見出し画像

睡眠の質を高めるアイテム5つ (睡眠時無呼吸対策)


こんばんは、睡眠導入アプリYURAGI運営チームの石橋です。
今日は前回、「細い体なのに睡眠時無呼吸症候群と診断された話」で紹介した睡眠アイテムについて紹介したいと思います。
睡眠時無呼吸症候群が治ったわけではないですし、すごーく効果があったというわけではないのですが、今ではもう手放せないレベルではあります。やっぱり睡眠時無呼吸症候群って寝ても意味がなかったぐらい、きついので、少しでも楽になるなら、すがりたくなるもだというのは、熟睡できない方であれば共感してもらえるのではないかと思います。ということで、5つの睡眠が楽になるアイテムを紹介できたらと思います。

アイテム1 蒸気で鼻を広げるアイテム

お風呂に入ったときに鼻が通る人がほとんどだと思いますが、同じような理論で水蒸気を吸うと鼻が通り楽になります。そこで僕が使っているのが、Panasonicのスチーム吸入器です。
https://panasonic.jp/inhaler/
水を二箇所に入れるだけで、水蒸気が出てきて5分間ぐらい吸い続けるアイテムになります。耳鼻科に馴染みがある人はネブライザーを利用されたことがあるかと思いますが、それと同じものになります。ネブライザーの場合は鼻に突っ込むのと、お薬が混ざった水蒸気になりますが、このスチーム吸入器は口から吸うという点と、お薬ではなく普通の水蒸気という点が違いになります。それでもお風呂に入ったときとまでは言いませんが、同じような感じですごくすっきりします。この状態がずっと続けばいいのになあと思う感じです。
僕の場合は扁桃腺も大きくて、喉が痛くなる事が頻繁になるので、喉の対策としても使っています。歌手もよく使うやつですね。


アイテム2 スースーさせて気道を広げるアイテム

ハッカのようなスースーするものは呼吸が楽になります。身近なものだとハッカ飴やフリスクなどがあると思いますが、食べたときには鼻が通る感じしてこころなしか呼吸がしやすくなり楽になるかと思います。その観点で何か良いものはないか調べて行き着いたのが、子供の頃に嫌いだったヴェポラップです。
https://brand.taisho.co.jp/vaporub/
子供用の塗る風邪薬という感じです。
効果としてはこの5つの中で一番低いかもしれないですが、ないよりはマシなので使い続けています。


アイテム3 劇的に鼻通りを良くする薬

これが一番良く効くのですが、点鼻薬です。鼻が詰まっていて息苦しく、寝苦しく、中々眠れないという時も点鼻薬をシュッと鼻に入れると、すぐに別の世界になります。すぐに鼻が通るので、すぐに眠れるようになります。
https://www.daiichisankyo-hc.co.jp/products/details/lulu_tenbi_yaku/
ただし、医者からも言われましたが使いすぎは良くないとの事でした。癖になるようです。かつ効果がなくなってきてしまうようです。そのため特に市販のものは使わずに、病院で処方されたものを使うようにとのことでした。ただ病院で処方されるものは、都度病院に行く手間があるのと、効き目が少し弱めのため、コロナで病院に行きたくない中ではついつい市販のものに手を出してしまっているという状況です。ただ、やはりこころなしか夜中に効果が切れて苦しくなる事が増えたように思います。即効性が高すぎて癖になってしまうので、早く耳鼻科に行って弱めの薬を処方してもらいたいと思います。


アイテム4 外側から鼻の穴を広げるテーブ

みなさんもご存知のブリーズライトです。

https://www.breatheright.jp/

アメフト選手、プロレスラーなどプロスポーツ選手もつけているこのブリーズライトですが、鼻腔を物理的に広げてくれるため、ちょうどよいぽいじションに貼った時はすごく呼吸が楽になります。ちょっと位置がずれてしまった場合などはあまり鼻が通らなかったりするので慣れるまでが難しいアイテムになります。ブリーズライトであれば、点鼻薬のように効果が切れるということがないため、朝まで寝やすさが続きます。


アイテム5 内側から鼻を広げるアイテム

ノーズピンという鼻の穴に入れる筒状のゴムがります。

https://www.amazon.co.jp/%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%83%94%E3%83%B3/s?k=%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%83%94%E3%83%B3

鼻の穴よりも少し大きいぐらいのサイズのため鼻腔が広がるという仕組みになっています。これもブリーズライトと同じ効果がありますが、基本的にブリーズライトのように使い捨てではないため、コストパフォーマンスが高いです。色々なタイプの物があり、筒状のものもあれば、蝶々のような形をしたもので鼻を広げるものもあります。最近ではきれいな空気を吸ってもらうために、筒状の先にキレイな空気を吸い込む備長炭のようなケースが付いたアイテムもあります。鼻毛が役割をなくしてしまうため、個人的には少し不安なので、蝶々のような形のものを使っています。ただこれもシリコンでできているかとは思いますが、角が長時間あたると鼻が軟骨のためか痛くなってしまいます。特に2日連続でつけた際などが痛くなるため、比較論ですとブリーズライトのほうがオススメです。


以上、アイテムを5つご紹介してみました。使わないよりはとても良い状況になるのでぜひお試しください。
最近は鼻炎がひどく点鼻薬が欠かせなくなってきています。できれば根本解決したいため、プロポリスにチャレンジしてみたいと考えています。また追ってプロポリスに関してレポートできたらと思います。
ではまた。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
1
みんなの眠り、集中、癒やしを支えたいという想いでYURAGIというスマホアプリを開発しました。 https://yuragi.jp/