Ryuhei (3syk)

CS/CC/CX構築/顧客ロイヤルティ/SaaS Product marketing/CRM/B2C&B2B marketingが専門。hey inc.のCSとオペレーション。Mellow Monk Connection, SNPTで不定期音楽活動中。とにかくパーティを続けよう。

Ryuhei (3syk)

CS/CC/CX構築/顧客ロイヤルティ/SaaS Product marketing/CRM/B2C&B2B marketingが専門。hey inc.のCSとオペレーション。Mellow Monk Connection, SNPTで不定期音楽活動中。とにかくパーティを続けよう。

    マガジン

    • 世界を眺めるための手引きのようなもの

      3sykによる、よろずテキストのアーカイブ。

    • 3 is magic number

    最近の記事

    顧客ロイヤルティを可視化する、heyのNPS活用法

    こんにちは。hey株式会社でカスタマーサポートとカスタマーサクセスとビジネスオペレーションを担当している大貫(@3syk)です。 入社して激動過ぎた半年が経過し、ようやく色々とアウトプット出来そうな感じになってきました。今回はheyでやってみたNPSの施策について簡単にご紹介したいと思います。( hey Advent Calendar 2021 22日目の記事です。) 出発点そもそもなぜ、heyでNPSをやろうとしたのかについて説明したいと思います。 このスライドの「問

    スキ
    28
      • hey,Inc.に転職しました

        2021年の5月1日付けでヘイ株式会社(hey,inc.)に転職しました。入社して無事(?)に1ヶ月が経過したので、ここまでの経緯なんかをいわゆる「入社エントリ」としてアウトプットしておこうと思います。 自己紹介以前書いたの退職エントリの時から少し内容を更新しました。 基本軸はコールセンター運営とかカスタマー・エクスペリエンス、CSや顧客ロイヤルティが専門領域の人間です。 heyについてheyという会社について簡単に説明します。heyは「Just for Fun」をミッ

        スキ
        32
        • 5年勤めたVeeva Japanを退職しました

           2016年3月に転職したVeeva Japanを2021年4月末を以て退職する事になりました。関係各位の皆様には5年間、本当にお世話になりました。  この5年間、本当にとても恵まれた環境で仕事をさせて頂いたので、Veevaという企業の説明、退職を決めた理由、そしてVeevaで私が何を行ってきたのかをまとめておこうと思います。 自己紹介簡単に自分の現時点での経歴を説明します。  上記の通り、基本軸はコールセンター運営とかカスタマー・エクスペリエンス、CSや顧客ロイヤルテ

          スキ
          27
          • BC/AC (Before COVID-19/After COVID-19)

            完全リモート環境で制作したコロナ禍の状況を切り取ったMellow Monk Connectionの最新アウトプットです。 Mellow Monk Connection ( http://mellowmonkconnection.com/ )

            スキ
            4

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 世界を眺めるための手引きのようなもの
            Ryuhei (3syk)
          • 3 is magic number
            Ryuhei (3syk)

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            LET'S GET PARTYのリリースに寄せて幾つかのこと

            2018年12月3日にデジタル配信された「LET'S GET PARY (feat.TO-Ka, Bro.Hi)」。僕が参加しているMellow Monk Connectionの5作品めの楽曲です。平成最後のリリースですし、個人的なライナーノーツ的なテキストを残そうと思います。 4MCについて今作はゲストMCとして空手コンドルのTO-Kaと、E.P.OのBro.Hiさんが参加してくれています。TO-Kaはもう20年近く前からのバンド仲間。お互いのLiveで客演をしたり、Hi

            スキ
            1

            JR無人AIレジ店舗の実証実験に行ってきた話

            既に話題にもなっているんですが、JR東日本のオープンイノベーション型ビジネス創造活動「JR東日本スタートアッププログラム」の一環で、AI無人決済システム「スーパーワンダーレジ」を活用した無人店舗の実証実験に参加してきました。 これ昨年(2017年)の11月に大宮でもやっていたらしくて、気にはなってたんですがなかなか大宮まで行く暇もなかったのでスルーしてました。今回は自分がよく利用する赤羽駅、しかも湘南新宿ラインが停車する5番・6番ホームでの店舗設営だったので勇んで行ってきま

            スキ
            3

            危機意識について考えてみる

            危機意識という言葉がある。これはどちらかといえばビジネスにおいて使用される機会が多い言葉かもしれないけれど、普段生活している上でも震災以降はよく聞かれる言葉になった。 災害や事故、障害なんかが発生した後というのは、とかくこの言葉が使われるのだけれど、よく見るパターンとしては3つほどある。 ① 危機意識の足りなさが今回の被害拡大を招いた ②(大きなアクシデントの後で)再発を防ぐ上でも更なる危機意識が必要 ③ やがて発生しうる災害に備え危機意識を強化すべきだ これらのパ

            スキ
            8

            共感性と想像力を磨くということ

            毎日を生きていくために必要なスキルって何だろうと考えた時に、僕が真っ先に思いつくのは「共感性」と「想像力」で、他にもたくさんのスキルが必要ではあるけど、この二つは特に推したいと考えている。 共感性が強ければ、周囲の人たちの感情を推察し、彼ら彼女らが感じていることを自分が感じていることであるかのように、自分の身に置き換える事ができる。これはコミュニケーションを取る上では重要な事で、その人がどう感じるか?とか、その人がどう思うか?を気にしながら話をしたり、聴いたり出来るので相手

            スキ
            4

            僕から息子氏へのテキスト的な何か:「お金について①」

            お金はなぜ必要か?今回はお金のお話をしようと思う。お金はこわい。「お金が無い」ということはとても大変なことで、毎日の生活がいつも通りに出来なくなると、人間はとても不安で、とても辛い気持ちになってしまう。「ふつう」でいるためには一定のお金が必要なんだ。 どうして一定のお金が必要かというと、人間が生きていくためには、様々な助けが必要になってくる。「衣食住」という言葉がある。人間は裸では外に出ていけない決まりになっているし、家以外で裸で走り回ると頭がおかしい人だと思われて、お巡り

            有料
            100

            僕から息子氏へのテキスト的な何か:「最初に。」

            息子氏よ、いま君が読んでいるテキストは2018年の8月の終わりに僕がふと思いつきで書き出したテキストだ。どうしてこんなテキストを残そうかと思ったかについては後ほど詳細に書き記したいと思っているんだけど、とりあえず書き出しは「なんとなく」な感じにしたいと思った。肩肘張らずに読んでいってほしいと父ちゃんは思っている。 さて、今年の夏は信じられないくらいに暑い夏だった。どの程度の暑さかといえば、連日猛暑日が続き、熱中症で病院に搬送される人が7月には全国で54,220人もいたほどだ

            NEVERTHELESS 全曲レビュー

            もう桜も見頃が終わり始める4月のある土曜日、我が盟友のPGことノリボーンからTape Me Wonderの新作「NEVERTHELESS」が我が家に届いた。小綺麗にパッケージされた郵送袋の中にはCDの他にノリボーン自筆の手紙が入っていて、この新作が僕たちの関係性の中でちょっとした出来事であるのを思わせるメッセージがしたためてあった。PGとの付き合いも何年になるんだっけ?彼と僕との間にある幾つかの印象的なシーンを思い起こしながら、CDのパッケージを開封し、iMacのディスクスロ

            スキ
            3

            ハーゴンがあらわれた!

            スキ
            6

            noteの中の人の対応が神な件。

            noteとcakesのアカウントを作るにあたって、ちょっとした不具合に遭遇した。うまくいかないなー、と思いながらTwitterに状況をツイートしたところ、note公式PRのアカウントからアクティブサポートを受けた顛末。 http://togetter.com/li/652820   中の人、ありがとう。がんばってー!

            スキ
            2

            noteでアカウント作って、そのあとにcakesでアカウント登録しようとしたら、noteで登録に使ったメールアドレスが使えない件。これ両サービス間でアカウント連携出来ないって事ですかね?そらともcakes先だったら発生しない?

            スキ
            1

            とりあえずnoteみたいなモノあれば、過去のバンド音源とか、コンテンツ管理、あわよくば販売も出来るわけだね。俺的連載みたいなモノを作る奴が増えて、そこから才能が発掘される流れがくるといいですけどね。将来的に起こりうる問題としは著作権関係の様な気もしてる。

            スキ
            2