見出し画像

コラム35 2024年同時改定に向けて「入院のリハビリテーションをマネジメントする」

このコラムは以下のコラムの続きです。

コラム34 2024年同時改定に向けた第1歩

2024年の同時改定に向けてリハビリテーションスタッフが実践すべきことの一つが

リハビリテーションをマネジメントすること

回復期リハビリテーション病棟でも生活期とか地域リハビリテーションの現場でもマネジメントすることが必要となってきます。

このコラムは以下のコラムと合わせて読むと、さらに理解が進みます。

コラム6 回復期リハが包括される未来と今からできる対策(2)


回復期リハ病棟らしさを発揮することの必要性

回復期リハビリテーション病棟のリハビリテーションはその名の通り病棟でリハビリテーションを実践すること。そのために病棟に多職種が配置されるような人員基準になっています。

この続きをみるには

この続き: 4,508文字 / 画像4枚

購入済みの方はログイン
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
やまだリハビリテーション研究所

フリー作業療法士として日々書いております。サポートは励みになっています。サポートなくてもお買い上げいただけますが、あると嬉しい。