ローコード開発リファレンスモデル分科会 活動報告ブログ

「ローコード開発リファレンスモデル」とは、超高速開発ツールの導入を検討しようとしている企業が、開発対象となる業務システムの規模や種類、開発チームのスキルレベル、プロジェクトの予算と期間にあった超高速開発ツールを正しく選択できるようにするためのモデル群です。

第3回目となるリファレンスモデル分科会主催ライブイベント開催

「リファレンスモデル分科会」主催の第3回目のイベントが開催されました。 今回は最近の我々の身近な関心事項である「新型コロナウイルスのワクチン接種」をテーマにいた…

オンラインLive実装イベントを開催、8つのローコード開発ツールが高い保守性を披露しました。

オンラインLive実装イベントを開催、8つのローコード開発ツールが高い保守性を披露しました。 2020年11月27日(金)、ローコード開発コミュニティ主催のLive実装イベント…

「『自治体向け給付管理システム』をアジャイル開発してみた」オンラインイベント実施しました

7/1日、「『自治体向け給付管理システム』をアジャイル開発してみた」オンラインイベントを開催いたしました。 企画からイベント開催まで、1ヵ月というタイトなスケジュー…

「10万円コロナ給付」の仕組みをローコード開発してみませんか

 緊急事態宣言が解除されたとはいえ、まだまだ感染予防に気が抜けない日々が続いています。そんな中、ついにローコード開発コミュニティ・リファレンスモデル分科会の、次…

第12回 GenexusとWeb Performerの導入事例、ZDNetで公開!リファレンスモデルのプレスリリースも配信、花束問題に続く次のお題…

ランチの時間には春の陽気を感じるものの、夕方にはまたひんやりとした風が。春はまだかと待ち遠しいBlueMeme 孫です。 そんな寒さにも負けず、2020年2月17日に第12回リフ…