石川泰昭

https://www.yasuakiishikawa.com 作曲家。愛知県立芸術大学院修了。 映画、舞台など映像に合わせた音楽や、ピアノや電子音が混ざったポストクラシカル系な音楽を制作。実績は、KinKi Kids25周年ドーム公演や鉄拳「誓い」、文化庁メディア芸術祭など。

石川泰昭

https://www.yasuakiishikawa.com 作曲家。愛知県立芸術大学院修了。 映画、舞台など映像に合わせた音楽や、ピアノや電子音が混ざったポストクラシカル系な音楽を制作。実績は、KinKi Kids25周年ドーム公演や鉄拳「誓い」、文化庁メディア芸術祭など。

    マガジン

    • 不思議な童話

    • 映画音楽分析シリーズ

      様々な映画の音楽を分析していきます。

    最近の記事

    詩『通り雨』

    一瞬、何かがよぎった気がした あ、通り雨だ 誰かが叫んだ 声が、すっと遠くの方から来たかと思えば、通り雨がかき消してった あの通り雨は、どこから来てどこへ行くのだろう 眠くなっても、眠らないのかな ずっとどこかへ向かい続けているなんて、可哀想だ 通り雨だって、きっと眠くなる事もあるに違いない でも、常にどこかへ向かっているなんて素敵な事だと思う 私は、どうして通り雨になれないのだろう いつもこの場所に居続けている でも眠くなれば眠る事もできる このおん

      • 映画音楽分析3•••入江悠監督「22年目の告白- 私が殺人犯です-」におけるノイズミュージックがもたらす効果

        はじめに こんにちは、作曲家の石川泰昭です。 今回は、入江悠監督「22年目の告白-私が殺人犯です-」の映画音楽を分析していきたいと思います。 音楽は、横山克さんが担当。映画全編でノイズを用いて作曲しており、かなり挑戦的な映画音楽となっています。 冒頭13分くらいからの回想シーン「牧村刑事が犯人を追い詰め、取っ組み合いになり銃で犯人の肩を撃つ場面」を分析していきます。 分析 牧村刑事達2人が見張っている場面に、犯人が現れるかも?という緊張感や不穏な雰囲気を出すための

        • 童話「ウソツキツツキの鳴く島」

          そこは、いつも霧に包まれた不思議な島。 ウソツキツツキが「ソーツキ、ソーツキ」鳴き、本の鳥が羽ばたき、みかんジュースの瓶の音がする雨が降ります。 もぐらのグラは、雨がやんだ後の森を散歩しながら森の声を聞くのが好きでした。 その日も、いつものように月の光を道しるべに歩いていました。 クリームソーダ色した風が、時折グラのひげをかすめては、闇に消えていきます。 グラは、明日を探していました。 もぐらのグラは、いつも地面の中にばかりいるので、いつしか根暗になってしまってい

          • 映画音楽分析2・・・細田守監督「おおかみこどもの雨と雪」 高木正勝の音楽の特徴と映像との関係

            はじめに こんにちは、作曲家の石川泰昭です。先日、「Yureru」という作品をリリースしました。 ピアノとエレクトロニクス、ピアノソロバージョンの2曲です。 良かったら聴きながら、読んでください。 Spotify https://open.spotify.com/album/0pjirzQbTk3nEh4m573C5b?si=uRoB90ftSTqkQ2ZPmexPCA&dl_branch=1 Apple Music https://music.apple.com/jp/

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 不思議な童話
            石川泰昭
          • 映画音楽分析シリーズ
            石川泰昭

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            童話「ねこのこのね」

            ねこは、いつも1人になりたがっていました。というよりも、いつも1人でした。それはさみしいからでもなく、苦しいからでもなく、ただ眠たかったから。 誰にも会わず、ずっと眠っていたかった。 誰にも会わず、ずっと眠っていたがった。 誰にも会わず、すっと眠りにつきたかった。 ある朝、起きたら夜でした。夜起きたのに、朝起きたと思っていた。 夜なのに朝のような、朝のような夜。 そんな日のお話です。 にゃあー。 ねこは独り言を言いました。それは、本当は独り言でなくて、実は空に向かって

            映画音楽分析1・・・宮崎駿監督「千と千尋の神隠し」 久石譲が用いる特徴的な和音や映像との関係

            はじめに こんにちは、作曲家の石川泰昭です。自主制作映画、舞台、Web CMなど映像に合わせた音楽やポストクラシカル系の作品を作っています。様々な映画のある場面につけられた音楽について分析して、noteにまとめて映画音楽について研究していきたいと思います。  少し前にリリースした僕のピアノ作品のリンクを貼っておくので良かったら聴いてください。作品は、Apple Music、Spotifyなどでも聴けます。 「千と千尋の神隠し」冒頭の和音 今回は、スタジオジブリの宮崎駿監督「

            物をよく見る

            自分が思っている以上に、無意識のうちに傷ついているのかもしれない。 思い描いている日常の生活が送れていない事に。 今はとにかく自分に優しくしていようと決めた。やらなければいけない事ができていなかったとしても責めないように。 少し前に流行っていたマインドフルネス。呼吸を意識する事で、今ここに意識を集中するというものだったと思うけど。 物をよく見ようと意識すると、普段自分がいかに物をよく見ていなかったかが分かる。 家具の木目や水道の蛇口から流れる水やそれが指に当たった

            逆さ言葉について考える

            頭の中で逆さ言葉を作る時は、言葉の文字を思い浮かべて逆にして作る。   例えば「ウサギ」という文字を思い浮かべて順番を逆にして「ギサウ」という事が分かる。 無意識のうちに頭の中にある空間に文字を書いて、それを逆さから読んで作っている。 もし文字を知らなかったら、どうなるだろう。 音だけを思い浮かべて、逆さにするなんて事は想像がつかない。 音のみではなくて、文字にする事によって、音を空間に配置して認知できる。 音の文字化は音楽でも行われている。 ドレミと