渡辺佳恵/女子ブランディングの鬼

女性の女性による女性のためのブランド作りをしています。女性の生き方や仕事の本質について綴ります。CanCam編集者13年→起業13年。オンラインサロン開講。 HPはhttps://www.watanabeyoshie.com

渡辺佳恵/女子ブランディングの鬼

女性の女性による女性のためのブランド作りをしています。女性の生き方や仕事の本質について綴ります。CanCam編集者13年→起業13年。オンラインサロン開講。 HPはhttps://www.watanabeyoshie.com

    最近の記事

    ダイエットにBM3シリーズくらいかけて 挫折してきたけど今回はいけそう!

    ①人生最もお金をかけてきたもの、それは育毛とダイエット②BM3シリーズくらいダイエットにかけるも挫折を繰り返した10年の軌跡③実際今やってる「最後のダイエット」とは?④なぜ今回は「いける!」と思っているのか 人生で最もお金をかけたもの、といえば育毛かダイエット笑 育毛の方は何をやっても何を使っても生えてこなかったのが、苦節8年「ヒト幹細胞培養液」に出会って、5ヶ月で生え、あまりに感動し「私があれだけ試しまくって生えなかったのが生えたんだから、みんなも困ってるはず。これをもっ

      • 「べき論」「普通はさ〜」が苦手です

        毎週土曜日の21時、インスタライブやってます。 芸能人でもないし、私がただおしゃべりしててもしょうもないよな〜。はて何をしようと思ったとき「二度のニート、一度のホームレス、一度の離婚」などなど七転び八起き人生なので、皆さんの相談やお悩み乗るインスタライブをやってます。 昨日もいろんな質問をいただきましたが、印象に残ったのは      「ママ友が作れません」という方と「大きな仕事を任されている中、妊娠が発覚して戸惑っています」という方。 どちらも、そもそも「ママになったら

        • 経済的自立は自由への第一歩。女性こそ経済力を!

          幸せってなんだろう? って考えた時、 そのひとつに、私は「自分で選べる&コントロールできることが一つでも多くあること」って思っています。 これ食べたい、ここに住みたい、こんな仕事したい、この仕事やめたい、この人と付き合いたい、この人と結婚したい、離婚したいetc・・・ もちろん、自分一人の意思決定や努力だけでどうにもならないこともあるかもしれないけど「選びたいのに選べない」不自由な状況はしんどいし、ストレスでしかありません。 じゃあ、それを解決するにはどうすれ

          • やりたいこと・その1「わたし革命塾」を始めようと思った理由

            「自分の名前でもう一度仕事をしてみよう」と思ったのは、女性に自信をつけるための何かをしたい、と思ったから。 起業して13年、モチベーションはいつも同じだったけれど、それが直接的に「生き方」や「考え方」という精神論に言及したことは一度もなかった。 本当はそこが一番大事だって知っていたにも関わらず。 なぜしてこなかったか。 それは単純に自信がなかったから。 私ごときがそんなこと語って良いものだろうか? いつしかそんな風に思うようになっていた。 そういうものを綴って発

            50歳。本当にやりたい仕事を始めるための挑戦日記はじめ

            思えば自分のホームページを最初に作ったのは、13年前、2006年の9月のこと。 ということは、起業して13年ということになる。 その時撮影した写真がこれ。 今、50歳だから,13年前っていうと37歳。 今より13キロ以上痩せてるから、一年に1キロ以上太った、ということになる笑 22歳、大学4年生の時、フリーランスでファッション雑誌のエディターを始めた。 23歳から36歳まで13年間、「CanCam」に携わった。 34歳の時、フリーランスのエディターだった私に当時