見出し画像

ライブ配信に使える心理学〜ギフトで応援してもらう為に〜(後編)

本日は表題の投稿をしていきたいと思います。こちらは後編ですので、前編をまだ読まれてない方はこちらかから!

応援の形は人それぞれ。迷惑行為でない限り、どんな形の応援もありがたいですが、副業として成立させるためにはギフトが重要になりますよね。

でも、いろんな枠を見ていて、こんな疑問を感じたことありませんか?

▪️せっかくリスナーを楽しませる配信をしているのに、思ったよりギフトが飛んでいない。
▪️クレクレ配信で大して面白くない枠なのにギフトが飛び交っている。

この違いはどこにあるのでしょうか?そういった疑問を心理学的なアプローチから、投げ銭ライブ配信に当てはめて、解説をしていきたいと思います。皆さんの配信の糧になりますように。

下記、解説予定の目次です。①〜⑤前編、⑥〜⑩後編。

①スリーセット理論
②単純接触の原理
③ミラー効果
④親近効果
⑤黄昏効果
⑥自己承認欲求
⑦バンドワゴン効果
⑧ウィンザー効果
⑨ツァイガルニク効果
⑩返報性の原理

ちなみに、売れっ子キャバ嬢やホスト、そして僕が見ている限り、トップギフターさんが数名ついているトップライバーさんは、これらをマスターしていて一部は取り入れている人が多いです。

僕は今はあまり投げないのですが過去にはトップテンに入るぐらい投げてたので、レベルが上がってしまっており、ギフターに勘違いされるんでしょうね。こういったアプローチを個別によく受けます笑

そこまでやれない!という人もいると思いますし、そういう方はあまり副業としてライブ配信を考えるのではなく、趣味程度で楽しむことは自由なので、気にしないでください。

ただ、仕事として本気でやりたいという人は、これぐらいは基礎中の基礎なんで、自分が採り入れるかどうかは別として、知っておくべきだと思います。

それでは、後編の本題に入っていきましょう。

⑥自己承認欲求

正直、投げ銭アプリで多額の課金をしたり、キャバクラで高額なシャンパンを入れて遊ぶ男性の心理は、一般の人や女性からは中々理解されません。ええ。僕も理性的に考えれば、ぶっ飛んでると思います。

では、キャバクラや投げ銭アプリにハマっている男性は、全員ホステスさんやライバーさんへの恋愛感情ゆえに通っているのかというと、決してそうとは限らないようです。特にお目当ての女性がいない場合でも、男性にとってキャバクラや、投げ銭をしている時の居心地は決して悪くないことでしょう。なぜなら、キャバクラや投げ銭アプリではその場の主導権がお金を使っている側にあるからです。そして、お金を使っていれば、自分の話に意見をされたり批判されたりすることもほとんどありません。

そうです、男性にとってキャバクラや多額の投げ銭は、支配欲や自己承認欲求を満たせる絶好の場と言えます。

支配欲や自己承認欲求というのは、いわゆる「男のプライド」の核となる要素です。しかし、世の男性にとって会社や家庭などでそれらを満たせる機会は意外と少ないと思われます。仕事や家庭、プライベートでは戦っている男性ほど、常にプレッシャーを感じて毎日を過ごしていることでしょう。

そのようなプレッシャー過多な毎日の中で、支配欲や自己承認欲求を満たすことは難しいものです。プレッシャーというのは本来自分を成長させてくれる貴重な存在であったりもするのですが、そればかりでは誰しも疲れてしまいますよね。そんな時、お金を払えば、場の主導権を握ることができ、発言をすれば丁寧に耳を傾け同調してもらえるキャバクラや投げ銭アプリは、支配欲と自己承認欲求を同時に満たせる絶好のスポットと言えます。

お相手の女性が美しければ美しいほど、「俺はこんなに綺麗な女性を相手に出来るほどの男なんだ!」と、ますます支配欲・自己承認欲求を満たしてくれる事でしょう。女性からすると、奥さんや彼女など、パートナーの女性がそれらの欲求を上手に満たしてくれる場合には行く必要が無いように思いますが、そうとも限らないのが男性という生き物なのでしょうね。

これを、ライブ配信に置き換えると、ギフターさんにとって、たくさんのリスナーさんから人気があって見た目も魅力的なライバーさんに認めてもらった方が、承認欲求は満たされやすいですね。その意味で、ギフトは少なくてもコメント欄を埋めてくれるようなリスナーさんは大切なのです。賑わっているコメント欄に大量のギフトを投下する。そしてライバーさんから承認される。このパターンに快感を覚えているギフターさんが多いことを覚えておきましょう。

なぜかコメント欄が賑わっていれば男性ライバーさんに男性ギフターさんが爆投げすることもありますよね。これはまさしく、その場における自己承認欲求の現れとしては、典型的なケースと言えると思います。

⑦バンドワゴン効果

簡単に言うと、

「人気なものはより人気になる」

という現象です。

「大ヒット公開中」とか「満員御礼」なんて宣伝文句をしばし見かけますよね。アレがバンドワゴン効果を期待したPRです。特に日本人は世間と一体でいたい、他人となるべく協調したい、という価値観がつよく、沢山の人が買っているもの、並んでいるお店には目がありません。その中身が自分にとって価値があるかどうかよりも、みんなにとって価値があるなら自分も、、、といった行動パターンになることが多いのです。

よく男性と話している時、遠慮して「私全然モテないよ。」なんて言ってしまう方がいます。バンドワゴン効果のアプローチから考えると、あまり良くないんです。ちょっと他の男性から言い寄られてることを匂わせるくらいの方が実は効果的。もちろんモテるアピールは度が過ぎるとウザがられますのでほどほどが大切。

これをライブ配信に置き換えると、1度人気を掴んでしまえば、その人の魅力とか実力とは別に、人気ライバーとしての立ち位置が、更にリスナーを呼び寄せてますます人気になっていきます。

え?なんでこの人がいつもギフトこんなに貰えてるの?もっと素敵な人たくさんいるのに。

こういった疑問は愚問です。みんなが投げている枠では、投げたくなる。これが本質なのです。なので、小さなギフトでも無料ギフト以外にちゃんと課金してギフトを送ってくれる人数は大切。爆投げさんやギフターさん以外にも、毎回数千円ぐらいのギフトを送ってくれる人を10人ぐらい集められれば、そこに価値を感じて追いかけて投げてくれる良い連鎖が始まるでしょう。反対に、大きなギフトであっても、数人しか投げてくれないバンドワゴン効果が期待できないので、もっと新規の人に見つけて貰えるように、いつもと違う時間に配信してみたり、ロング配信をして注目をあげていく必要があるでしょう。

⑧ウィンザー効果

第三者を介した情報や噂話の方が直接伝えられるよりも影響が大きくなるという心理現象です。

具体的には、口コミなんかはその典型ですね。直接商品の宣伝を聞くよりも第三者から聞く場合の方が、自分以外にも噂が広まってる、すなわち人気商品なのだろうと想像してしまい、購買意欲が強くなります。

恋愛でも、意中の男性を陰で褒めると効果的。陰で褒めていたことが本人に伝わると、後で⑩に出てくる『好意の返報性』により、意中の彼からのあなたの評価が高くなることが期待されます。

これをライブ配信に応用すると、誰かに宣伝してもらう事が有効だと考えてしまいがちですが、なんとも言えません。例えばイチナナでは、数多くのリスナーさんが自分の推しライバーさんを宣伝しており、そういったある種のステマでギャングやタイムラインは溢れかえっています。もちろん、宣伝してれた人と仲の良いリスナーさんは来てくれるかもしれませんが、お付き合い程度に終わることがほとんどですよね。

ただ、呼び寄せる数が多ければ多いほど確率論的に自分のことを気に入ってくれる人も増えますので、フォロワー数の多いリスナーさんに宣伝してもらえるかどうかということがポイントになってくるでしょう。

また、自分が枠に来てほしい特定のギフターさんと本当に仲の良いリスナーさんの存在も大切。そのリスナーさんがあなたの想い、ギフターさんに対する好印象を伝えてくれたら、あなたの印象もグッと高まるはずです。

⑨ツァイガルニク効果

ツァイガルニク効果とは、

達成したもの・完結して終わったものよりも、中途半端・未完成・中断しているもののほうが記憶に残る

という心理のことです。

実は、このツァイガルニク効果は、昔から恋愛テクニックとして知られる「気になる人のメールや連絡にはすぐに反応せずに、少し時間をおいてから返す」に関係しているのです。

すぐに連絡を返してしまうと続けている話題ややり取りが完結してしまい、自分に対する相手の興味を下げてしまいます。一方で少し時間の間隔をおいてから変身をしたり、連絡の頻度を減らしたりすれば、相手の人は返信が気になってドキドキするようになります。

返事が来ないとドキドキもしますし、次第にイライラや不安へと変わります。そんな時に返事か返ってくるとホッとする反面、とても嬉しいですよね。

押してばかりではなく、タイミングを見計らってうまく引くことで、ツァイガルニク効果により相手の中の恋心を盛り上げることができますよ。

これを、ライブ配信に応用してみましょう。正直、自己承認欲求の原理を考えると、ギフターさんへのコメントの反応やギフトへのリアクションはスピーディーかつ大きく行うことが重要です。ただし、ある程度時間が経って、自分の魅力に引き込むことが出来たなと思ったタイミングでは、1度このツァイガルニク効果を試してみるといいでしょう。いつもはすぐに反応してくれてリアクションしてくれるのに、あれれ?と、不安になったりイライラし始めるかもしれません。そのタイミングで間髪入れずに大きな視線を向けてそのギフターさんに反応すると、安心が喜びを増幅させてくれるのです。ただし、短気な人は待っている間に去ってしまうので、相手の状態を見極める必要がありありますね。

⑩返報性の原理

誰かから受けた好意に対して、そのお返しをしたくなる心理のことを好意の返報性といいます。

誕生日プレゼントをもらったら、その相手の誕生日にも「お返しとしてのプレゼントを贈らなくちゃ」という気持ちになることも好意の返報性に当てはまります。

つまり、好意を相手に向ければ、その相手からも好意が返ってくるということです。こうした好意の返報性を恋愛に活かすことで、お互いの距離を縮めることが可能となります。

ただし、さり気なく好意を伝えることがポイントです。例えば、「相手の名前で呼ぶようにする」「相手の話に興味を持って耳を傾ける」「相手のことを褒める」というふうに、「これくらいの好意なら返せられる」と感じられる程度の好意にとどめておきましょう。

好意を伝えれば好意が返ってくるからと、ストレートに「好きです!」と伝えることは逆効果です。同程度の好意を返せないことに罪悪感を抱き、その罪悪感から接触を避けるようになるというリスクが高まるからです。

ですから、あくまでも「この好意なら返せられる」と思える程度の少しの好意を相手に伝えるようにしましょう。さり気なく好意を伝えそして相手の人がその好意を返しているうちに、好感度が高まっていきます。

ライブ配信、特にイチナナでは、ギフトを沢山送ってくれた人のガーディアンになったりすることも有効ですね。ただし、なんであの人だけ!と思われると他の人が不快に思って去ってしまう可能性もありますので、きちんとした理由付けは必要です。マイイベの入賞者に限定したり、月間ギフトランキング上位者に限定するといったように、公正な基準を設けておく必要があるでしょう。

また、リスナーさんの誕生日をお祝いしたり、タイムラインにギフターさんをタグ付けしてお礼と投稿をすることも効果的です。いつも応援してもらっているお礼として、気持ちを込めて好意を表すようにしましょう。上辺だけの好意だと、ギフターさんはアタックされ慣れているので見透かされてしまいますから、逆効果かもしれません。

以上です。いかがでしたでしょうか?

番外編

他にも投げ銭ライブ配信に使えるテクニックは沢山あります。恋愛にも活きるかもしれませんので、今回の記事をきっかけに、心理学の世界へ興味を持たれた方は、ぜひ調べて見てください。

■興味や仲間意識を高める「2人だけの秘密効果(カリギュラ効果)
■胸のドキドキを恋だと錯覚する「吊り橋効果」
■親切にしてもらって惚れさせる!「認知的不協和理論」
■ギャップ攻めで好印象「ゲインロスの効果」
■「はい」の返答を増やして断られにくくする「YESの法則」
■有利な選択肢だけを設ける「ダブル・バインド(二者択一話法)」
■あえての無茶振りで成功率を高める「フット・イン・ザ・フェイス」
■徐々に要望のレベルを高める「フット・イン・ザ・ドア」
■ライバルの存在が恋愛心に火をつける「嫉妬のストラテジー」

正直、ギフトを煽るという意味では、この番外編の最後の5つが必殺技です。あえて解説しなかったのは、知らない人にとっては効果がありすぎて、危険だからです。そしてなにより、知っている僕としては、このテクニックが大嫌いだからです。

ただし、トップライバーさんや売れっ子キャバ嬢、売れっ子ホストさんは、このテクニックを多用している人が多いのも事実。分かりながらもあえて乗っかってあげているお客さんやギフターさんも多くいます。ご自信の責任の元で、使うか使わないかをご判断ください。

それでは、みなさんのライブ配信が素敵なものになりますように!













この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
15
某著名ウェブメディア運営企業の役員です。 ここでは、趣味のライブ配信界隈の投稿をしていきます。

こちらでもピックアップされています

ライブ配信マガジン
ライブ配信マガジン
  • 10本

投げ銭ライブ配信におけるノウハウ、雑知識をお届け。作者はナンバーワンアプリにてギフトランキングトップ100のギフターが6割以上参加していたコミュニティの運営経験を持ち、自身も月間8位まで到達。同コミュニティからは、数々の新人ライバーが月間のアプリナンバーワンライバーに輝く。累計課金額は約3本。推しは作らず、アプリ内での人と人との繋がりやコミュニケーションを楽しむスタイルから、客観的な記事制作を心がける。本業は某著名ウェブメディアの役員。あくまで趣味であり、ライブ配信業界において一切の金銭欲求やビジネス欲はない。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。