読み返したいnote

307

失うことで、気づくこと

僕には今年で94歳になる祖母がいる。 実家で出ているから、会えるのは週末、月に2回会えればいい方(今は帯状疱疹で苦しんでるらしい、頑張れ)。 祖父が他界してからは、祖母は泣くことが多くなった。 認知機能が低下してきており、短期記憶の保持や感情の抑制が効かないことも影響はしているけど、…

どうしてフィルム?

前々回で引っ張ってからずいぶん時間が経ってしまった。引っ張りすぎた答えがここに(にやり)。 フィルム、ずっとやってみたかったんです。 なぜかというと、デジタルで素晴らしい写真を撮られてる方々がフィルムも撮られてるから。フィルムってランニングコストかかるでしょ?なのになぜ?デジタル…

じぶんの"want"の見つけ方 (じぶんの感情がわからないひとは、スターを集めようという…

これは、「月刊・自己肯定感」のほうに入れようとおもったんだけど、ここ最近、ぼくの身の回りにこの「じぶんの本当の感情がわからない」問題に悩まされているひとがあまりにも多くて、みんなに読んでもらいたいから通常noteに書くことにしたよ。 「感じたとおり、感じよう」というノートにも書いたけ…

インターネットから発信する人が消えたら。|のんびり屋の私とひねくれ者でストイックな…

これは私の中にある矛盾したふたつの意識を言語化するために書いた日記です。 本当はもっとデカイことやりたい。でものんびりした生活も送りたい。 そんな相反する感情たちを、どちらも否定することなく書き残してみました。 わたし「悲しい事件があったよね」 私「そうだな」 参照:http://buzz-pl

「好き」に素直になるために

どうやら私は、何かを好きになる能力が人より長けているらしい。 『好きになる能力』なんていうと、努力したり意識したりして好きになっているように聞こえるけれど、厳密にいうと『好き』のハードルが低い。 さらに言えば、普通は無関心から気になる、そして徐々に好きになっていくのだと思うけれど…