トガノイバラ#89 -4 悲哀の飛沫…30…
見出し画像

トガノイバラ#89 -4 悲哀の飛沫…30…

高埜夕


「あんたが御木崎みきざき卦伊けいさん、ですね」

「……なんだ、お前は」

「今回の作戦の陣頭指揮を執っとるモンです。御影みかげ、とだけ名乗っときます」

「貴様が……!」

「そんなことより卦伊さん」

 怒りで顔をゆがめる卦伊などものともせずに、御影佑征ゆうせいは平然と続ける。

「Kratの諸君をいま中に入れるんは、悪手ですわ」

「悪手、だと?」

「まあなんも知らんのやから仕方ないと思いますけどね」

 肩をすくめる。軽薄な態度と口調に、卦伊の表情はますます険しくなっていく。

「どういう意味だ」

 御影佑征がにやりと笑った。
 おもむろにインカムに片手をやり、

「僕らは今から、この家に火ィつけます」

 そう宣言した。
 卦伊の目が大きく見ひらかれる。

「家の裏手で、うちのモンがすでに待機しとります。いま中に入ったらKrat諸君はみんな丸焼きですよ。さすがにそれは、宗家としても痛いんと違いますか?」

「……貴様、本気で言ってるのか。中には伊明いめい君たちだっているんだぞ。兄さん――伊生いき兄さんだって」

「ご心配には及びません。僕の声は、このインカムを通してちゃんと聞こえとるはずですから。火をつけるタイミングも、逃げるタイミングもちゃんとお知らせできるんです」

「馬鹿な。この家ではそんなもの、なんの役にも――」

「面倒なんでその辺の説明は省きますね」

 にべもなく御影佑征が切り捨てた。

「そちらさんは『歴史』を大切にする一族やと聞いてます。先祖代々受け継がれてきた由緒正しいこのお屋敷を、僕らみたいなもんに焼き払われたら、そら末代までの恥でしょう。僕かて、放火なんて犯罪行為、できるだけしとうないんですわ」

「……なにが狙いだ」

 ひゅう、と御影佑征が口笛を吹く。

「さすが御木崎家の当主様、話が早くて助かります。……おたくの部屋にある金庫の番号、教えてもらえませんか?」

「――……そういうことか」

 伊生の忠告、御影の要望――卦伊のなかでようやくすべてが繋がった。血が凍っていくように、その顔からすうと表情が消えていく。

「お前たち御影家は、社会的に御木崎家を潰すつもりでいるんだな」

 鼻梁に落ちた眼鏡のグリップを押し上げる。色を失くした卦伊の瞳がおおわれる。

「物理的にも潰すつもりやったんですけどね」

 卦伊の動作につられるように、御影佑征も小さな眼鏡をくいっとやった。

「金庫から書類を奪ってボヤ騒ぎを起こしてトンズラ、っちゅう作戦やったんですわ、本来は。けど金庫が開かんとどうしようもないんでね」

 卦伊は眼鏡をおさえたまましばらく沈黙していた。考えこむというよりも、ただ黙って突っ立っているだけといったふうである。

 やがて、ぽつ、と声を落とした。

「ひとつ条件がある」

 おどろくほど静かな声だった。

「……聞きましょう」

「僕は君たちが信用できない。今ここで番号を教えたとして、その後放火しないという保証はどこにもないし、君がいくら約束すると言ったところで信じることは到底できない」

「まあ、それは――」

「だから」

 卦伊は静かに、強く言った。

「僕をそこへ連れていってくれ。火のそばで待機しているという、君の仲間のところへ。彼らが完全に離れたら、君だけに番号を教える。――どうだろう」

「…………」

 先ほどまでとは打って変わった、ずいぶん穏やかな調子である。卦伊は眼鏡から手を離そうとせず、表情を読もうにも、御影佑征からはほとんど見えない。不気味な静けさに眉をひそめながらも、

「……わかりました」

 御影佑征は頷いた。

「なんやったら、兵隊さんを二、三人、連れてもらっても構いませんけど」

「僕一人でいい」

「――そうですか」

 御影佑征はインカムから手を離した。が、すぐには動こうとせず、肩に置いた竹刀をおろし、やや声をやわらげ、

「……先に言うときますね。伊生さんは、自分と先代がすべての罪を被るべきやって言うてました。実那伊さんや卦伊さんは、嫌々自分たちの指示に従っていたと――そう証言してほしいそうです。卦伊さんは、まあ、立場もありますから多少罰は受けるやろうと思いますけど、実那伊さんや息子さんたちは……経歴に傷はつくやろうけど、実質的にはお咎めなしで済むんやないですか」

「…………」

 卦伊は、なにも言わなかった。


――――――――――――――――――――

*前回のお話はこちらから🦇🦇


*1話めはこちらから🦇🦇


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます🌺
高埜夕
ご訪問ありがとうございます。 はじめまして、『たかのゆう』です。 小説家志望。過去作まったりお引っこし&新作執筆中。 ファンタジーみの強いもの、恋愛ものなどをメインに書いています。 よろしくお願いいたします。 2021.07.27