見出し画像

【新年初登庁と2021年の抱負】

1月4日仕事始めです。会派の顔合わせ、緊急事態宣言発令された際の対策など、会派で会議を行いました。
本来であれば、街頭に立ち、ご挨拶をさせていただく予定でしたが、コロナがさらに感染拡大が続いておりますため、
この場にて、「2021年の今年の抱負」を神薗まちこ議員と映像から配信させていただきます。




これまでに感じてきた重要事項を今年の抱負に3点掲げております。昨年のPDCAで振り返りをした点に加えて推進していきます。

1.町会運営をネクスト町会へ
昨年より町会役員として活動している中で、町会の重要性や地域コミュニティの根幹にあることを実感しました。
しかし一部の役員の方以外に活動が伝わっていないのでは?と感じます。自主防災、地域清掃、お祭り、運動会、年末夜警等、様々な活動で地域を支えてます。まずは課題を整理し、誰もが参加したくなる町会運営を提案していきます。※ちょっと時間がかかりそう。

2.心と身体の健康づくり
コロナをきっかけに巣ごもり、リモートワークなどが新しい生活様式になりました。子ども〜高齢者、障がいの有無に関わらず地域で身体を動かす機会の一歩を提案したいです。

3.官民連携スタートアップエコシステム
これまでも渋谷区は事業者や大学と協定を結び等、積極的な地域連携をカタチにしてました。しかし、まだまだ連携できるパートナーは沢山います。行政課題を民間ねチカラを借りて、成功事例を沢山生み出す後押しをして参ります。


引き続き、「地域のチカラで、地域を育てる渋谷へ」をテーマに
渋谷区に住む人・働く人が主体的に関わりたくなる区政活動に尽力していきます。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
4
渋谷区在住、2児の母。 盲導犬育成支援団体にて視覚障がい者の社会進出や自立促進をサポート。その後、子育て世代が多様な働き方を選択できる社会の実現を目指し「NPO法人代官山ひまわり」を創設。7年間の代表を経て、令和元年5月より渋谷区議会議員。co-ba ebisu入居中。