先行者利益のこと

最近使う言葉として前回は「リ・スタート」について書きました。

今回は「先行者利益」です。

noteにはいろんな方がいろんなことを書いてますが、先行者利益という言葉を僕に気づかせてくれたのはブログ界の大物ブロガー「イケダハヤトさん」

右も左もわからない段階でもとにかく、始めてみること。

最初は批判が多かったり、疑問視する声も大きいけど、まわりがホントの良さに気づいたときには自分は先頭を走っている

先頭にさえいれば、後発組が追い付いてくるころには別のことを始める余裕がある

みたいなニュアンスで講義するときには使っています。

注:このコラムはマガジン「2018年同時改定に向けてリハビリ専門職がすべきこと」に含まれています。200円のお支払いで続きを読むことができますが、マガジンは2000円で販売しています。マガジンにはどんどん記事を追加しますので、単品でご購入するよりはマガジン購入の方がお得です。

この続きをみるには

この続き: 1,351文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

2018年の同時改定に向けて病院、地域それぞれの領域で考えなければならないことを書いています。

または、記事単体で購入する

先行者利益のこと

やまだリハビリテーション研究所

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

フリー作業療法士として日々書いております。サポートは励みになっています。サポートなくてもお買い上げいただけますが、あると嬉しい。

ありがとうございます。コメントもらえると喜びます
4
やまだリハビリテーション研究所が運営するnoteサイト。フリーランス作業療法士 やまだ が書いています。作業療法士として書いているブログ http://labo-yamada.com から、ちょっとスピンアウトしてこちらにも少しずつ書いていきたいと考えています。

この記事が入っているマガジン

2018年同時改定に向けてリハビリ専門職がすべきこと

  • 81本
  • ¥2000
2018年同時改定に向けてリハビリ専門職がすべきこと
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。