taeko

Every path is the right path

taeko

Every path is the right path

    最近の記事

    死にたいときに出てきた氣持ち

    わたしは今まで 「何回も、あ、死にたいな、 でも死ぬ勇氣すらもないな。 わたしって駄目だな。 価値が無いな。」 って思ってしまうときが 何度もありました。 今日も午前中、 そんな氣持ちになるほど 過呼吸だったり 一人で部屋にいるときに 追い詰められていました。 どうやって死のうか、 死んだあとどうなるのか、 色々考えに考え尽くしたあと 呆然とし、 「すべてが やさしい世界だったな。」 とノートに書きました。 やさしくないのは、 自分を殺そうとしている 自分自身だけでし

      • 憧れのYUKIちゃんの

        出身地の北海道にいる、 ということに、2ヶ月ほどいたのに、 昨日やっと氣づきました。 と思ったら昨日はYUKIちゃんの アルバム発売日だったみたい。 高校生の頃に なんだこの人は!! とそのパンクっぷり、 変人っぷり、 そして超可愛い姿に 間違いなく恋焦がれ、 憧れを抱いた存在でした。 10月いっぱいで、 ホテルの清掃のバイトを終えて、 わたしはなぜ北海道に来たのだろう? 弟に会うため?幼馴染に会うため? 皆んなと過ごせた時間は あたたかくて涙出るほどだった。 昨日レン

        • 美しい森を見て思ったこと

          巨人じゃなくて、 人間で良かったなと思う。 きっと巨人だったら あの山の木々を 何も氣にせず 踏みつけていただろうし。 あの森の中に入って お腹いっぱい氣持ち良い空氣を 吸えるのは 木より身長が低い 人間だからできるのだなあ。

          • きょうのエッセイ

            生きているんだけど 生きていないような感覚 用意された建物 用意されたお店 もともとそこにあったのかな? 誰かが作ったのだろうか。 わたしたちは無意識に吸い寄せられて。 旅をしていると 不思議な感覚がある。 みんなその場所で家があって 学校があって働く場所があって そうやって暮らしている。 わたしはここに来てまだ一ヶ月も 経っていない。 これから先ずっといるかも 分からない。 同じ人間なんだけど きっと同じ人間じゃない。 そんな感覚がある。 比べるとそんな感覚になる

            コンドームがあった

            いきなり生々しいタイトルでごめんなさい。 きっとSex And The Cityよりも 生々しいお話なので、 苦手な方はそっと画面を閉じてください。 今働いているホテルには 結構修学旅行生が来るのですが、 いつもお菓子とかペットボトルのゴミが多く いつもみたいに仕分けていました。 すると、あ、これってなんだっけ、、、 あ!コンドームだ。 と、コンドームを発見したのです。 いやいや。。と信じたくなくても パッケージやら袋やら、どんどん出てきます。 わたしがコンドームを見た

            #1 振り返り たびのはじまり

            こんにちは! 実は今日から、 去年から始めた旅を 少しずつ写真と一緒に 振り返っていければと 思っています。 2021年の3月に鬱の初期症状と 診断され、 その前後は絶望的な氣持ちで 日々を送っていました。 家族との関係も 今までずっとガタガタに感じていて でも、こうやって部屋に うずくまっていては 何も変わらない。。 とブレスワークや、 ムーブメントメディスンの ワークショップに出掛けました。 よし、と一念発起して、 石垣島行きのチケットを取りました。 そこから始まり

            駄目と思える自分こそ愛おしい

            こんにちは! 日にちが少し空いてしまいました。 ここ最近は、連日働いており お金稼ぐぞおー! と自分に鞭打って頑張っていたのですが 昨日くらいから熱と喉の痛みと鼻水と 腰の痛みが急に来て、 勇氣を出して早退しました。 今日も休んでいます。 なんかこう、 どうしても完璧にしたいという氣持ちが いつも拭いきれないのです。 完璧にしないと、迷惑をかける、とか 上司に嫌われないようにしないと終わりだ、とか 現在、チャクラの勉強をしているのですが、 自分の身体の不調と照らし合わせ

            ただの人間で

            ただの人間でいよう。 "あの子は特別だ" "あの子は何か持ってる" そうやって思われないと 自分は価値が無いと思い込んでいた。 だから、特別なフリをして 何も口に出さず、 ミステリアスを装っていた。 でもその作戦は、後々自分を苦しめた。 だから、口に出そう。 声として届けよう。 あなたの等身大の氣持ちを。 それがいくら恥ずかしくても 拒否されると思っても あなたの氣持ちを 声に出そう。 わたしの1番の課題です🌞 今日は、仕事を任され過ぎて 上司?先輩?の前

            ホテルの裏方の仕事で感じること

            こんばんは🌙 わたしは今、北海道に来て、 ホテルの裏方の仕事をしています。 お客さんたちがチェックアウトをしたあとの シーツをはがしたり、布団を元に戻したり 仕分けをしたり、ゴミの分別をしたり。。 そんな感じです。 その中で、わたしが日々感じることは ゴミの多さ、です。 これはどこの大型施設や飲食店なども 同じだと思うのですが、 凄まじい数のゴミさんたちが 日々集められています。 今では、アメニティを部屋に置かない ホテルも沢山出てきていますが、 わたしが働かせてもら

            生理で生まれ変わる

            生理痛の山場が過ぎて 雨上がりの晴天みたいな 氣持ちになっています。 やはり、生理というものは 1ヶ月溜まってしまった感情や 我慢してきたことなどを 全部外に出してくれる 本当にすごいものだと感じます。 でも、その我慢や溜め込むこと。 それって癖にしてしまうと わたしみたいに生理痛がひどくて 起き上がれなくなったり、 病氣と呼ばれるものになってしまったり するのだと感じました。 だから、生理、子宮の力だけに頼らず わたしたちがもつ声など、表現する力、 それらで、思ってい

            与えられた時間

            今日は生理がやっときて、 生理痛がとても重かったです。 仕事の最中に、 ああ、辛い、休みたいなあ〜〜 と思っていたら、誰もこなくて 一人で少しだけゆっくりできる時間が できたりすることが多くて、 ああ、この時間、プレゼント されているなあ☺️ と嬉しく、ありがたくなったのでした。 3年前までは薬を飲んで、 痛みを消して仕事をしていました。 でも、この痛みを無視することや 抑え込むことは、とてもとても 違和感を感じていた自分を覚えています。 だから、今みたいに薬を飲まなくな

            自分の内なる力で立ち上がる

            こんばんは🌙 1日、いや2日?更新が空いてしまいました。 新しく派遣の仕事を始めまして 10月の末あたりまで なかなかのハードワーク、体力仕事ですが 自分なりに楽しみながら 学びたいです。 そして先日、弟に会い、 話をしてきました。 色々話をしていく中で ああ、わたし、正社員をやりたい という氣持ちから、 色んな理由をつけて逃げていたな ということに氣がつきました。 一度でいいから、正社員を 経験してみたいと思ったのです。 チャクラでいうと、第一チャクラに 当たるの

            人任せの人生ほど

            こんにちは。 昨日、弟をご飯に誘って 色々話を聞いてもらいました。 彼は客観的に物事を見ることのできる人で 本心、核心に触れようとせず ぐるぐるしているわたしに 色んな言葉をくれました。 今までの自分の人生を振り返ると 全て感情で物事を判断し、 決めていたことに氣づかされ 目標を掲げるにしても 手の届かない無謀すぎる目標を掲げ 途中で糸がぷつんと切れることばかりでした。 絵を描いているものの、 朝から晩まで描き続けるまでの ハングリー精神は無く、 趣味として楽しんでいまし

            依存することの意味

            依存について。 わたしは依存体質を持っていて 目の前の人間からの評価や 甘いものを食べすぎることなど 執着、喉から手が出るほどほしい ということが多くあります。 以前よりも少しだけ、 客観視ができるようになりましたし 依存しそうになったら 一度、待てよ、と内観ができるように 少しだけなりました。 でもまだまだあるのが ・こう思ってほしい ・自分は大丈夫だと思わせてほしい ・わたしもあなたみたいにすごい人間になりたい ・わたしを特別な人間だと思ってほしい ・不安を消してほ

            身近な存在の写し鏡

            ---------------- 画像のクッキーを見て思い出したのですが 宮崎のシンガー、まこちゃん の 「クッキーのうた」が大好きです。 SpotifyやYoutubeなどで聴けたり MVを観れたりするので、 是非聴いてみてください♩ https://youtu.be/wWWLEc5ENV4 ↑こちらは、「瓶詰めのフラワー」という曲。 出だしからがっつり心を掴まれます。 ソウルフルで優しい歌声に 癒されること間違いなしです。 そして超チャーミングで優しい方です🤤 --

            男性性と女性性○

            こんにちは♩ お元氣ですか? 今日はジャーナリングを沢山して 男性性と女性性の会話が出てきました。 可視化してみると、 バチバチに喧嘩しているんですね😂 きっとそれが形となって現れたものが 母と父の関係性でしょうし、 わたし自身のパートナーシップだと 思います。 俯瞰して見てみると、 男性性の方は、世間の目をすごく氣にしていたり、そんなんで本当に大丈夫なのか?とか、傷つけたくないとか、もっと普通の人らしくして欲しいとか、そういう不安や恐怖の声でした。 女性性というと