見出し画像

デザインスタジオBakken & Bæckのエキスパートと語る、未知のものを探求する価値とは

Y+L Projects

Bakken & Bæckより、コンテクスト・リサーチ・ヘッドのアメリー(Amelie D)さんと、ライター兼リサーチャー兼パートナーのアイリス(Iris C)さんにエージェンシーとスタジオが、新興のハイテク産業の中でどのように大きな問題に対応できるかについて話を聞きました。

Kron project © Bakken & Bæck

我々YLは様々な業界の多種多様なクライアントとお仕事をする機会がある中で、これまでの数年で、クライアントが求めるニーズに合致したサービスを提供することは常に大きなチャレンジであると同時に、エージェンシーとして成長する非常に大事な機会でもあることを感じる。

然るべき書類の山にサインをして会社を立ち上げてからこれまでの数年間、私たちの仕事、すなわち、クライアントにいかに価値を提供するのかは、かなりオーガニックな方向にシフトしてきている。若い頃には『将来』こうなりたい、という夢いっぱいのイメージがあるかもしれない。しかし実際にイメージ通りになるかどうかと言うのは、全くの別物である。

クリエイティブ業界は、新しいアイデアを探求したり以前は考えられなかった問題の解決策を試行錯誤しながら、新たなフォーメーションや進化のステージに移行し成長するための衝動によって突き動かされていることは間違いない。

他のエージェンシーがクリエイティブの進化のためにどのようなアプローチを取っているのかを探るために、オスロ、アムステルダム、ボン、そしてロンドンに拠点を構えるテクノロジー主導型のデザインスタジオであるBakken & Bæckより、コンテクスト・リサーチ・ヘッドのアメリー(Amelie D)さんと、ライター兼リサーチャー兼パートナーのアイリス(Iris C)さんにお話を伺った。

Bakken & Bæckサイトとインスタグラムはこちらです
サイト: bakkenbaeck.com
インスタ: @bakkenbaeck

Bakken & Bæckのオフィス

どのクライアントが新たな機会を見出すかを通じてテクノロジーを開発することが彼らの主なミッションである。とは言え、業界をリードするデザインスタジオがいかにしてこのチャレンジに立ち向かい、新しい技術の種をまく研究はどのように形成されるのか?我々は(そしてもちろん、これを読んでいるあなたにとっても)ラッキーな事に、アイリスとアメリーからそんな難題をこなす限界突破スタジオでの業務経験について、ヒミツを聞くことができた。

・・・

2022年12月、Bakken & Bæckの研究チームは、最新の研究サイクルの成果として、「Machine Windows」と題する論文を発表しました。潜在空間からの眺め このプロジェクトは、未知のものを受け入れ、過度に単純化することを避ける方法で、生成機械学習の可能性と複雑性を探りました。
イントロダクションの論文で説明されている通りです。

「複雑な計算システムが構築した世界を想像し、記述し、理解するために、私たちはブラックボックスのような比喩に頼る(2)。ブラックボックスの心象は(当然!)深層学習プロセスが人間の認知では本質的に考えにくいことを伝える一方で、それが捉える計算の複雑さを縮小、単純化、不明瞭化し、我々を主体性のない、さらなる理解が望めないユーザーとして位置づけている。」

そうすることで、このプロジェクトは、Machine Windows:人間とコンピュータの論理の間の障壁を認めつつ、それを見通すための何らかの手段を提供するインターフェースを開発したのです。

こちらから(英語)論文をご覧いただけます。こちらからプロジェクトとインターフェイスを探索することもできます。

・・・

まず、簡単な自己紹介とBakken & Bæckでどのようなお仕事をされているのか教えてください。

アイリス(IC):私はBakken & Bæckでパートナーとしてお仕事をしていて、ライター兼リサーチャーです。具体的には、コミュニケーション戦略のイニシアチブを取り、私たちを取り巻くキーとなる重要な問題や疑問を、誰もが共鳴できる物語へと変換するための新たな方法を提案する役割です。

アメリー(AD):私はBakken & Bæckでコンテクスト・リサーチのヘッドを務めています。スタジオ全体として、私たちが新しいテクノロジーに関して抱えている大きな問題を調査するのに役立つよう設計された、探索的で内部主導のプロジェクトとイニシアチブの開発をしています。

Coinbase project © Bakken & Bæck

Bakken & Bæckについてもお伺いします。何をするスタジオで、また成り立ちやどのようなビジネスモデルなのか等をお聞かせいただけますか?

IC:Bakken & Bæck(BB)は2011年にトビアス・ベック(Tobias Bæck)とヨハン・バッケン(Johan Bakken)によって創立されました。二人の出会いは、トビアスが何年もの間ヨハンと一緒に仕事をしたくてNGOで働いていた時のことです。とあるプロジェクトで、ついにその夢が叶い、二人の初の共同プロジェクトが成功したことで、その後すぐに独立してデザインエージェンシーを始めることを決めました。

Johan Bakken and Tobias Bæck. Photo: Francesca Tamse.

以来、その時々で形や方向性を変えながら、ゆっくりと着実に、今日のチームへと成長を遂げてきました。現在では、世界中で80人以上のメンバーを抱えるチームとなり、メンバーそれぞれがデジタルのものづくりへの無条件の愛と、ウェブの世界での可能性の限界を押し広げたいという野心を共有しています。

お二人が担当されている業務は会社でもコンテクスト・リサーチの分野に特化されているようですが、コンテクスト・リサーチとは何ですか?そして会社全体のエコシステムにおいて、どのような役割を担っているのでしょうか?

AD:リサーチチームとして、スタジオ内に留まらず、より広範な新しい技術環境内で発生するテクノロジー主導の疑問を調査します。この調査は、内部調査プロジェクト、ワークショップやインタビュー、外部研修、公開イベント、またはその他の現在模索中の方法を含め、あらゆる形式とることができます。

なぜそのような調査をするのかと言うと、クライアントとのプロジェクトだけでは完全に解き明かせないトピックの解明にも繋がるからです。これにより、新しい技術環境における大きな問題に積極的に取り組み、新しいコラボレーションのモードをテストし、複雑なトピックを通じて我々独自の方法を見つけるのに役立っています。

Trall project © Bakken & Bæck

IC:会社としてのBBのエコシステムにとってどのような位置付けなのかと言う点では、まず言える事は、私たちはクライアントのために働き、クライアントのニーズに応えると言うことです。私たちが提供しているサービスは、特定の業界やテクノロジーやプロセスにフォーカスしているのではなくさまざまな性質のプロジェクトに関連しているため、BB全体のピンポイントにどのような位置付けなのかと言うのは、不可能とは言わないまでも、非常に難しいです。BBはデザインスタジオなのか?それともソフトウェアの開発企業なのか?そうではなく、イノベーションラボ?このようなポジショニングに関する質問は私たちを悩ませることもありますが、同時に、答えがないのには理由があると言うことです。

本質的に、クライアントが新しいテクノロジーの開発によって新しいチャンスを見出すのをサポートすること、相互作用の新しいモードの設計、新しいビジネスモデルのアウトラインを描くこと、新しい作業方法の提案により新境地を開拓することはとてもワクワクします。コンテクスト・リサーチは、こうした目新しさでもあり、私たちなりの絶え間なく変化するBB『らしさ』であると同時に、私たちの仕事を取り巻く問題や複雑さに対処するものでもあります。 私たちは先を見据え、柔軟性を保ち、混沌を受け入れる必要があるのです。

会社がこの特定の部署を構える動機は何でしょうか?

IC:デザインスタジオとしての成長と進化を望むのであれば、扱うテクノロジーが有する多くの課題と機会に向き合う必要があります。自分自身に質問を投げかけ、自分たちのやり方で取り組むことによって、自らの足でしっかりと立ち、そこにある傾向や機会に沿って行動し、対応する準備ができます。

Bee Home project © Bakken & Bæck

お二人は「実践的なプロトタイピングと他のメーカーとのコラボレーションに取り組んでおり、BBのようなスタジオ内での自己主導型の実験的なデザインによる研究が果たすことができる役割を模索している」とのことですが、日々や週毎の日常業務レベルでは、実際にどのようなことを指すのでしょうか?

AD:私たちの研究活動にはさまざまな形式がありますが、2022年は間違いなく広範なリサーチプロジェクトの年でした。

リサーチプロジェクト中は、目前のトピックについての調査や執筆から、調査のためのフレームワークを開発すること、関連分野の関与の調整、そして私たちが取り組んできたことをより広く共有する方法を見つけることまで、あらゆることを行っています。

リサーチプロジェクトやその他の特定のイニシアチブ以外では、ペースは異なります。私たちは全スタジオメンバーと協力し、今後の課題を設定し、目標と優先順位を定めることに重点を置いています。そういった時には、何を学び、何を生み出し、どのような疑問やアイデアをさらに発展させたいのか等、より広い視野を持って物事を見ることを心がけています。

Samsolgt project © Bakken & Bæck

リサーチの対象はどのように決めているのかについてもお聞かせいただけますか?主な触媒は何でしょうか?社会や働いている業界など、より広い意味で問題や疑問が生じていると思いますか?

AD:リサーチサイクルのトピックは、さまざまな場所から発生する可能性があります。ある時はクライアントのプロジェクトで生じた問題から、またはスタジオで生まれたアイデアやトピック、その他にもよりよく理解したいと望む新しい技術分野の新しいトレンドなどから研究が始まることもあります。

これらのトピックのどれを追求するかを決定することは、共同作業であり戦略的な作業です。私たちはエキサイティングな疑問を伴い、複数の分野の人々にクリエイティブな挑戦を投げかけ、スタジオとしてどのように成長したいかと言う部分に絡んでくるトピックを求めています。私たちにとって良い研究分野とは、これらの3つすべてを持っている分野です。

Ruter project © Bakken & Bæck

2022年の研究の『サイクル』について触れられていましたが、もう少し詳しく教えてください。今年のトピックはどのように選ばれたのか、そしてこれらのトピックの研究の進捗の現在地について教えていただけますか?

AD:私たちは、研究活動へのより戦略的かつ構造化されたアプローチの必要性を感じているので、『サイクル』で作業することにしています。つまり、1回限りのイニシアチブや調査ではなく、定められたサイクルを使用してスタジオとして夢中になっているトピックのより的を絞った調査のための余力を少しばかり確保しつつ、フレームワークを作成しています。

ブラックボックスのローミング(Roaming the Black Box)と呼んでいる第一のサイクルは、機械学習システムについての考え方と関わり方の新しい方法を探求することです。私たちの目標は、人々が生成型機械学習システムについてもう少し理解を広げるための魅力的でインタラクティブな方法を見つけること、そして私たちが日々依存度を増しているにも関わらず、理解度は反比例しているこれらの複雑なテクノロジーへの突破口を開くことができるようにすることでした。Stimuleringfondsのビルディング・タレント・ファンドの支援を受けて、機械学習の研究者であり、現在協業中で近く公開予定のインターフェースを開発したClaartje Barkhof氏と一緒にレジデンシーを運営することができました。

第二のサイクルは、不安定なweb3の世界、特にDAO(分散型自律組織)の調査でした。 Web3空間への過剰な期待と根拠のない自信を正しく導くことは不可能であることがわかったので、私たちは実践的なアプローチを取り、それが何を意味し、DAOを実行するために何が必要かを自分たちで見つけようと考えたのです。

現在、まだこのサイクルから学んだことを集めて抽出している過程です。

上記のビデオはSPACE10とBakken & Bæck制作です。「Everyday Experiments」は、先端技術を使ったクリエイティブなプロジェクトを紹介し、空想と現実の架け橋となることを目的としたイニシアティブです。

リサーチプロジェクトの「完了」とは、どのような時ですか? 

AD:アイリスと私の役割で二人に共通する重要な部分は、リサーチサイクルの枠組みを定義することです。つまり、何を調査し、どのようにアプローチし、どのような結果を求めているのかを明確にします。各サイクルに関与するチームと協力し、各イニシアチブの条件を事前に定義し、明確にするために最善を尽くしています。

もちろん、常に計画通りに進むとは限りません。この種の仕事には多くの未知が伴います。これらのプロジェクトのステータスを評価する際の重要な基準は、『学ぶために設定したことを学んできたか?』です。設定した通りに学べている場合は、プロジェクトの「完了」が見えてきます!

På(fyll) project © Bakken & Bæck
På(fyll) project © Bakken & Bæck

インタビュー前半で、テクノロジー主導のデザインスタジオを運営する上での課題についてお話しいただきました。 社内のさまざまな知識を持つメンバーの間で、それぞれの異なる『言語』を伝達、翻訳できるという点が問題になることがあるとのことでしたが、それについてもう少し説明していただけますか?

IC:私たちがデジタル設計したものが自分のチームの手を離れてどのように実装されたかを見た時に、新しいテクノロジーが私たちにとって重要になりました。各チームを隔てる垣根を一斉に取り除き、設計志向のフロントエンド、バックエンド、モバイル、機械学習、ブロックチェーン、および空間コンピューティングのエンジニアで構成される社内チームを構築し、その一方で設計チームはますます技術志向になりました。

私たちが扱うテクノロジーはますます複雑になり、その採用スピードはここ数年で加速しています。この傾向は、新しい類の信頼と、人間と機械のシステムの間に新たに出てきた境界を求めています。これらの境界は、人々の言語、行動、およびニーズが機械のニーズを満たすところに存在します。テクノロジー主導のデザインスタジオとして、私たちは両方の側面を理解する必要があると思っています。両方を理解することは、それぞれの言語の丁寧な翻訳によってのみ可能です。

Color mapping to 29 LEGO® colors, blog by Philipp Gross © Bakken & Bæck

Bakken & Bæckでは、これらの言語をどのように『翻訳』または『伝達』していますか?複雑なアイデアやテクノロジーベースのコンセプト、および研究プロジェクトを、技術にあまり詳しくない一般のオーディエンスに伝えるための戦略は何ですか?

IC:私たちのプロジェクトはしばしば複雑で、幾層もの段階に分かれていて混沌としています。すべてを理解するためにも、自分たちの仕事について誰もが理解できる言語で話すように心がけています。これは継続的な課題です。チームやクライアントと話す際は、先入観や専門用語を避けて他の人の言うことに注意深く耳を傾け、相互理解を深めることを目指しています。時には、これはチームとして時間をかけて独自のものにすることで、用語を再定義しなければならないことを意味します。

とは言え、私たちが複雑さを避けているという意味ではありません。逆に、知識のギャップを認識し、それらを拡張して状況のより細かなニュアンスの部分までを含んだ見方を作成します。コンテクストリサーチはそのためのひとつの方法です。謙虚になり、好奇心を持って疑問に取り組もうとしています。私たちの目標は、完璧な答えを明確にすることではなく、私たちが目にする課題に触れ、クライアントと私たちの両方が実現できる方法で課題を翻訳することです。言葉、イメージ、経験のいずれを通じてだとしても、結局はコミュニケーションが重要なのです。

Ruter project © Bakken & Bæck

少なくとも外部からは、Bakken & Bæck はクライアント向けの商業プロジェクトだけでなく、社内プロジェクトにエネルギーとリソースを集中させ、内に目を向けることに非常に情熱を注いでいるように見えます。内部で働くメンバーとしても、そのように思いますか?このイデオロギーはどのようにして社内に浸透したのでしょうか?

IC:BBは常に、個人が各自の視点と経験を議題に上げるための環境を用意し、開放性、好奇心、そして矛盾を受け入れる企業文化を構築してきました。私たちは、新しいテクノロジーとさまざまな要素を組み合わせることで作用することができる多くの方法を検討し、チームが多角的な視点を持つことを積極的に奨励しています。過剰な期待や憶測を超えて真の価値を発見し、古くからの疑問に対する新しい解決策を策定するには、これが唯一の方法であるという共通の信念があります。

多くの技術的発明は、偶然やありそうもない組み合わせ、または幸運なアクシデントから生まれることを私たちは知っています。多くの場合、クライアントプロジェクトでは予測可能性が必要になるため、この種の実験を行う余地があるとは限りません。そのため、独自の方法を作成することにしたのです。もちろん、これらの内部プロジェクトの多くは日の目を見ることはありませんが、自分の考えを表現し、私たちが探している新しい言語や手段を集合的に定義し、それをクライアントプロジェクトにフィードバックするための場を作り出しています。これでうまくいく場合もあります。そうでない場合もありますが、私たちのようなコマーシャルスタジオでは、バランスを取りながらやっていく必要があります。

Seen chat space © Bakken & Bæck

社内プロジェクトを作るメリットは何だと思いますか?

AD:多くの点で、これらの内部プロジェクトは既存の枠にとらわれずに物事を考える機会を与えてくれます。例えば、実験して遊んだり、自分自身の疑問や学習に集中したり、共同作業の新しいモードや星座をテストしたりします。そういった事が私たち自身の言葉で探求し、トピックに対する自信と展望を育む機会を与えてくれます。そして、これらのより広い考察と応用学習を他のプロジェクトに活かすことができるのです。

読者の方がBakken & Bæckやお二人の仕事についてもっと詳しく知りたい場合は、どこで情報が得られますか?

IC:bakkenbaeck.comにアクセスしてください。InstagramTwitterLinkedINのアカウントでも最新情報を更新しています!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!