初雪・ポッケ

「初雪が降った日の心の動きをポケットに入れて持ち続けたい」/装身具 /結婚指環/ザクロ…

初雪・ポッケ

「初雪が降った日の心の動きをポケットに入れて持ち続けたい」/装身具 /結婚指環/ザクロ文庫(https://zakurobunko.wixsite.com/hpokke)/Instagram(https://www.instagram.com/hatsuyuki.pokke/

マガジン

  • wedding ring story

    新郎新婦と指環のストーリー。

  • examples of wedding ring

    オーダーメイドでお作りしたご結婚指環の製作例

最近の記事

wedding ring "novel"

五月晴れの開放的な空気を一緒に連れてきたように、すっきりと晴れやかな表情の新郎新婦。もうすぐ挙式をあげる東京へと旅立つ前に、ご結婚指環を受け取りに来られました。あとは、現地で準備をするだけ。長年暮らした東京で友人たちに祝福される日が待ち遠しく、気持ちも高鳴ります。 プロポーズでもらったダイヤモンドを結婚指環に使いたい、とお作りした新婦の指環は、18金のクリーム色のホワイトゴールドで、リングになじむようにダイヤを留めたデザインに。石言葉の「純粋な愛」と変わらない想いを凝縮した

    • swallows obidome

      雨の様子をうかがいながら、すいーすいーっと、忙しく巣に愛を運ぶツバメたち。5/10~16の”愛鳥週間”を前に、巣立ちへ向けて子育ての真っ最中。「幸せを運んでくる鳥」として縁起のよいツバメ。仲睦まじいつがいの微笑ましい姿に、しあわせが降り注いでくるような気持になります。 ツバメのブローチを帯留めにしたい、とご依頼いただき、帯留め金具の仕様でお作りしました。三分紐に合わせた金具幅で、すっきりとした印象となるように。 あたらしい命が大空へと元気に巣立つ時まで、見守るようなあたた

      • wedding ring "muguet"

        「泣いちゃいそう」 ご結婚指環を手にした時、想いを巡らせて、瞳を潤わせる新婦。「夏までだいじに置いとかないと」と、実際にはめるのは、まだもう少し先にするのだそう。5月半ばにお引っ越しをして、7月には両家顔合わせ。ゴールデンウィークも引っ越し準備で、行ったり来たり。新生活のよろこびと、顔合わせの緊張感とが入りまじるなか、ひとつ、指環がカタチとなって、ほっとひと息の新郎新婦。 その指環は、お揃い感がでるよう、お互いの素材を交換したデザインに。新郎は、プラチナをベースに18金のピ

        • Thanks a million!

          北白川ちせさんでの個展「こころふらここ」、無事終了いたしました。お越しいただいたみなさま、どうもありがとうございました!久しぶりの京都での展示に、楽しみにしてくださった関西のお客さまたちから、たくさんのお声も嬉しく、石川まで届くようにこころに響いています。 在廊時には、10年、20年ぶりの再会でも、いつも会っていたように、あっという間に時間を飛びこえる、豊かな場を体験することができました。また、お会いできなかった方々からも、「行ってきたよ!」と嬉しい連絡があったりと、面影が

        マガジン

        • wedding ring story
          42本
        • examples of wedding ring
          7本

        記事

          wedding ring "akatsuki"

          ちょうど工房裏の田んぼでは、田植えを終えたばかりで、まだ幼い苗が緊張しているように,、風に揺れています。庭の木や通路など、目に触れるものに興味津々、「気になるものが多すぎて」と話題も尽きず、仲良く楽しそうな新郎新婦。2月に東京西荻窪の個展で打ち合わせをしたおふたり。「連休に石川へ受け取りにいきます」と、ご結婚指環のお受け取りにお越しいただきました。 そんなおふたりの指環は、ふたつの違う色味のK18ゴールドで、「わからないくらいがいい」組み合わせを選んで。新郎は、クリーム色と

          wedding ring "akatsuki"

          kokorofurakoko

          風が輝いて見える、ようなケヤキとイチョウ並木が続く、京都白川通。若々しい命の輝きに満ちた緑が、気持ちよさそうに風に揺れています。その通り沿いにある北白川ちせさんでの「こころふらここ」展も、早いものでもう終盤。京都のマニアックな面白文化スポット、左京区周辺をぶらぶら散歩するには、ぴったりの気持ちのよい季節です。新鮮で、高揚感に満ちた発見や出会いに、眠っていたこころも動き出しそう。お散歩途中に、ふらっとお立ち寄りいただけましたら幸いです。28日の日曜日まで! 個展『 こころふら

          baby ring with Tanzanite

          12月生まれの娘に、とベビーリングのご依頼。ちょうど1歳になった指のサイズに合わせてお作りしました。誕生石を入れて、お名前にちなんだクルミや桃を連想するようなデザインにしたい、とご希望があったので、タンザナイトと桃の形をイメージした玉ころを並べるように。 もうひとつ、ご自身の名前の由来が、お父様がカスミソウから名付けてくれたということもあり、タンザナイトを真ん中に、桃の玉ころとカスミソウの花を彫り入れて、ひとつの指環となるように。素材は、10金のイエローゴールドでお作りしま

          baby ring with Tanzanite

          wedding ring "kotohogi"

          ご出産の予定日を5月に控えた新郎新婦。芽吹きの季節、まわりの景色がいのちの輝きに満ちるなか、お腹の赤ちゃんも元気によろこびを伝えるように、きゃっきゃっしているそう。やり取りからも、ご出産に向けての楽しみがにじみ、カタチになっていくご結婚指環を待ちわびる、ふくらむ想いが伝わってきました。 先日、お届けとなったおふたりのご結婚指環は、それぞれ思いのままに決めて、まったく違うデザインとなりましたが、カタチになってみるとふたつでひとつという感じに。新郎の指環は、ゆるやかにひねりを加

          wedding ring "kotohogi"

          Beloved dog's baby ring box

          ミモザのベビーリングと一緒にご依頼いただいた、木彫りのワンちゃんの指環入れ。昔に飼っていた白いマルチーズのお写真をモデルに製作しました。運動好きで賢い子だったようで、しっぽフリフリ、つぶらな瞳で飛びついてきそうなお写真の愛らしさは、ご家族のまんなかにいたことに思いを巡らします。 生まれたばかりの新しい命をしっかりと見守り、これからもご家族のそばで幸せいっぱいの時間を過ごすものになってもらえたら。つながるいのちに込められた想いは、ご家族の絆を、よりいっそう深く、強く、結ぶこと

          Beloved dog's baby ring box

          baby ring with Yellow Diamond in mimosa

          3月に生まれた第2子の記念に、とご依頼いただいた小さなベビーリング。ご出産前からのやり取りで、「植物の指環がいいかなぁ」と、おぼろげに浮かんでいたイメージをだんだんと固めて。予定日が3月だったということと、大好きな花、ミモザの葉っぱをイメージしたデザインの指環へと。ローズカットのイエローダイヤを葉っぱではさむようにして、祝福に包まれるような印象になりました。素材は、10金のイエローゴールドで。 予定日より1週間早かったものの、無事ご出産を迎えられ、「上の子よりもよく寝てくれ

          baby ring with Yellow Diamond in mimosa

          meeting for wedding ring

          新緑にうるおいを与える、しっとりとした雨のあとの静かな夕方、ご結婚指環の打ち合わせにお越しいただいた新郎新婦。水が張られ、田植えを待つ田んぼは、空を映して、灰色でつながるような景色がぼんやりと広がります。ザクロ文庫へとつながる道は、草の勢いに負けずに咲いた、白やピンク、紫、黄色と花の鮮やかさがいっそう際立ち、おふたりを笑顔で迎えているよう。 「持っているダイヤを指環に入れたい」というご相談だったので、ダイヤを見せていただくと、立派な箱が出てきたので、お話をお伺いすると…。

          meeting for wedding ring

          The exhibition at chise has started.

          京都北白川のちせさんで個展『こころふらここ』始まりました。関西での展示は本当に久しぶりで、京都で個展となると10年ぶりくらい?に。初日の在廊時には、これまた数年どころか20年ぶりの面々との再会に、たちまち懐かしい時間がよみがえりました。一緒に行った息子も、「そのまんま!大きくなってー」と、保育所の時の先生との再会に、ちょっと照れくさいようなうれしい時間となりました。 「ずっと楽しみにしてて」と初めましてのお客さまや、メールやSNSでやり取りしていたお客さまとも、今回お会いす

          The exhibition at chise has started.

          spring great curve

          モビールに新しい仲間「春の大曲線」が登場です。おおぐま座の腰からおっぽの位置にある北斗七星。そのひしゃくの柄のカーブに沿って伸ばしていくと、「春の夫婦星」と呼ばれる牛飼い座のアルクトゥルスと、おとめ座のスピカが見つかります。この二つの星をむすぶ大きく優雅なカーブが「春の大曲線」と呼ばれているのだそう。 京都北白川のちせさんでの個展もいよいよ明日から。初日の20日(土)は、在廊していますので、どうぞお気軽にお立ち寄りくださいませ。中学生になり、お母さんと身長が並んだ息子も一緒

          Have a very fruitful day !

          1.2.3.4…横一列に整列するフクロウたち。思い思いに頭にのせたフルーツもいろいろと。遠足で「バナナはおやつに入りますか」と先生に質問する小学生のように、あれは、これはと、にぎやかな教室の声が聞こえてきそうです。バナナ!は忘れていましたが、京都北白川のちせさんへ旅立つ準備も大詰めです。遠足へでかけるようなワクワク楽しみふくらむ時間となりますように。 "ふらここ"はブランコのこと 夢中になって遊んだブランコのように 空中へと舞い上がるような楽しい時間 こころほぐし、かがやく

          Have a very fruitful day !

          playing in the field

          春の道草は楽しくてたまりません。今朝、いつもの散歩道では、カメさんがのそのそとお散歩。水辺から離れていたので、どこへ行くのか気になり、後をついていきたい気持ちをガマンガマン。 いよいよ今週末、京都北白川のちせさんでの個展がせまってきました。ちょっと焦りつつ、準備を進めています。ブローチもいろいろと、お気に入りが見つかりましたら幸いです。そよ風に揺れる春の野原へ、寄り道をするような、時間も忘れるひと時となりますように。 "ふらここ"はブランコのこと 夢中になって遊んだブラン

          playing in the field

          little birds and flowers

          小鳥が気持ちよさそうに水浴びをするぽかぽか陽気。お花も風にゆられて、うたたねをしたくなるような光景が広がり、うつらうつらと夢の世界へ。「夢見鳥(ゆめみどり)」は「蝶」のことを表すのだそう。ブローチのまんなかの貝(アバロンシェル)の模様が、アゲハチョウのようにも。自由に空を舞うように想像の世界も広がります。 "ふらここ"はブランコのこと 夢中になって遊んだブランコのように 空中へと舞い上がるような楽しい時間 こころほぐし、かがやく空に届くまで 個展『 こころふらここ 』 2

          little birds and flowers