ゆきどっぐ🐶/ライター・編集者

月曜日に日記やコラムを更新中。フリーランスで東京在住のライター・編集者。雑誌や新聞、ウェブで執筆経験あり。グレーゾーンの子どもと関わった経験も。犬好きだからペンネームは「ゆきどっぐ」🐶 イラストも描きます~ twitter→@yukie_iy インスタ→@yukieinu

ゆきどっぐ🐶/ライター・編集者

月曜日に日記やコラムを更新中。フリーランスで東京在住のライター・編集者。雑誌や新聞、ウェブで執筆経験あり。グレーゾーンの子どもと関わった経験も。犬好きだからペンネームは「ゆきどっぐ」🐶 イラストも描きます~ twitter→@yukie_iy インスタ→@yukieinu

    マガジン

    最近の記事

    固定された記事

    制作実績(随時更新)

    ペンネーム 結井(ゆい)ゆき江 宣伝会議 第38回編集・ライター養成講座卒業。卒業制作で優秀賞を受賞。 仕事のご依頼→yukiinudogあっとgmail.comへ。(「あっと」を@へご変更ください。 掲載実績(以下、敬称略)30万PVを越えた記事 Forbes JAPAN(取材・執筆) 文春オンライン(取材・執筆。企画から考えた記事もあり) 東洋経済オンライン(企画、取材・執筆) 朝日新聞EduA(取材・執筆、企画立案から担当した記事もあり) 朝日新聞Edu

    スキ
    22
      • お仕事しています。

        コロナ感染者数の増加で帰省が取りやめになり、バタバタと仕事したり、育児したりしております。

        スキ
        5
        • 仕事を前倒しで進行中です

          かかりつけの病院から、「院長が感染したので、リスケお願いします」と電話がかかってきました。周囲でもちらほらと耳にするようになり、これは仕事をはやめに進めて、クライアントの皆様にご迷惑をかけないようにしないと…、と思っているところです。 原稿、落としたくない……。

          スキ
          3
          • 勤務する世界線と私

            7月の最終週は、子どもが体調を崩しててんやわんやしていた。 幸い(?)コロナではなかったものの、仕事を抱えながら看病を続けるのは思ったよりもつらい。何より、子どもがしんどそうなのを見るのは堪える。 仕事が忙しい時は病児保育に預けるのも選択肢の一つだが、これも悩みどころで、普段通っていない保育士の方々と体調不良の時に子どもが打ち解けられず、泣きまくって悪化するのではなかろうか、と二の足を踏んでしまう。 何より、病児保育OKの承諾を医師から得るために小児科を2度ほど受診しな

            スキ
            4

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 日記、あり〼
            ゆきどっぐ🐶/ライター・編集者
          • 子との生活
            ゆきどっぐ🐶/ライター・編集者
          • コラム
            ゆきどっぐ🐶/ライター・編集者
          • まじめ
            ゆきどっぐ🐶/ライター・編集者
          • 夫婦
            ゆきどっぐ🐶/ライター・編集者
          • おすすめ本(絵本含む)
            ゆきどっぐ🐶/ライター・編集者

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            ベビーカー de 見えてくる視点

            ベビーカーを使っていると、一人ですいすいと行けたはずの道に戸惑うことが増えました。横断歩道では段差に躓き、歩道橋はあきらめて遠回り。電車とホームの間にすき間が開いている場合は、子を抱っこ紐で抱き、ベビーカーを持ち上げることも。 今回紹介した「ホームと列車のすき間をせまくしています」という乗降口は、「東京2020オリンピック・パラリンピック」の開催がきっかけでできたようです。車いすに乗った人が一人で電車を利用する際も乗り降りができるように、「段差3センチ、隙間7センチ以内」の

            スキ
            2

            更新お休み

            三連休のため、note更新をお休みします。 皆様、よい休日をお過ごしください。 ゆきどっぐ

            「魚をきれいに食べる人になりたい」

            ちょっとええとこの日本食レストランで魚料理を食べる時、私はたいてい、夫の真似する。彼の魚の食べ方が、きれいだからだ。 結婚前。義両親と私の両親、それに私たち夫婦が顔あわせのために食事したときも、私は夫の食べ方を真似した。「義両親にしつけられた夫の真似をしておけば、ご法度の行為はしないだろう」という怠慢ゆえに。 先日、子を連れて義両親と食事をする機会があった。ちょっとええとこのレストラン。先に子の食事を済ませ、つかまり立ちで個室を歩き回る子を夫と交代で追いかけつつ食事をとっ

            スキ
            6

            SNSのフォロワー属性を考える

            SNSと言えば、もっぱらツイッターばかりを投稿している私。仕事用アカウントのため、フォロワーもライター・編集者、広報の方が多い。 下が現在の私のツイッターアカウント(@yukie_iy)。 記事を「書きました」と発信するのはいいんだけど、フォロワーの属性的に、読者層に届きにくいんじゃないの???と最近考えている。教育系のアカウントを作ろうかな…。あるいは子育てアカウントか。 「できることは何でも発信しよう」と、イラストも描き始めたし、ここらでSNSアカウントを整理するか

            スキ
            2

            母ha時々、トド

            1歳1か月になる子ども。成長著しく、最近は歩くのも上手になってきて、起きてから眠るまで、ずっと部屋を駆け回っている。早朝に目を覚ますことも少なくなく、私と夫は打ち上げられたトドのように部屋の真ん中で横になりながら、子を見守っている。「一緒に遊んであげれば」と思う人も、いるかもしれない。遊ぶ時だってある。けれど、大人も眠気にあらがうのは難しいのだ。 「もう少ししたら、どこかへ子を放ちに行こう」。トドはただそれだけを胸に、眠たい朝を乗り越える。 最近は、同じ年頃の子と触れ合う

            スキ
            4

            母親が読んで面白い絵本6選

            子どもが生まれてから改めて触れた絵本の魅力。 読み聞かせる側が楽しい絵本、そして子どもの反応がよい絵本をまとめました。 子ども:0歳~1歳「おめん」(わだことみ作、ささきようこ絵/ポプラ社) うちの子が一番気に入っている絵本で、「読め!」と言わんばかりに差し出してきます。 目の部分に穴が開いていて、顔を覗かせると、子が大喜びで指を突っ込みます。目つぶしです! うまく避けてください。 「つんつんぱん」(はるのまい作/エンブックス) 子どもの腕や足をパンに例えて、つんつ

            スキ
            4

            更新を日曜日から月曜日にずらします

            今週から日記・コラムの更新を日曜日から月曜日にずらします。 また20日にお会いしましょう!

            ベビーのスイミングはまるでイルカの様子

            先日、子を連れてベビースイミングへ行った。 ベビースイミングというのは生後6か月程度から参加できるプール教室だ。我が家は1歳を過ぎての参加となった。 ベビースイミング用に2レーンほどが解放されるのかと思ったら、プール全体を貸し切っての教室だった。時間になると父や母に連れられたベビーたちが、わさわさと現れ、慣れている子は口角をニンッとあげたままザブンと、まるで水の中に飛び降りるように入水していく。親の周りをイルカのようにくるくると泳ぎ回る子もいて、「子の身体能力がすごい」と

            スキ
            3

            誰に向けて書いてるの?

            よーし書けたぞ、と思った時に、現れる一言。 「うんうん、で、それは誰に向けて書いてるの?」 私がかけた時間も、思いも、誰かがわざわざ時間を割いて読んでくれる保証にはならない。 先日、文学フリマに行った。子どもから老人まで、まさしく老若男女問わずいた会場。初めて見た賑わいに心躍るものの、初対面の相手の本を買うのはハードルが高い。正直、どれを買えばいいのかわからなかった。しかも、横目に通り過ぎるだけだと中身がさっぱりわからない。どうすれば道行く人が手に取ってくれるか。自分が

            スキ
            2

            看病しながら仕事をする

            育児において、パートナーに取ってほしいのは育休だけではなかった。 子どもが突発性発疹となり、5日間熱を出した。初めての高熱に私もずいぶんと慌てふためいた。 病院では「コロナの可能性は低い」と言われたものの、念のためPCR検査=陰性。喉も赤くなく、熱だけが出ている様子から「たぶん突発性発疹でしょうね」と言われる。 突発性発疹は、高熱が出た後に体に発疹が出る病気だ。発疹を見て初めて「ああ、やっぱり突発性発疹でしたね」とわかる。 医師に、「突発性発疹の熱はどのくらい続くんですか?

            スキ
            10

            「あなたの宝物って、何?」

            児童館には赤ちゃんの保護者が集う会がある。それに先日参加した。まずは簡単なゲームをやって、4人ずつのグループにわかれる。その日は、参加者同士で話しましょう、というのがテーマ。何を話すのかと言うと、運営者に渡された自己紹介の紙に沿って、自分たちのことを話すのだった。 「名前は?」「好きなことは?」「特技は?」「宝物は?」「最近の悩み事は?」――。 質問を前に考える。 はて、私の好きなことってなんだったっけ? 特技を書くときって、何を書いたっけ。宝物って子どもしか思いつかな

            スキ
            7

            AIが記事を書いたってニュースを見るたびにドキッってする(後編)

            前編はこちらから 読者にとって、AIとライターが書いた文章に大きな差はないだろう。「情報を伝える」という目的が果たせれば、それでいいのである。いつの日か、取材した素材をぶち込んで、AIがさくっと記事を作って、それをライターが編集する未来がやってくるかもしれない。 結局、そんな世界で生き残っていこうとすると、ファン層を増やすしかないのだろうな。 初音ミクが出てきて、ボーカルも演奏者も必要なくなり、それでも背後にいるプロデューサー(ボカロP)の作った音楽に心動かされた人が多く

            スキ
            1