クビの配達引き受けます #3
見出し画像

クビの配達引き受けます #3

横島孝太郎

【戻る】

「行、く、ぜっ!」

 ブースト。瞬く間に縮むエアカーとの距離。うち五台のルーフが展開し、搭乗者達が一斉にザジを見た。なお残り一台は既にルーフを開けている。先程ロケットを撃ち込んだ車輌だ。

 搭乗者は、やはり全員デミヒューマン。滑らかな、しかし機械的な動きで、めいめい武器を構える。

「敵、接近」
「迎撃」

 ハンドガン。あるいはロケットランチャー。
 引金が引かれる、引かれる、引かれる。

「おっとッ」
 スラスター、並びに重力調整。ザジは弾雨を横っ飛びに避わす。無論AP弾程度では、直撃しようとアンリミテッド・アーマーは小揺るぎもしない。だが増設したアーム等の作業用装備にそこまでの性能は無いし、万一でも背中の箱を損傷するワケにはいかない。

「敵、回避」
「迎撃続行」

 APを追うデミ共の銃口。その時既にザジの両脚はビル壁を踏み締めている。膝が沈む。脚部スラスターが光る。

「ほッ」

 ザジは跳ぶ。逆側のビル目がけ。直後にハンドガン、あるいはロケットランチャーの引金が引かれる。引かれる。引かれる。

BOOOOM!

 背後、壁面。ロケットの一発が爆ぜた。だが肝心の標的へは一発も当たらぬ。別の壁、別の看板、別の電柱を、飛び石のように渡りながら近付いて来る。まるで稲妻。アーマード・パルクールの面目躍如。

「敵、更に接近」
「迎撃続行」

 尚も冷徹にザジを狙わんとするデミ達。だがもう遅い。一際大きな跳躍と共に、ザジは敵陣へ突貫。到達。手頃な一台のボンネットを踏みしめる。

 ハンドガン。両手持ち。量産品。デミ達のと同じ。
 違いは二点。AP弾を装填している事。
 そして、射撃管制をアンリミテッド・アーマーのAIが担っている事。

 故に、照準は既に終わっていて。
 ザジは引金を引く。引く。引く。

 銃声、銃声、銃声、銃声、銃声が劈く。
 エアカーの装甲を、あるいは強化窓ガラスを、デミ達ごと貫通するAP弾の乱気流。

 一秒。

 区別無く、六台のエアカーに乗っていたデミは全て、白い血を撒き散らして死んでいた。唯一ロケットランチャーを構え右後ろ車輌のデミが、断末魔じみて引金を引く。先程モリスのエアカーを撃墜したのもコイツだ。

 射出されるロケット弾。死に体とは言え、機械の補正は正確。尾を引く誘導弾がザジ目がけて迫る。

「ワオ、良い狙い」

 ハンドガンで撃ち落とすのは容易いだろう。通常ならば。だが今は出来ない。弾切れてしまったためだ。
 大口の依頼が来たからってはしゃぎ過ぎたな――脳裏の片隅で思考しながら、ザジは右腕部複合武装ユニットへアクセス。A・Sブレイド起動。AIが適切に出力調整。

 かくて手甲部から発振するのは、一振りの光の刃。ムービーデータから出て来たような長剣を、ザジは振るう。

 狙い、間合い、正確無比。ロケット弾は正中線から真っ二つになり、照準も失って中空へと虚しく走る。そして。

BOOOM!
BOOOM!

 二つの爆発が、ビルを見下ろす曇天を一瞬照らした。
 その一秒後、ザジはスラスターと重力制御を駆使して危なげなく電柱の上へと着地する。

「さてさて、露払いはこんなもんかな。ところで、どうして狙われてるんでしたっけ?」

【続く】

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!
横島孝太郎
巨大ロボ、特撮、ニンジャスレイヤー、トランスフォーマー、FFSなどが好物。 農作業の忘備録を書いたり、スーパーロボット小説「神影鎧装レツオウガ」を投稿したりします。 http://ncode.syosetu.com/n7106bw/ 夏には桃の通信販売も行っています。