見出し画像

就活生の「ESこれで大丈夫かな?」への処方箋を書きました。

ワンキャリアの多田と申します。
noteを書くのは2回目です。
処方箋シリーズとして勝手にシリーズ化しました。

一度目のnoteをたくさんの方に読んでいただき、
他も書いて欲しいと嬉しい声をいただいたので書きます。

▼前回のnote & 自己紹介はこちら▼


今回書いたのは、多くの就活生から疑問が寄せられる「ES」について。

ただでさえ忙しい就活生が、ES制作にかかる時間って本当にもったいない。

通過するESがもっと簡単に書ければ、もっと企業を知る時間を作れる。

2020年卒業の方はすでにES提出のピークが来ています。

もう提出してしまった方は、「面接でどこが突っ込まれそうかな」と考えながら、読んでいただければ嬉しいです。

本noteの構成は以下です。

【本note構成】
◼︎「ESが分かりやすい」って何?
- 「優秀なビジネスパーソン」の言語に合わせるとは?
- 「課題(Task)の深掘り」を例を用いて説明

◼︎ 余談
- マーケティング用語『ファネル』でESを考えてみる


それでは、早速「ESの考え方」を見てみましょう。

結論から言うと、ESで重要なことって、2つだけなんです。

(1) 分かりやすいかどうか
(2) 「Why」起点で書かれているかどうか

(1)は普通やないか!と思われるかもしれませんが、読み進めてみてください。

本noteでは「(1)分かりやすいかどうか」に絞って書いています。
「(2) 「Why」起点で書かれているかどうか」については「自己分析」が絡み、ボリュームが多くなるので次回に書きます。

では、ESを分かりやすく書くには、どう考えればよいか?

「ESが分かりやすい」って何?

合計で数千枚のESを見ていますが、「分かりやすいES」って実はほとんどないんです。

つまり、「分かりやすいだけ」で抜きんでる可能性が高いということ。

でも、そもそも「ESが分かりやすい」ってなんでしょう?

それは「優秀なビジネスパーソンの言語に合わせて書いてあること」です。

大人全員が優秀なわけではありませんが、
大人は「優秀なビジネスパーソン」の視点でESを見るんです。
(ここでは自分を棚あげして書きますが笑)

じゃあ、どう書けばいいの?


その前にまず、「PDCA」という言葉は聞いたことはありますか?

Plan (計画して) → Do (やってみて) → Check (振り返って) → Action (またやってみる)です。

大人たちは、よくPDCAを回せ、回せというんですが、できている大人って意外に少ないと思うんです。

では、そのPDCAが「ES」に何の関係があるんだ。

下の図を見てもらいたいです。

PDCAの「Check」を分解して、優秀なビジネスマンは普段の業務を見ています。
PDCAの「Check」を深く考えている大人の言語に合わせることが必要ということです。

簡単な例で言えば、あなたが優秀な営業だったとしたら....

目標(Goal)が売上1,000万円に対して、現状(Situation)が売上800万円だったら、差分(GAP)が200万円です。この200万円を埋める課題(Task)を考えないといけないです。

差分(GAP)
を生んでいる原因は、
・「テレアポ数の不足」
・「テレアポからのアポ取得率の低さ」
・「アポに行ってからからの受注率の低さ」...
など様々考えられます。

じゃあ、著しく「アポ取得率が低い」ことが数字でわかったとしましょう。では、アポ取得率の低さの原因は何なのか? これを深ぼれば、それが課題(Task)です。

例えば「そもそもニーズがない企業へ電話していた」などが当たります。
ただ、ここで「自分のトークが下手だった」などは課題(Task)ではないです。
「なぜ自分のトークが下手なのか?」を深ぼる必要があります。

それぞれの課題(Task)が特定できれば、課題に対しての施策(Solution)、
つまりActionへと移るわけです。

上は簡単な例ですが、実際のビジネスの場面では様々な状況があり、おいそれとはいきません。

ただ、「Check」を考えられていない大人も、普段の業務でのことは棚に上げて、優秀なビジネスパーソンの視点で「ES」を見ます。

つまり、ESのいわゆる「ガクチカ」(学生に力を入れたこと)も、その視点に合わせて、以下の要素がないといけないのです。

・Goal(目標)
・Situation(現状)
・Task(課題)
・Solution(解決策)

要は、これが揃っていることが「分かりやすいES」です。
もちろん、施策の後の結果(Result)も書きましょう

ここでさらに、注意すべきが「課題の深掘り」です。

では、課題の深掘りとは?

先ほどの優秀な営業の話を構造化してみました。

◼︎目標(Goal):1,000万円

◼︎現状(Situation):800万円

◼︎差分(GAP):200万円

◼︎課題(Task):
1.「テレアポ数の不足」
  ∟なぜ?????
2.「テレアポからのアポ取得率の低さ」  
 ∟(1) そもそもニーズがない企業へ電話していた  
 ∟(2) 自分のトークが下手だった   
  ∟なぜ?????
3.「アポに行ってからの受注率の低さ」
    ∟なぜ?????

このなぜの部分が課題(Task)でしたよね?

実際は、(2)「自分のトークが下手だった」で終わっている学生が多い。

「優秀なビジネスマン」の視点で見られたら、突っ込まれます。

これをESに置き換えて考えてみましょう。

よくあるESを構造化してみました。
(ここまで考えている人は本当にまれですが、分かりやすいように書きます)

◼︎目標(Goal):
新入生をサッカーサークルに新歓で30名入れること

◼︎現状(Situation):
簡単に言うと、確定飲み会まで来てくれれば、高確率でサークルに入ってくれるよう。
1.  自分は1学年30名程度のサッカーサークルで新歓の責任者を務めていた。
2.  サークルに入る流れは、「新歓祭 → 新歓飲み会参加 → 確定飲み会参加 → サークルに入る」
3.  昨年度は、新歓祭の自分のサークルのブースに来てくれた人が、80名(数はLINEで管理)
4.  昨年度は、新歓の飲み会に来てくれた新入生は40名、確定飲み会に来てくれた新入生は25名。
5.  昨年度は、目標30名に対して、新入生を20名しか入れることができなかった。

 ◼︎課題(Task)
1.  新歓祭でサークルのブースに来てくれる人が不足していた
 ∟勧誘する各人が新入生に声をかけることがなかなかできていなかった
  ∟なぜ????
2.   新歓祭から新歓飲み会に来てくれた人が不足していた
       ∟なぜ???
3.  新歓飲み会から確定飲み会に来てくれた人が不足していた
       ∟なぜ???

例えば、就活生は「新歓祭から新歓飲み会に来てくれた人が不足していた」をそのまま課題(Task)に設定してしまいがちです。

ここを「深ぼること」が重要なんです。

「新歓飲み会に来てくれた人が不足していた」原因は、以下のように様々あります。

・新歓祭当日/後日のコミュニケーション不足
・新歓飲み会の認知不足
・新歓飲み会のコンテンツの魅力の不足
・新歓飲み会の開催時期 etc...

過去の自分を冷静に振り返ってみれば、実は「この課題に着手していたのか」と気づきがあるはずです。

当時は直感やっていたことを言語化することが重要です。
学生時代にこんなことを考えながらやっている人はほとんどいないわけですから。

「なぜその課題に至ったのか」そのプロセスが、ESでもわかると非常に良いです。

まとめ

結局、「わかりやすいES」を書くには、以下2つが重要でした。

・「目標 / 現状 / 課題 / 施策 / 結果」の流れで書かれていること
・ESで書いた課題が深掘りされて書かれていること

余談...

ちなみにですが、上の仮想ESの「現状(Situation)」を書く際には、マーケティングの『ファネル』という考え方をもとに書きました。

ファネルとは「漏斗(じょうご)」を指します。
ビジネスパーソンが使用する、マーケティング用語です。

ファネル(漏斗)とは、広く集客したうえで、ふるいにかけられた見込み顧客が、検討・商談、そして成約へ流れる中で段々と少数になっていくことをいう。その様を図にすると、漏斗で濾した様子に似ているところからそう呼ばれている。

◼︎引用元:https://www.synergy-marketing.co.jp/glossary/funnel/


ユーザベース(Newspicksを提供している会社)の資料にも出てまいります。

◼︎引用元:https://newspicks.com/news/3142851/body/

先ほどの仮のESをファネルの考えをもとに図解するとこんな感じ。



こんな風に捉えると、マーケティングの素養のある面接官に、「昨年度はどうだったの?」「新歓祭に訪れる人ってどれくらいなの?」ような質問をされたら意図がわかってくるのではないでしょうか?

以上です。
最後まで読んでいただいた方は、ありがとうございました。

以下SNS開放してますので、気軽に絡んでください。
前回も様々ご連絡をいただき、喜んでおりました。

▼Twitter▼

https://twitter.com/kum0219

▼Facebook▼



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

サンキューベリーマッチです!精進します!
69
ミッションは人にとって面白い人であり続ける。面白い人に出会い続ける。新卒1人目でワンキャリアに入社し現在マネージャー。人生の岐路にたったときの人の思考のプロセスを分析するのが好きです。Twitter▶︎https://twitter.com/kum0219
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。