ブランディング戦略2

ブランディン戦略(2)時間がかかるんだけどね、報酬改定には効果的なんだ

先日のブランディング戦略のつづきです。
「その1」の記事はこちら
⇒https://note.mu/yamada_ot/n/n4731ebf0d58c

地域に事業所の名前が知られるようになるには時間がかかります。

今日から始めて2週間後に地域で名前が知られているってことはありません。

半年とか1年間くらいかかると思います。

だから取り組もうとしない事業所の方が多い。目先の業務に追われてそこまでゆとりのない事業所さんが多いかな。

っていうか、介護保険事業所でブランディング戦略を考えているところってあまりないよ。

ブランディングって言葉そのものを知ってるのかな?

起業している人たちは知ってるだろうけど、普通の医療法人系の事業所の事務長とかは知らないだろうねえ。だから、ブランディングっていうのを自分たちが考えないといけないって自覚しているリハビリテーション専門職は少数派でしょう。

ブログで書いた記事なんだけどね。
「訪問リハビリ卒業の「トラブル」と「サービス適正化」と「先行者利益」」
⇒http://labo-yamada.com/?p=4807

この記事では、訪問リハビリの卒業に取り組んでいる事業者の方が、そうでない事業所よりも優秀な取り組みをしているはずなんだけど、終了されるのを良しとしないケアマネがいるってことを書いている。

だけど、それは間違ってるんだよね。

注:無料で読めるのはここまで。200円のお支払いで続きを読むことができます。

ただし、このコラムはマガジン「2018年同時改定に向けてリハビリ専門職がすべきこと」に含まれています。

マガジンは2000円で販売しています。マガジンにはどんどん記事を追加しますので、単品でご購入するよりはマガジン購入の方がお得です。

改定の中身は誰にもわからない

この続きをみるには

この続き: 2,019文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

2018年の同時改定に向けて病院、地域それぞれの領域で考えなければならないことを書いています。

または、記事単体で購入する

ブランディン戦略(2)時間がかかるんだけどね、報酬改定には効果的なんだ

やまだリハビリテーション研究所

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

フリー作業療法士として日々書いております。サポートは励みになっています。サポートなくてもお買い上げいただけますが、あると嬉しい。

ありがとうございます。コメントもらえると喜びます
7
やまだリハビリテーション研究所が運営するnoteサイト。フリーランス作業療法士 やまだ が書いています。作業療法士として書いているブログ http://labo-yamada.com から、ちょっとスピンアウトしてこちらにも少しずつ書いていきたいと考えています。

こちらでもピックアップされています

2018年同時改定に向けてリハビリ専門職がすべきこと
2018年同時改定に向けてリハビリ専門職がすべきこと
  • 81本
  • ¥2,000

2018年の同時改定に向けて病院、地域それぞれの領域で考えなければならないことを書いています。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。