見出し画像

P.S.エイミー

―――意識潜航深度888メートル。

敵性霊を検知。漆黒の深海を見透すと、蠢く触手が見えてきた。

ZZZZMMMM……! 岩礁の間を迫りくるのは、山のように巨大なタコだ。ぐにゃぐにゃと触手を伸ばし、墨を吐き散らして周囲を塗り替えている。

「ワオ……デビル・フィッシュね。まさに穢れた悪霊だわ」

甲冑じみた潜水服を纏った少女は、目の前の光景を解析しつつ、周囲に自我固定呪符を散布していく。取り込まれたらおしまいだ。

プシュキン、どう。誰かいる?」

少女の傍らに浮かぶウサギ型イマジナリ・マスコットが答えを返す。

《ああ。あのタコ野郎の内部に一人いるぜ。取り込まれた拝み屋だな》
「ふむ、まずは一人ね。行ける?」
《あの程度ならば、理論武装で問題なし。ちゃっちゃか行くぞ!》
「了解! サイコ・シフト!

《プシュキン》が潜水服に収納され戦闘モードに変形! 単眼独角の精神的甲冑と化す! 四肢にエゴがみなぎる! これが深層意識戦闘用理論武装《犀玄佛(サイ・クロプス)》だ!

「江湖衛己(エゴ・エイミー)推参!」

VORRRRRRRRRRR! エイミーは背部ブースターから薬理推進剤を放ち、深層意識海中を突き進む!

「SHSHSHHYYYYY!!」

大ダコが怒り狂って触手を伸ばす! エイミーは吼え猛る大ダコの眉間めがけて、恐るべき威力の螺旋回転飛び蹴りを見舞う!

「悪霊退散! 《念動駆龍蹴撃(サイ・クロン・キィーック)》!」

KRAAAAAAAASH!!

「AAAARGHHHH!!」

大ダコは断末魔の叫びと共に雲散霧消! 周囲を覆っていた墨も消え、深層意識海域は一応の平穏を取り戻す。

「AMEN(エイメン)……!」

エイミーは十字を切る。だが……奥にまだいる。この大ダコを操っていた、さらなる大物が。

《拝み屋の意識を回収したぜ》

「肉体に戻してあげて。ここから先はもっとヤバいはずよ」

エイミーは《犀玄佛》を纏ったまま、暗黒の深淵を見下ろした。

【続く/800字】

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

つのにサポートすると、あなたには非常な幸福が舞い込みます。数種類のリアクションコメントも表示されます。

あなたの健康値がアップしました。
28
奥ゆかしさ◆ドーモ。noteで文章を書いています。ヘッズフロムアニメイシヨン。

こちらでもピックアップされています

逆噴射小説大賞2019:エントリー作品
逆噴射小説大賞2019:エントリー作品
  • 627本

小説の冒頭800文字でCORONAを勝ち取れ。ダイハードテイルズが主催するパルプ小説の祭典、「逆噴射小説大賞2019」のエントリー作品収集マガジンです。だいたい1日1回のペースで収集しています。収集漏れを発見したらダイハードテイルズまで連絡してください。【募集要項はこちら】https://diehardtales.com/n/n94b50338466a 【応募タグ】#逆噴射小説大賞2019

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。