新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
パソコンを打つ手

毎週水曜日をリモートワークデーとしているスナップマートのリモートワークへの考え方

スマホで写真を売買できるサービス「Snapmart」代表取締役の
岡(@yosukeoka)です。

スナップマートでは創業当初から、毎週水曜日をリモートワークデーとして、週に1回、在宅勤務をしていましたが、2/17よりコロナウィルスの感染拡大状況を考慮して、フルリモートワーク体制で業務をしています。

■リモートワークの目的

スナップマートでは毎週1回のリモートワークを実施してきていたので、フルリモート移行するにあたり、特に大きな混乱もありませんでした。
(あえて言えば「顔が見えなくて意外と寂しいね」というほっこりな感じですw)

このように以前からリモートワークを導入してきたスナップマートですが、他の人にリモートワークの説明をした際のリアクションに若干の違和感をおぼえることがありました。

それは「リモートワーク」=「自由」と思われすぎること。

リモートワークはたしかに自由ですし、スナップマートでは自由な働き方を目指して業務をしています。

ただ、自由な働き方を目指すのは手段であり目的ではありません

基本的な目的はやはり個々人の成果を最大限に発揮し、ビジネスを成長させるため。
そのために自由な働き方を取れるように制度設計しているのです。

妊娠・出産・子育てや病気、介護など、人生において様々なイベント・アクシデントが起こりますが、そういった際にも能力を持った方がその才能を発揮し、成果を最大限に出せるよう、手段である働き方をリモートワークに限らず柔軟にしたいと思っています。

現在のコロナウイルス拡大に伴うリモートワークの拡大などにより、この流れは更に広がっていくと思います。
またリモートワークに関わらず、働き方の多様性もますます広がるでしょう。

ただ自由な働き方、多様な働き方には責任も伴います。
次回はリモートワークをする人に求められる要素について書いてみたいと思います。



リモートワークを導入しているスナップマートでは様々なポジションで人材募集中です!

■スマホで写真が売れるアプリSnapmartのカスタマーサクセス&サポート
■SNSとビジュアルで企業のマーケティング支援!SNSプロモーション営業■Snapmartの成長をサポートしていただく運用アシスタント

Twitter:@yosukeoka
Facebook:岡 洋介
Instagram:@concordestar

スマホで写真が売買できる、スナップマートの代表取締役社長。
自分の可能性を信じられると他人の可能性も信じることができ、それは世界をポジティブにすると信じてます。
9歳男子と1歳女子と妻のドタバタ4人家族。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!「次書こう!」という励みになります
18
Snapmartの代表取締役社長です。ストックフォトサービスのPIXTAでクリエイター&コミュニティ育成、営業、エバンジェリスト、シンガポールにて海外展開立ち上げ等で10年過ごした後、2019年より現職。二児の父でもあります。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。