見出し画像

予感めいている

予感めいている

秋の、つんと抜けるような空
胸の奥までひといきで貫くような太陽の光
低くうなるベース音
陽を受けて散らしたあと、前髪の毛先に残る希望のつぶて

来なければよいと思った今日は来て、光あふれる明日につながる、慈悲は、ある、おそらく。

満員電車で押されても、仕事を辞めても、いとしいひとを失っても、わたしたちの尊厳は変わらずここにある
アイデンティティと名づける前からある、手の中に握って生まれてきたものを思い出しながら

わたしの代わりはいくらでもいるけれど
わたしにとってわたしの代わりはいないから
生きているうちに、死ぬ前に、手渡さなければならない
泣きながら握っていたものは何か、太陽のもと指をひとつひとつ開いてじっと見つめる

太陽の光は誰にもひとしく熱く、明るい

予感めいている

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつもお読みいただきありがとうございます。いただいたサポートで、お気に入りの珈琲を飲みにいきます。そのときに一つ記事を書きますので、また見にきてくださいね。

今日は最高の日です!ありがとうございます!
11
「見えないものを形にし、誰かに何かを届ける」をモットーに、イラストや文章、選書など多岐にわたり活動。国内外での展示や瀬尾まいこさん『優しい音楽』装画、台湾のイベントビジュアル等を担当。フォローしてくださるとうれしいです!https://hiiragiyuka.tumblr.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。