No.1 - 藤田金属株式会社

画像8

どんな会社ですか?

藤田金属株式会社は、フライパンや鍋を中心に、キッチン用品の製造販売をおこなっています。創業当初はアルミの急須や給食用の食器などをつくっていましたが、40数年前からフライパンの製造を開始。時代のニーズに合わせて、鉄のフライパンからコーティング加工されたフライパン、浅型・深型のものまで、1年間になんと21万個ものさまざまな商品を製造・出荷しています。

ここがスゴイ

①金型から、最終工程までできる金属加工会社は稀
藤田金属株式会社が年に製造する商品の数は年21万個、約800種類以上。そこまでの数と種類をつくりあげられるのは、自社で金型の制作から可能だから。さらにプレスの機械もあれば、金属を回転させながら延ばす「へら絞り」の機械、塗装の機材なども自社に揃っていて、ワンストップでの商品づくりが実現しています。そのため、要望に合わせ自在に商品の製造ができ、商品の販売価格も低コストに抑えることができるというわけです。

190912_八尾-256

※お父さんしか使えないというアナログの金型の成形機

②スピーディーにアイデアを形にできる、気軽な家族経営
「うちは会議がないんですよ。家族でしゃべること自体がアイデアラッシュになるので」と話す藤田専務。長男の藤田専務が営業やアイデアマンとして活躍し、職人気質のお父さんと、弟の2人が形にする部分を担います。海外製の安い商品が市場に多くある中、家族経営だからこその気軽さで、新しい製造にチャレンジし、企画力で商品の価値を高めています。

190912_八尾-269

持っている技術

①金型の製造ができるので、新しい型をつくれます
②「へら絞り」技術で、フライパンができます(日本に3社)
③150トンのプレス機があり、深く金属を凹ませる加工ができます

苦手なこと

①楕円形などの変形した金属の製造
②亀裂を走らせるなどの加工

つくっている主なプロダクト

画像6

フライパン
鉄フライパンからコーティング加工されたフライパンまで、多岐にわたる大きさ・深さ・デザインの商品を製造しています。多くの商品はプレス機で形を押し出す方式が取られていますが、藤田金属株式会社は「へら絞り」でフライパンをつくることができる数少ない会社。遠心力で金属を延ばしながら整形するため、プレスよりも軽い商品になるのが特徴です。また「油ならし」の必要がないハードテンパー加工が施され、木製の取っ手を外せばお皿としても使える鉄フライパン「ジュウ」が人気のプロダクトです。

工場の様子

①金属板をプレス・延ばしてフライパンの型をつくる

190912_八尾-238

190912_八尾-270

丸く切り出した金属板をプレス・またはへら絞りでフライパンの形に成形します。社内には無数の金型があり、直径や深さが違うさまざまなものをつくっています。「一旦金型をつくってしまえば、いつでも製造できるので商品が増えていく一方です」と藤田さん。企業からの要望に応え、セミオーダーでフライパン本体と持ち手をカスタマイズすることにも対応しています。

②消費者目線に立ったハードテンパー加工

190912_八尾-262

190912_八尾-260

一時期に比べて鉄フライパンの需要も上がっていますが、ネックは最初に空焚きして油をなじませる「油ならし」の作業が必要なところ。藤田金属株式会社は消費者目線に立ち、他社がやらないような、工程として負担の大きいハードテンパー加工を施した鉄フライパンを製造しています。ハードテンパー加工とは、鉄フライパンを高音の火で焼き付けて表面に皮膜をつくること。さらに油で膜をなじませることで、買ってそのまま使用ができるようにっています。

つくりての想い

190912_八尾-215

金型をつくれるので無数に商品を自社で制作できるんですが、つくりすぎてしまって一時期は値崩れを起こしてしまったことがあります(笑)。ここまで本当に順風満帆ではなかったんですけど、ピンチを救ってきたのは小さい工場だからこそできた、社員みんなでアイデアを出し合い、アイデアの力で問題を解決するということですね。

190912_八尾-279

好みに合わせてフライパン本体と取っ手の素材や色をカスタマイズし、800種以上の組み合わせを楽しめる「フライパン物語」や、デザイン会社のTENTとコラボレーションしたお皿になるフライパン「ジュウ」を開発し、企業・個人を問わず国内外にお客さまをつくることができました。

190912_八尾-247

家庭に身近な存在であるフライパンだからこそ、使いやすいことは当たり前。たとえば食卓で提供されるのはいつか、美味しく調理ができるものはどんな形か、エンドユーザーが使う光景を想像しながら商品づくりに取り組んでいます。

キッチン用品に特化しているゆえ、家庭用品のジャンルで販路をつくることは得意としています。最近では欧米・アジアでへの輸出も増えてきています。ここまで「フライパン物語」「ジュウ」とヒット商品をつくることができたので、その第三段がYAOYA PROJECTから生まれることを期待しているんです。制約を活かしながら新しいアイデアが来るのが楽しみですね。

190912_八尾-287

公式HP:http://www.fujita-kinzoku.jp/
      https://frying-pan.jp/

その他のエントリーを見る

No.1 - 藤田金属株式会社
No.2 - ホトトギス株式会社
No.3 - 有限会社大一創芸
No.4 - ラピス株式会社
No.5 - 錦城護謨株式会社
No.6 - 赤坂金型彫刻所
No.7 - 株式会社オーツー
No.8 - 有限会社ルネセイコウ

YAOYA PROJECTとは?

画像13

https://awrd.com/award/yaoya-project

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

5
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。