見出し画像

読書感想文はマーケティング視点で

ちびこ

先日noteのイベント
「みんなで読書感想文を書く会」に参加しました。
その際に、あれ?これって
とってもマーケティングに似ているなあ、
と思ったことがありましたので、
備忘録に記します。

10月24日は別のイベント「伝わる文章のコツは?」
をオンラインで視聴させていただきました。
三宅さんが、感想文のコツをお話なさっているときも、
何だかマーケティングのお話されているみたいと
思ったのが事実。

イベント当日は、こんなフォーマットに、
自分の感想を書いていきます。

このフォーマットを見ながら、
あれ?これってば
新商品やブランドをつくるときのフォーマットと
似ているぞ、と気付きました。
自分なりに整理してみると、下記の比較の通り。

画像1

よくよく考えてみると
読書感想文であれ、製品であれ、サービスであれ。。。。
何かを伝えるということは
マーケティングであって、フレームは同じ
なのだと。

気付くと意外とシンプルで。
でも文章を書き始めると、
そんなことはすっかり忘れて
だらだら書いてしまったりする。
それはそれで、間違いではないのでしょうが、
今回学んだ読書メモを参考に
マーケティング的な意識をもって望むと
更に人に伝わりやすくなるのかもしれません

そして当日書いたメモに基づく
読書感想文は、まだ完成しておらず、
この読書週間の間に
なんとか書きあげたいと思っております!

最後までお読みいただきありがとうございました。
何かのヒントになれば、幸せです。

この記事が参加している募集

読書感想文

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!