前田晃平 / 著書『パパの家庭進出が ニッポンを変えるのだ!』5/19発売予定🔥

マーケター / 認定NPO法人フローレンス 代表室。5/19に光文社から著書『パパの家庭進出が ニッポンを変えるのだ!』発売予定。前職はリクルートで営業と新規事業開発(プロダクトマネージャー)。慶応義塾大学総合政策学部中退。妻と娘と三人暮らし
    • 日経COMEMO
      日経COMEMO
      • 8343本

      日経COMEMOは、様々な分野から厳選した新しい時代のリーダーたちが、社会に思うこと、専門領域の知見などを投稿するサービスです。 【noteで投稿されている方へ】 #COMEMOがついた投稿を日々COMEMOスタッフが巡回し、COMEMOマガジンや日経電子版でご紹介させていただきます。「書けば、つながる」をスローガンに、より多くのビジネスパーソンが発信し、つながり、ビジネスシーンを活性化する世界を創っていきたいと思います。 https://bit.ly/2EbuxaF

    • 提言・アイデア・想い
      提言・アイデア・想い
      • 59本

      社会問題に対する提言やアイデア、そして個人的な想いに関するエントリをまとめています。

    • 政治経済・歴史
      政治経済・歴史
      • 23本

      政治経済や歴史に関するエントリをまとめています。

    • パパの家庭進出で、ニッポンを変えるのだ!
      パパの家庭進出で、ニッポンを変えるのだ!
      • 18本

      ソーシャルマーケター、そしてnoteの人気クリエイターの前田晃平さんが、光文社新書noteに登場。パパになって初めて気づいた日本社会の不平等を、エモい実体験とカタいデータを組み合わせ、わかりやす~く読みときます。前田さんの個人noteでスキが多かったものを再編集した記事や、オリジナル記事も掲載する共同編集マガジンです。毎週金曜日更新。2021年5月19日、書籍発売決定!

    • フローレンスのメンバー勝手連
      フローレンスのメンバー勝手連
      • 86本

      フローレンスのメンバーたちが個人で発信しているnoteをゆるっとまとめました。記事の内容はいずれも個人の見解です!フローレンスについて詳しくはこちらをご覧ください:https://florence.or.jp/

    • すべてのマガジンを表示
固定された記事

Best 12 / よく読まれた私のnote

こんにちは!前田晃平です。 現在「親子にまつわる社会問題を解決する」をミッションとする認定NPO法人フローレンスで働いています。仕事の中で見えてきた社会問題に関す…

貧困に追い込まれる親子と、外交安保一筋だった政治家の話

終わりの見えないコロナ禍。多くの人たちの生活を窮地に追いやっています。とりわけ、母子家庭の親子が苦しい状況です。 母子家庭(世帯)の相対的貧困率(可処分所得が全…

社会は「変わる」のではなく、変えるもの。みんなで、変えるもの

> 光文社新書note読者の皆さまへ 私たちが働きながら子育てができるのは、保育園や幼稚園、そして、学校の先生たちのおかげです。先生方が真摯に向き合ってくださるから…

政治が掲げる「家族の多様性」は、当事者の切実な悩みを、解決できているだろうか

俺たちの明石市が、また、やってくれた。 2021年1月8日から、「 明石市パートナーシップ・ファミリーシップ制度 」がスタート! 届出者の戸籍の性別やSOGIE(性的指向・…

「子どもたちを守る」が意味するもの

今回は、ちょっと、想いにまかせての投稿になります。 先だって、1月7日、政府は再び東京を含む一部の地域で緊急事態宣言を出しました。ただ、今回は国も都も、保育園の休…

「マタニティを応援するマーク」で、ママたちをさりげなく応援する。ネガティブな声には、ポジティブな行動で闘うのだ!

先日、育休中に娘と電車に乗ったら舌打ちされた話をアップしたところ、大きな反響をいただきました。本当にありがとうございます……😭 ウッ 今回は、この後日談を共有させ…