読み返したいnote

307
+24

祖母の葬式

自己責任論 VS みんなで支え合う論。 経済的にお得なのはどっち? データに基づいて検証…

和の国、なんて言われることもある日本ですが、実は「自己責任論」がとても強い国です。 人がビジネスに失敗して苦境に陥っていても、ひとり親で歯を食いしばりながら子育てをしていても、若者にこづかれながら貧しい老後の生活をおくっていても、そこで多くの人が口にするのは 「だって、自己責任じ…

これから、写真でやりたいこと

昨日の写真道場の名残がまだ抜けておらず、余韻に浸ったままぽわぽわと一日を過ごした。近所のタピオカミルクティーを飲みながらひたすらにnever young beachを聴いていた。 こんな週末に限って同居人も不在で(友人の結婚式で地元に帰っていた)、ひとりで家にいるといろんなことが頭をかけめぐって…

2人だけの誓い CELEBRATION WEEK for all

従来の結婚式の型にはまらないカップルそれぞれの想いを形にするCRAZY WEDDINGと私たちPaletteの主催で行われたCELEBRATION WEEK for all。その特別イベントとして6月17日、ハワイ在住の人気YouTubeチャンネル「わがしChannel」を運営するKanaさんとMikiさんは、多くのゲストが見守るなかで誓いを立て…

第三者としての自分

マーケティングでも広告でもTwitterでも、「ペルソナ」の設定が大事だと言われる。 ペルソナとはマーケティング用語で、ユーザー像のこと。めちゃくちゃ平たく言えば、「どんな人に商品(情報)が届いてほしいのか、なるべくリアルに・具体的に想像し、設定すること」だと思う(業界・業種によって微…

常に揺れ動く「感情」は邪魔者か、自分らしさの象徴か。

「心から涙を流すことを知らない者は、本当に笑うことも知らない」 ビジネスの現場において、利益をあげるために効率化や合理性が重要視されてきたこれまでから、もっと人間性を大切にすること、心のつながりを求めることが増え、欲求や弱さも含めて常に揺れ動く「人間の感情」は、“Emotion Design”…

応援したい人がいる人生

ヤクルトが負けている。 いやまあ、もともと常勝軍団とはいえない我が贔屓チームではあるのだけど、なんと16試合連続で負けている。 年間140試合あるうちのたった16回黒星がついただけではあるのだけど、それが連続してしまうとまた別の意味合いが出てきてしまう。 派手に負ける日もあれば、ギリギ…