事で自分自身も鑑賞者に近い視点から作品について思考していると言っていました。自分がこの真っ赤な灯に包まれた空間から感じた事は、こんな内装のレストラン創っ

      • 【52.6%が読書すらしない…世界一学ばない国・日本の「1兆円リスキリング支援」を活かすにはどうしたらいいか?

        特に人事・人材開発担当者に読んでいただきたい。 1兆円のリスキリング予算のおかげで社員研修や新規事業にクリエイティブ・マネジメント(アート×デザイン思考)を導入したいというご相談が急増しました。 これだけはいっておきます。 表面的な研修しても何も変わらないです。むしろ時間の無駄なので通常業務してた方がましかもしれません。実際、そう思いながら社員研修に参加させられている人も多いでしょう。 「学ばない国民」に「必要なスキルを明確化」からスタートするのは疑問です。本質からしっ

        • 【AIの衝撃、、冷や汗が出た】

          2040年に来ると言われていた「シンギュラリティ」が2025年頃に始まる?!話題の人工知能の創造性をチェックしてみたら大変なことに、、 シンギュラリティとは、AIが人間の能力を超える時点 や、それにより人間の生活に大きな変化が起こるという概念のことですが、2015年にコンピュータ囲碁プログラムAlphaGoがプロ棋士を破った頃は、AIというよりコンピューター(電子計算機)の賢い仕事というイメージでした。ところが、今話題になっているChatGPT(https://chat.op

          • 【衰退社会の幸福論=講義を通して伝えたいもう一つのこと=】

            2018年頃から、京都芸術大学の講師を勤めさせい頂いた事がきっかけで”アート思考”を軸に自らの新規事業の経験から企業にいかに創造性を実装するかをテーマに講師を続けてきました。4年かけて大手企業の企業研修や新規事業の壁打ち、ファシリテーターのご相談やお仕事をいただける様になりました。そして、最終的にアート思考×デザイン思考×ロジカル思考の3つを回す”クリエイティブ・マネジメント”という思考に辿り着きました。それは単にビジネスのフレームワークという形だけでなく、「衰退社会の幸福論

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • ART THINKING[アート思考とイノベーション]
            shiba@アート思考
          • WEB3とは何か?
            shiba@アート思考
          • イノベーティブ マインドセット
            shiba@アート思考
          • 逗子アートフェスティバル
            zushi artfes 他
          • アート思考の本
            shiba@アート思考

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            【XRへの拡張でスマホもキーボードもマウスもなくなる?】

            Meta Quest用のソフトで最近発売された「アイアンマン VR」でトニー・スタークになってみました。 Metaがコケて、追い討ちをかける様に暗号資産(仮想通貨)取引所であるFTXが破綻して大暴落、NFT作品のマーケットプレイスOpenseaも流通量が90%もダウンしている。さらにGAFAの大リストラは3万人?!、、、終わったか?に見えたWEB3回りですが、、お金目当ての投資家がつぎ込んだ投資が開発費用に回っていくという意味では実はここからが始まり。思想がない投機は淘汰さ

            【創造性の欠落】

            お陰様で大手企業様や国から新規事業のご相談やご支援のご相談を頂いていますが、バズワード化するSDGsからメタバース、NFT、DAOといた、実際に見たことも触ったこともないキーワードに翻弄されていて、ほぼ目先の事しか考えられないか、思考停止するか。。。今こそ創造力が必要なのにホントに創造力が欠落しています。  新しい価値を創るには未来を妄想してバックキャストして今を考える必要があるのに、、そういう思考に慣れてないんですね。  生産性社会はそれでも良かった訳です。余計な事を考えず

            【WEB3は見えない経済】

            ここ半年、某企業の新規事業案件でWEB3をリサーチしてきました。トークンエコノミー、NFT、DAO、Defi、メタバースといった関連技術が乱立していてWEB3はほとんどの人が理解できない領域になっています。基盤となるブロックチェーンでさえ、概念はなんとなくわかっていても実物を見たことがない、、、ここが面白いこところでWEB2まではサービスとして可視化しやすかった訳です。 WEB2では見える価値の移動が起きた、つまり、実店舗の商品がAmazonで販売されるネット通販、動画や写真

            【バーチャルメタバースからリアルメタバースへ、web3のイデオロギーから見た「ありたい姿」とは?】

            VRからARへ、web3とかDAOとか最近のこの辺をまとめてみました。 Appleが「3D複合現実世界での接続体験を可能にするツールやフレームワーク」の構築に携わるエンジニアを求人してる様です。Apple独自のメタバースプラットフォームを開発しているのかと想定されますが、iPotとiTunesの時と同様にハードとソフト、iPhoneとアプリの両方というのがAppleだとすると、重くて機能も初歩的なヘッドセットmeta questとWorkroomsしかないmetaを比べるとA

            【予言します。NFT、Web3の未来Network State】

            METAバブル崩壊とTwitter買収と大量解雇、、、ものすごいスピードで変化してます。 METAとTwitterの大量解雇はびっくりなんですが、一方で、WEB3とかDAOが加速するのではないか?という予感がしてます。GAFAに残る者=中央集権に囚われる者と追われた者の構造が非中央集権に拍車をかけて本質的なオルタナティブであるThe Network Stateに向かうんじゃないだろうか、という妄想。 で、このThe Network State(https://lnkd.in

            【今さら?NFT作品出展します】

             NFTに悶々とした、、、、 NFTについては、ここ1年くらい構想と共に静観していました。 75億円という高値でNFT作品が流通したことからNFTが注目を浴び始め、坂本龍一さんのピアノ1音10,000円が1000万円で転売されたり、いくつかのNFTのリアル展覧会にも行きましたが、当然作品はモニターに映し出されている訳で、これ意味あるのかなと、、、色々と悶々とした訳です。 理由はブロックチェーンという未来の可能性と同時に、NFTはアートを食い物にしている投資家が煽っているだけ

            【創造性と脳の働き】

            近畿大学医学部の脳科学者生塩研一氏の著書「究極脳のつくりかた」を読みながら脳の創造性と機能について考えていました。 例えば、将来の報酬に関わる「やるき中枢」である前帯状皮質の報酬系の機能。動物実験では、ご褒美が近づくほど前帯状皮質の活動は活発になり、ランダムに報酬が与えられると活動が変化しなくなるという研究結果からもわかる様に、やるき中枢を活発化させるためには期待感だけではなく目的(具体的な報酬)が必要だと言うことです。 これは個人にとどまらず、企業経営でいうパーパスやビ

            【呼吸する世界:アートとテクノロジーの拡散と収束】

            アートの起源について考えてみましょう。岡本太郎さんが最高の芸術だといった縄文式土器や土偶には、自然と自分、生命と自分といった内発的な視点から生まれ出る抽象的な造形が多くみられます。それが弥生期に入ると大きく変化します。わかりやすいのは土偶です。人型の造形として縄文の土偶は人間なのか特定できないほど自由な造形が多く見られ、弥生の埴輪は見るからに兵士を具象化していて、宗教的な儀礼や財産、地位や権力を象徴するものに変わっていきます。自由奔放とも言える縄文時代から、農耕文化が入り中央

            【NFTはアートに何をもたらしたのか?】

            "モノなしに流通させてもいいよねということこそ、NFTが見せた可能性であり、アート×NFTの本質だと僕は思っています。"現代アーティストのプロダクション事業を行う「HARTi」の代表吉田勇也さんは以下の記事でこう語っていました。 また、”資産としてアートを買う人たちは、作品を家に置いたり飾ったりしないことがほとんど。現物を見ずに購入することも多く、オークションで落札したら、そのままアートは倉庫に直行です。”とも語っています。 つまり、NFTによって芸術作品自体の価値より投

            【瀬戸内芸術祭2020】

            四国生産性本部のお誘いで高松でアート×デザイン思考のセミナーに登壇した後、4年ぶりに瀬戸内芸術祭に来ました。 今回は豊島をレンタサイクルで弾丸ツアーでした。 遭難したか?と思えるような山の中に忽然と現れる風鈴の森。クリスチャン・ボルタンスキーの「ささやきの森」です。静寂を抜ける風が音となり、風を聴き風を見ることができます。 建築なのか作品なのか?棚田の中に突然現れる真っ白な柱が1本もないコンクリートのドーム型の建物「豊島美術館」。建築物自体が作品となり鑑賞者はその空間に

            【DAOって何だおー】

            目の前でaragonでDAOはじまりました。今のところ日本語のプラットフォームがなく、構造や意味や価値をしっかり把握できていない。何のためにDAOをはじめるのか?目的が明確でないなどの理由から「DAOって何だおー?」な状況だと思います。   ちなみに、今回はじめたDAOは先進的な教員が集まるDAOで、今までZOOMでミーティングをするサロン的なものでしたが、その会費1000円の積み立てを資本に合意形成に基づいてプロジェクトを運用できないか。。。という実験です。 aragon

            【ヴァーチャル・マーケット2022】

            ギネス記録の認定も持っている世界中から100万人以上の来場者が訪れる株式会社HIKKYさんのヴァーチャルイベント「ヴァーチャル・マーケット2022」の初日に行ってきました。 重たいヘッドセットをかぶって中に入って遊んでみないとわからない世界がそこにあります。まだまだ、一部しかみてませんが、とりあえず1日目はこんな感じ。 冷静、かつ客観的にこのメタバースを見ると珍しさ、新しさだけではない「境界が喪失」する未来の生活が見えました。 世間的にはNFTとかWEB3だとか、DAOだ