見出し画像

静寂な真っ黒な世界を一対の馬と人とが走っていく、流鏑馬。その比類なき美に迫る、初めてのフォトストーリー : 「YABUSAME」を電子書籍で発売。

写真家・古田亘さんの新作写真集「YABUSAME」を刊行いたしました。全国4か所での流鏑馬神事を彼が取材し、迫真の描写力でまとめあげた、珍しいフォトストーリーです。

画像1

この本について

国内外のスピリチュアルな風景を撮影したり、映画やテレビ、舞台演劇などの撮影を手掛けている古田さん。もともと日本の武道にも興味を持っており、あるきっかけで2016年4月に鶴岡八幡宮の鎌倉まつりで行われる流鏑馬(やぶさめ)神事を見る機会を得て、すっかり流鏑馬の虜になったと言います。

その時に夢中で撮影した写真がきっかけで、鎌倉市観光協会や大日本弓馬会からの協力が得られ、武田流の神事へ同行しての撮影が始まりました。

疾駆する馬上から矢で的を射抜く、流鏑馬。6世紀の故事にルーツがあるとされ、武芸の競技である以上に、射手には高い精神性が問われ、身につける装束は必ず伝統的なものが使われるという神事です。

祭事の前の準備の時間、独特なカラーハーモニーで彩られた装束や馬具、そして見た目よりずっと狭い馬場へ風のようにアプローチし、上下動をしない美しい姿勢のまま、あっという間に3つの的を居抜き翔けすぎる射手──。

膨大なカットから選ばれた約140枚の写真には、厳かななかにも緊迫した雰囲気が漂います。

馬や矢の威力の凄まじさが音として聞こえてきそうな迫真性があり、さらに祈りを支える様々な様式美、剣の作法にも似た美学など、流鏑馬文化の深奥が写真の力によってそれぞれのページの合間に編み込まれているかのようです。

公益社団法人 大日本弓馬会・武田流が2019年に設立80周年をむかえたことを節目とし、国内外から手軽に見ていただきやすいよう電子書籍として刊行することになりました。場面のシーケンスやリズムを大切に考えて組まれたデザインも古田さんが手掛けたものです。

発売概要

古田 亘「YABUSAME」 
著者・デザイン : 古田 亘(写真家 / アートディレクター)
版元 : TYPHOON BOOKS JAPAN
形式 : EPUB(フィックス型)
対応端末 : 電子ブックリーダー、Android、iPhone、iPad、デスクトップアプリ
ページ数 : 208ページ
定価 : 本体2,000円+税
配信開始 : 2020年7月10日(金)
発売 : Kindleストア、ibookstore、ebookjapan、honto、koboイーブックストア、Booklive、kinoppy 他、主要電子書店

Kindleストアで見る

写真家について

古田 亘(ふるたわたる)写真家 / アートディレクター
1971年、静岡県静岡市生まれ。CICカナダ国際大学を卒業後、コンピュータ会社の株式会社SCSKに就職。営業・宣伝の仕事を経て映像制作会社に転職。制作会社にて様々なメディアコンテンツのプロデュース、ディレクションを手がけた後、2001年に独立。浅野忠信初監督作品「トーリ」(’04年)のプロデュースや、サーフドキュメンタリー映画「アドア」(’07年)の監督として注目を集めた。テレビ番組、舞台演劇、映画などの写真、デザイン、映像演出を数多く手掛ける。2016年からは個展、写真集の刊行をはじめる。主たる写真集に「少年と海」「Green Gate」「Israel」「小松準弥『君』」など。2015年BS-TBS功労賞、2016年JPS日本写真家協会優秀賞。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます。
3
TYPHOON BOOKS JAPANから刊行された写真集「YABUSAME」の編集部です。このnoteでは、電子書店などでご紹介できない本書の制作背景や著者からのメッセージ、「流鏑馬」の様々な話題をお届けいたします。https://typhoonbooksjapan.com