yakutakeshi0527

屋久島生まれ屋久島育ちのやっくん。家事と育児と仕事の両立を模索中。愛する我が子が「屋久島を大好きだと誇れる」ように環境教育、地域づくりなど日々活動してます。NPO法人HUB&LABO Yakushima代表として、「屋久島環境教育の島プロジェクト」進行中。ゆるーく熱い島人です。

yakutakeshi0527

屋久島生まれ屋久島育ちのやっくん。家事と育児と仕事の両立を模索中。愛する我が子が「屋久島を大好きだと誇れる」ように環境教育、地域づくりなど日々活動してます。NPO法人HUB&LABO Yakushima代表として、「屋久島環境教育の島プロジェクト」進行中。ゆるーく熱い島人です。

    マガジン

    • Well-Labo

      • 5本
    • 環境系学生未来塾

      自然環境や地域、第一次産業など幅広く環境系の分野に興味のある大学生を対象にした、これからの人生をデザインする4泊5日のワークショップ型合宿イベント 「就活どうしよう」 「やりたいこととかないなぁ」 「自然とか地域のなかで仕事したいけどなぁ」 「いまいちピンとくる仕事がない」 「そもそも就職以外にも選択肢ある?フリーランスとか?」 「みんなどうしていくんだろう」 仕事のこと、将来のこと、進路のこと、家族やプライベートのこと。 きっといろんなもやもやがあると思います。 未来塾はそんな人にこそ来て欲しい。 対話を通して、様々な自分のもやもやに雑念のない環境でゆっくり向き合い、これからどう生きていくか、未来のわくわくをデザインしていく。 全国から同じようにもやもやを抱えた仲間たちと お互いに対話をしながら、素の自分に耳を傾け向き合っていく。 そんな豊かな時間をつづるマガジンをお届けします。

    • イマジン屋久島ビジョンマガジン

      • 21本

      屋久島の「次の30年」を共に考え 共に働いていく対話型共創コミュニティが「イマジン屋久島」です。 そのメンバー達の活動と苦悩を曝け出すマガジンを用意してみました。 屋久島版SDGsがどのような形になっていくのか、見守って下さい。

      • Well-Labo

        • 5本
      • 環境系学生未来塾

      • イマジン屋久島ビジョンマガジン

        • 21本

    最近の記事

    2022夏環境系学生未来塾in屋久島~感謝のつながりを忘れずに森のように生きること~

    「世界とのつながりを醸し出し 私と共に生きることを探求する 場づくり杜氏」のやっくんこと福元です。 先日のWell-Laboで久しぶりにbeの肩書きを更新しました。 さて、屋久島で11回目となる環境系学生未来塾in屋久島を2022年9月2〜6日に開催しました。 前回に引き続き、新型コロナウィルス感染拡大が治らないご時世に、こんなときだからこそ対面イベントが大学生に必要だと決断し開催。さらに今回は、台風が屋久島に迫ってくる中の臨機応変な対応や途中宿泊場所が変わるなど、例年に増し

    スキ
    7
      • 人生は冒険の日々。「できっこないを やらなくちゃ」

        「風を受け、いのちを祝う 地蔵の森」のやっくんこと福元です。 普段は冒険教育(自然体験)を提供していて、仕事柄 この夏もたくさんの子どもたち、大人たちの チャレンジを見せてもらいました。 特に子どもたちの世界には初めてのことがたくさんあらわれます。 そして、子どもたちはどんな時もあきらめないで、前に進みます。 大人からできっこないと思われることを、やりとげる彼ら。 いつも世界にひとつだけの強い光を見せてもらってます。 勇気づける立場である僕ですが、 どちらかと言えば彼らから僕

        スキ
        5
        • 拝啓もやもや学生のあなたへ〜もやもやを真剣に受け止めてくれる仲間を探してる君へ。人生の分岐点を未来塾で〜

          みなさん、こんにちは! 環境系学生未来塾 焚人&発起人のやっくんです。 大学生のみなさん、将来にもやもやしていませんか? 「関係性を再構築することで豊かさをアップデートする」をミッションに、自然×教育×地域づくりに取り組んでいます。 仕事柄、ありがたいことに0歳児から90代の人生の先輩までいろいろな方と日々ご一緒させていただいています。 いろんな方と自然の中で遊んだり、対話したりしながら人生の豊かさとはなんだろうと探求する楽しい日々。 こんな僕も学生時代はもやもやを抱えなが

          スキ
          9
          • 焚人リレーノート#4〜カオスが「なぜ」と言う問いをくれ、意味や理由(この図だと主題的命題)を導く話〜

            今年の夏の環境系学生未来塾に向けて焚人(スタッフ)でリレーノートを始めました。 始めてみたら思いのほかみんな面白いことを書いてくれていたり、自分の言葉として焚人を語ってくれりと、嬉しい会議かぎり。 そんな焚人への簡単な思いはこちらから 肩書きと役割の狭間で 3人のリレーノートを読みながら、焚人という肩書きに向き合ってくれていることに本当に感謝。 多くの指導者やリーダーは、肩書きと役割をセットで渡すと思う。 僕はあえて肩書きと在り方しか渡さず、役割は渡さなかった。 焚人の在

            スキ
            6

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • Well-Labo
            SaoRiin212 他
          • 環境系学生未来塾
            yakutakeshi0527
          • イマジン屋久島ビジョンマガジン
            イマジン屋久島 他

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            人は無くして初めて感謝を知る。日々感謝をつづけるために。繋がりの中で生きながら、感謝と共に生きる。人間として。

            最初に、この記事は個人的な記録。 立ち返るべき時に読むための忘備録。 世界に自分の思いを吐き出しておかないと忘れてしまうのではないかとの怖さ。そして乗り越えられない気がしていたのでつらつらと綴ります。 未来へ進み思い描くことへのモチベーションが最近なくなっているなと感じていた。 いろんな要因が考えられるけど、昨年まで新型コロナウィルスの影響でゆとりある時間を有意義にすごしていたのが嘘のように、今シーズンに入って忙しくさせてもらっているからもしれない。 最近良い意味では今に集

            スキ
            9

            焚き火を囲むように対話ができる”焚人”育成中

            人材養成を生業にしている中で、 いろいろなことを伝え、学び合ってきた。 生きる力を育てたい。 根底はそこにあるけれど、もっと人と人が 心地よい関係性で、場や環境と接する中で 学び合うことができないのか。 そんなことを問いとして持っている中で、 最近辿り着いた一つの人材像「焚人」。 焚人とは、 心に焚き火のような温かい心を持つ人 焚き火を囲むように対話ができる人 焚き火を囲むように、その人を中心に対話が始まる人 焚き火を囲むような対話の場を作れる人 と今のところ言葉にしている

            スキ
            4

            繋がりの中に生かされていることの感謝。感謝で人は本当のつながりを思い出す。「地球にやさしい春旅from屋久島〜生命が満たされる島時間〜」

            「風を受け、いのちを祝う 地蔵の森」のやっくんこと福元です。 新型コロナウィルスの感染が拡大してはいますが、観光の島としてたくさんのお客さんが訪れた屋久島。 GWは久しぶりに屋久島が賑わっていました。 そんな、コロナ前の日常が戻り始めている屋久島。 このまま元の自分や屋久島に戻って良いのか。 屋久島との関わりについて考える日々。 美しい屋久島を、未来へとつなぐために、わたしたちができることはなんなのか。 観光の島として、何ができるのか。 仲間と共に、これからの観光のあり方を話

            スキ
            8

            無常観合宿2022〜世界の変化の中にいながら、常にわたし自身も変化しながら世界と生きる〜

            「風を受け、いのちを祝う 地蔵の森」のやっくんこと福元です。 2022年に入り、毎月の合宿が続いていました。 1月にはイマジン屋久島合宿 2月にはコロナ感染自宅待機合宿とオンライン未来塾 3月には屋久島未来塾と無常観合宿。 今振り返ると今年になってから2週間に一回は合宿の日々。 内省の繰り返しの中で自分の深いところまでおりることができた気がしてます。 実は落ちすぎて今這い上がるのに必死なところなのですが、、、苦笑 そんな中で、ある意味令和3年度の締めくくりでもあった無常観合

            スキ
            9

            ラーニングコミュニティ。Well-Labo第一期クルー募集!

            「風を受け、いのちを祝う 地蔵の森」のやっくんこと福元です。 関係性を再構築することでアップデートをミッションにいろいろな学びの場を作り続けています。 場を作りながらもちろん自分も学びはあるのですが、今回は久しぶりに自分主導のためのアップデート期間を作ります。 自分をアップデートするための本気企画だからこそ、他者にも大きな学びを渡すこともできると思ってます。 ということで、Well-Labo第一期の仲間を募集します! 未来塾(やっくん)の学校 仲間と共に育ててきた環境系

            スキ
            9

            歴史の上に生きる僕たち。サステナブルツアーの先にある、地球にやさしい旅を目指して

            「風を受け、いのちを祝う 地蔵の森」のやっくんこと福元です。 先日投稿した の内容にフィードバックをもらいました。 関係性がすごく深い方からの指摘だったこともあり、いい意味でぐるぐる回り続ける、すごい問いを受け取りました。 正直、どストレートにフィードバックもらったので、僕としては珍しく自分の中で消化することができず、数日ボディーブローのようにじわじわと効いていました。。。苦笑 やっと消化し始めることができ、 自分の世界(想い)を表現することによって生まれる次への世界(想い

            スキ
            7

            美しい屋久島を、未来へとつなぐために、わたしたちができること〜地球にやさしい春旅from屋久島〜

            「風を受け、いのちを祝う 地蔵の森」のやっくんこと福元です。 桜が散り、雨が降るごとに新緑が深まり、命が溢れる屋久島。 命あふれる地球に生きている感覚をあらためて感じながら、 刻々と変わる自然の変化にこちらもパワーをもらう日々です。 新たな命が芽吹く美しい時期に。 僕たちも、屋久島もこれからどうなっていくんだろうかと未来に思いを寄せてる日々。 2020年に立ち上げた屋久島の次の30年を考えるイマジン屋久島の仲間ともいろいろなことを話しています。 美しい屋久島を、未来へとつ

            スキ
            14

            2022春環境系学生未来塾in屋久島~人生を生きることを祝福する場 ~

            「風を受け、いのちを祝う 地蔵の森」のやっくんこと福元です。 久しぶりにbeの肩書きを更新しました。 beの肩書きについては、後半で。 さて、屋久島で記念すべき10回目となる2022春環境系学生未来塾in屋久島を2022年3月1〜5日に開催しました。 前回に引き続き、新型コロナウィルス感染拡大による対面でのイベントがおおよそ中止になっているご時世に、こんなときだからこそ対面イベントが大学生に必要だと決断し開催。今回も我ながらよくやりました。苦笑 ただ、残念なことに長野の泰阜村

            スキ
            14

            第12回環境系学生未来塾~人生を生きることにエンパワーメントする場 ~

            「愛ある空気を醸し出す探検家」やっくんこと福元です。 屋久島で9回目となる第12回環境系学生未来塾を2021年9月7〜11日に開催しました。 新型コロナウィルス感染拡大による対面でのイベントがおおよそ中止になっているご時世に、こんなときだからこそ対面イベントが大学生に必要だと決断し開催。我ながらよくやりました。苦笑 自粛生活のオンラインでのバーチャルな学びが定着している中で、改めてリアルな学びの意味を問う時間。 オンラインが日常に溶け込むことで、時間や空間を超えて知識を簡単に

            スキ
            4

            屋久島の「次の30年」を共に考え 共に動いていく対話型共創コミュニティイマジン屋久島 〜Imagine all the people living for today〜

            「愛ある空気を醸し出す探検家」やっくんこと福元です。 今回は、2020年から新たに始まったイマジン屋久島のふりかえり。 息子たちに誇れる2050年のビジョンができました。 それにしてもいい笑顔してる。 イマジン屋久島の詳細はこちらから 屋久島に感じていた課題鹿児島にこんなに熱い場があるんだ!と衝撃を受けた「鹿児島未来170人会議」をベースに、屋久島でも「対話」「挑戦」「協働」の文化を作りたいと屋久島でも屋久島未来ミーティングを立ち上げ、地域づくりの世界に足を踏み入れて4年。

            スキ
            12

            第9回環境系学生未来塾~創造するのではなく、発酵することで場を醸す~

            未来塾のたびにbeの肩書き更新することにしました。 「愛ある空気を醸し出す探検家」やっくんこと福元です。 2021.3/3~7に第9回目の環境系学生未来塾を開催。 屋久島での開催は8回目。 記念すべき10回目は第一期生ふとしが、大分県耶馬渓で耶馬溪未来塾第二弾として3月に開催してくれました。 第10回目まできた未来塾。屋久島の未来塾は8回目ですが、ある意味区切りだなと思い、内容やコンセプト、他スタッフとの関係性などをかなり見直した今回でした。 真面目な話は置いといて、まずはこ

            スキ
            1

            第8回環境系学生未来塾~作りたかったのは「愛ある空気」、人生いつでも最前線、僕らはいつでも天地創造~

            「愛ある空気をつくりだす探検家」のやっくんこと福元です。 2020.9/8~12に第8回目の環境系未来塾を開催。 屋久島での開催は7回目。 実は未来塾第七回目は第一期生ふとしが、大分県耶馬渓で開催してくれました。 未来塾が屋久島を飛び出て広がっていくことをすごく嬉しく感じています。 ふとしありがとー! 第8回の未来塾も豊かな時間を過ごすことができました。 まずは、こちらの振り返り動画をご覧くださーい! 1.やっくんが未来塾をやっている理由 未来塾は半年に一回自分自身に自分を

            スキ
            7