『低温物理実験技法』

14
記事

『低温物理実験技法』:はじめに

この一連のノートは、物性物理学の実験研究の現場で必要な低温実験技術をまとめたものです。こ…

『低温物理実験技法』§0.寒剤の種類

寒剤としては、低温で液化する(すなわち、沸点が低温にある)ものが使用できる[2]。ここで低…

『低温物理実験技法』§1.真空ポンプ

真空ポンプは、極低温冷却装置(クライオスタット)の真空断熱層の真空引きやサンプル層の排気…

『低温物理実験技法』§2.ヘリウムのリークチェック法

§2―1. ヘリウムリークディテクター  ヘリウムディテクターは、真空中のヘリウム分圧の変…

『低温物理実験技法』§3.  冷凍機の種類

温度を冷やす冷凍機(クライオスタット)には、液体N2と液体Heを用いるものがある。液体N2は潜…

『低温物理実験技法』§4.極低温

1Kより低温は、前述のような液体ヘリウム(4He)を用いるだけでは達成が難しい[1,2,3,6]。非常…

『低温物理実験技法』§5.超伝導マグネットの技術

§5―1. イントロダクション  超伝導マグネットは、通常の電磁石で必要になるkWからMWレ…

『低温物理実験技法』§6.寒剤のトランスファー

液体窒素と液体ヘリウムは性質が大きく異なるため、保存やトランスファーの方法が異なる[1]。…

『低温物理実験技法』§7.クライオスタットの配線

測定される物理量は電気信号として取り出すことが多いので、クライオスタット内に導線(ワイヤ…

『低温物理実験技法』§8.液化機の原理

液化機を自作したり研究室で保有することは少ないが、その原理を知ることは、無冷媒型の冷凍機…