痙攣性発声障害になって
見出し画像

痙攣性発声障害になって

池田夢見

こんにちは!今日は私が今もなお抱えている発声障害について綴ってみます。
発声障害って言ってもそれは大枠で、実はいろんな種類があります。

コトバンクより引用⭐︎

①機能性発声障害
 器質的異常に基づかない発声障害を一般的に機能性発声障害といい、心因性失声症しんいんせいしっせいしょう、音声衰弱症すいじゃくしょう、ピッチ障害、仮声帯かせいたい発声、過緊張性発声障害、変声障害などが含まれます。
 声帯を含めて喉頭の形態が正常で、発声以外の生理的動作は円滑に行われるにもかかわらず、音声の異常や、発声に伴う異常感(喉頭痛や疲労性)を訴える病態です。


②声変わり障害(変声障害)
 変声期の男性に発症する音声障害です。心因的な要因が背景にあると考えられており、成熟拒否のため声変わりも受け入れない状態であるとされています。声がかすれる、話し声が高い、大きな声が出ないなどを訴え、高い声や裏声で会話するなどの所見があります。
 声変わりの機序(仕組み)を説明し、発声指導を行うことで比較的短期間に治療が可能です。胸声きょうせいを発声しやすくさせるため、甲状軟骨喉頭隆起を後下方に圧迫する発声法(カイザー・グッツマン法)が有効といわれています。


③心因性失声症
 ヒステリー性失声症とも呼ばれ、古くから知られています。思春期から30歳以前が好発年齢で、女性に多くみられます。
 突然に起こる失声が典型的な症状です。声帯は中間位あるいは開大位に固定され、高度の気息性嗄声きそくせいさせいを示します。通常、囁ささやき声での会話は可能ですが、高度な場合には失声となります。発声時には声門が閉鎖しないのに、反射や咳せき払いなどでは閉鎖するなどの解離かいり現象がみられます。問診で精神的外傷などの心的誘因が見出されることも多いようです。
 
 他の心因性症状を持つ例、再発例、不安・抑うつなどの精神症状の強い例などでは、精神神経科医による診断・治療を積極的にすすめます。


④けいれん性発声障害
 声帯の過緊張と声門の過剰閉鎖のため、圧迫性・努力性となり、声がとぎれとぎれとなる特有の発声様式を示す発声障害で、女性に多くみられます。声(とくに起声時)の出しにくさ、のどがつまった感じなどを訴えます。話し声に現れやすく、低めの声で誘発されますが、高音や裏声では症状が軽減し、笑い声などは正常です。
 精神的緊張状態やストレスが症状の出現や悪化につながることから、以前は心因的要素が発症要因として重要視されていました。最近では神経系の異常と関連があるともいわれていますが、本態はいまだ不明です
 音声訓練から薬物療法、音声外科的手法まで、筋の緊張低下や麻痺を生じさせる治療が行われますが、原因不明のため根本的な治療法はなく、難治性です

以上で、私の場合はこの④に当たります

原因不明で難治性、、、、Oh NO!!!!!!
またまた厄介なものになってしまったものだ。。

他の記事でも書きましたが、最初に症状が気になったのは2018年の産後にわかった慢性上咽頭炎からで、その治療の中、私が一番訴えていた
<なんか声が詰まって喋りにくい。。。>
という症状からでした。

最初は上咽頭炎の影響だと信じ込んでいましたが、ある時点で耳鼻咽喉科の先生が
痙攣性発声障害っていう症状に似てるかも?と教えてくれました。
なぬ?!けいれんせい発声障害?!!
ネットで聴き慣れぬその言葉を検索すればするほど
落ち込むし怖いし、またなんでこんな病気に?!!!とめっちゃショックでした。
完治にはならないけど手術という方法があると知って、
この日々の声詰まりから少しでも解放されるなら!!!と
手術について調べるようになり、
東京にその手術の名医もいる!と聞いて早速耳鼻咽喉科の先生に相談、
紹介状を書いてもらって
精密検査的なものを受けに行くことにしました。

そして検査その日!!

内視鏡で声帯の動きを見ながら発声していくという検査をしました。
すると、その瞬間は普通に声が出るんです!!!
若干ダミ声っぽかったり、かすれたりはしても
あーとか えーとか単音と、こんにちは とかの短い言葉
は結構普通に出る。。。。

その先生からは
「あなたの場合は手術するほどではないね〜〜!本当にこの病気だととっても厄介だからよかったよ。軽度だね、、、今日はこれでおしまいです。」

とのこと。

ホッとした?!いや、私はこの時、なんで声、今日は普通やね〜〜〜んって自分にツッコミましたよ(TT)

いや、出るのは出るんです。でも詰まる時は詰まるし、それをその時にじっくり知ってもらう事ができなくて、なんかふに落ちなくて、中途半端ん気持ちで家に帰りました。。(くそ〜〜普段24時間RECしておけばよかったとか考えちゃったし)

軽度やからよかったやん!と思うかもしれませんが、その軽度っていうのが
結構厄介で、地味〜〜に生活のなかで支障をきたしているんです。

一見普通に喋ってるように見えるから余計に
私、発声障害です!!とも言えないし、

かと言って変なところで急に詰まるから、

え、この人なんか話し方変?!挙動不審?!!
って思われる場面も多々あり。

特に電話!!!!

私は電話がほんまに苦手になってしまって。
意を決して市役所にある用事で電話した時には

「あの〜すみません、声が途切れ途切れで聞こえにくいのですが
電波が少し悪いようです〜〜」

なんて言われちゃった事が何度あったか。。。

電波途切れてんじゃなくて、実際に私の声が途切れてますねーーーんっっと
何度も叫びたかった(苦笑)

そして、どんどん発声のコントロールが効かなくて、特に話し声が出にくくなってきて、ボイトレの先生やウクレレの講座なども出来なくなってきました。

自分的にも声を司るお仕事をしているくせに、
自分がちゃんと発声できないって事がなんか許せないというか、申し訳なく感じてもきて、あるタイミングで一度全部休止しよう、、、と判断しました。

その頃、副腎疲労の影響もあってか、全然眠れないし、体調もめっちゃ波があって
しんどいし、何もかもがやばやば、、ってなってしまいました。

自分のメンタルがまず良くないので、夫とも喧嘩めっちゃするし、
その頃2歳の息子の育児の中での悩みもあったりして
あー大阪(実家)ちょっと帰ろかなーーっと不意に思い、
助けを求めるように帰阪しました。

その時は夫にごめんね〜〜と言って息子と2人で帰阪。

久々の実家はあったかくて、母が息子を見てくれるこの安心感を楽さ!!!!
涙が出る気持ちでした。

私、なんか色々頑張りすぎてたんだな、、、

と発声障害にまで至った自分の考え方とか日頃の心の癖?とかと
ちょっと向き合う余裕がここではあるかも、、と感じたのでした。

が、!!!!!

そうだ、うちの家族はとっても愛情があるのだけども現実に厳しい!!
というか、心配さゆえにみんなめっちゃ色々言ってくれるタイプの人たちの集まりであったことを思い出した。(言ってくれる内容は過激!w)

帰阪した次の日から、
発声障害になったことについての家族会議?!なるものが勃発。
夫とのこと、仕事のこと、育児のこと、今までの私の食生活だの生活感だののこと、それはまさかうつ病なんじゃないか?!!という議題。。。。

というのもそう、うちの父がミュージシャンであり、
結構繊細?なメンタルの持ち主で
結構過去に自身も認める軽いうつになった事があることとか、
表に立つもののメンタルのこととかについての持論が炸裂し、
私の発声障害や、副腎疲労の体調の悪さや、不眠症気味なことについて


それはうつ病や!!育児ノイローゼもある!!などと言い出し、
また家族みんなもきっとそうや!!という声が上がり、
なんか私1人が責め立てられる状態?!になったのです(汗)

いや、結構心配してくれててそのような話にもなったんですが、
自分の中でももう何が何だか考えるのが疲れ果てていて、
この家族会議の日を境に、さらに声が出にくくなったのです。
この後に夫に電話した時、全く声が詰まって何言ってるかわからず
夫もめっちゃ驚いていました。。え、悪化してるやん、、と嘆かれた(涙)

痙攣性発声障害は特別で、心因性とは違うカテゴリーにあり、
原因は不明とされていますが、私的にはやっぱり心の問題が大きく関わっているものだとこの辺りから感じ始めていました。

まぁこの帰阪中には私的には人生で初めての崖っぷちと言いますか、
どん底と言いますか、今までの自分ではなくなっていたと言えます。

実家では食事や洗濯などはぜんぶ母がやってくれて、育児も母や姉、いとこたちがカバーしてくれてだいぶ物質的には助かりまくりました。

が、メンタル的にはまだどこか未解決な部分があったし、
帰阪してさらに声が出にくくなったという事が私には謎で、、、、
余計に何が何だかもうわから〜〜〜ん(涙)となっていました。
心のどこかで、実家に帰れば全部良くなる、、なんて思っていたから。。

と、まぁこんな経路で私の発声障害はどんどん悪化します。

それとともに、心が原因?ということを改めて再確認し、
心の勉強に興味を抱くのでありました。

今この記事を書いていますが、この話がちょうど1年前です。

あれから1年。帰阪してからの後も色々あったんです!!がそこはちょっと端折りますww

が心の勉強プラス、カウンセリングも受けたり、ニューロパターンセラピーというものに出会ったりといろんな世界を知る事ができました。

私は今現時点では、東京でニューロパターンセラピーを受けています。

声の現状は、ある特定の時はひどく、通常は詰まったり、話せたり、え!今日はめっちゃ普通やん!な日があったり、電話でまた詰まったり、、、と波がある状態。

でもいろんなことを経て、1年前より断然今の方が心身ともに元気!!
と言える自分がいます。

この1年の中でどんなことを実践してきたのか、

どんな気づきがあったのか。

これ、私の人生ですっごく価値のある経験になるって今思えています。

まずこのことについてnoteを書こう!と思えてる事が自分的にはすごいです。

ちょっと今日は長くなっちゃったので、私が実践してきた事、今している事などは
追ってシェアしてみます!!

同じ病状で悩んでいる方がとても多いことを私はtwitter検索で知りました。

皆さんの呟きがめっちゃ心に刺さったし、ほんまにうなずく体験ばかり、、、

こんなに苦しんでいる人がいるんだ、、、、でも完治してる人もいるんだ、、

と希望も見つけました。

この発声障害は厄介やけど、1つ言えることは

本当の自分からのサイン

ということ。

それを否定している間はきっと治らないものなんだと今すごく感じています。

私はまだその修行中。

でも新しい気づきがたくさんあって、それをほんまに大事にしたい。

そんな経過をまたこのnoteで綴りたいと思います。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!フォローしていただけると励みになります!
池田夢見
*シンガーソングライターとして活躍 *現在1児のママ *認定分子栄養学アドバイザー *自分の経験した出来事、考えている事、興味がある事 伝えたい事などをnoteで発信中! 公式instagram📷 https://www.instagram.com/ikedayumemi