見出し画像

二軍の服を手放す、ふたつのアクション

服も下着も服飾雑貨も、完全にお気に入りの「一軍」だけを持つのが理想です(私はまだ徹底できていません……!)。
本日は「二軍だけど、まだ捨てるに踏み切れないものたち(身に着けるもの編)」を、捨てるふたつのアクションについてお話します。

二軍の服たちを手放す、ふたつのアクション

1.旅行に持って行く、もしくは着て行き、着終わったら捨てる。
2.ちょっとした近所への用事に着ていって、捨てる(着てみて残す道もあり)

なぜ「もう一度着てみる」のか?

上で挙げたふたつの方法に共通することは「もう一度着てみる」ことです。なぜこれが有効なのでしょうか?
「これはもう着ないな」とすんなり手放せる服は、二軍にも残らないはずです。未練がましく二軍に残っている服は「諦めるため」そして「捨てられない理由を知るため」に「もう一度着てから捨てる」ことが有効なのです。

1.旅行に持って行く、もしくは着て行き、着終わったら捨てる。
これは「捨てる前提で持っていく」アクションです。

メリット
・帰りの荷物が軽くなる
・洗濯の手間が省ける
・旅先の非日常感で、二軍への執着が手放しやすくなる

2.ちょっとした近所への用事に着て行って、洗わずに捨てる
こちらは「試しにもう一度だけ着てみて、自らの気持ちを確かめ、納得させる」アクションです。

メリット
・それを手放せなかった理由に向き合い、納得して手放せる
・(これはちょっとしたことですが笑)今日着るはずだった一軍の服がが長持ちする

「しばらく着ていないけど、どうにも捨てられない」のには、何か理由があります。あまり着ていなくて新品感が漂っているからなのか、自分には似合わないけれど、デザインが気に入っているから未練があるのか。もう一度着てみてどう感じるか、自分の心に聞いてみることができます。

着てみると「この形、今着ると古く感じるな…」とか「あれ?これ、意外とデコルテがきれいに見える?」とか、色々な気づきがあるかもしれません。

「自分には似合わないのに、デザインが好きで未練がある」というのは「私に全く興味がないけど、顔が好きだからあきらめきれない人」を思い続けることと似ています。改めて着てみると、冷静になって「ああー、もういいかな」とスッキリするかもしれません。それにしがみつかなくとも、この世のどこかには、あなたに似合う上にデザインも好きになれる「両思いの服」があるはずです。それが、一軍に入るべき服です

なお、こちらのアクションでは、着てみて残す道もあり!
万一、着てみたら思いのほか気分が上がった場合は、残す道も検討してOK。但し、この判断は厳しめに。一軍の末席に滑り込める場合に限ります。そうでなければ、また中途半端に二軍でくすぶり、同じことの繰り返しになる可能性があるからです。

各アクションにおすすめのアイテム、実際にやってみてよかった点

1.→特に下着、靴下、Tシャツなどの小さなものや気楽なものにおすすめ。

私は大きなジップロックを使って宿の部屋で洗濯するのですが、旅の間の貴重な時間に、洗濯の手間と量が省けるのはとても大きいです。持っていく洗剤も最小限でOK!

2.→気楽なものに限らず、とっておき感のあるものにもおすすめ。

これは、次に出かける時からできます。
アクションを起こすうち、自分がなぜ、着ない服をわざわざ買ってしまったのか、その原因とパターンが見えて来ます。すると「似合わないのに、デザインが好きだから買ってしまって結局着ない」などの失敗も、未然に防げるようになります。

まとめ

二軍だけど捨てに踏み切れない服や雑貨たち。どうせしまっておくのなら、一緒に旅に出たり近所をウロウロしてみて、改めて彼らと向き合ってみませんか?
私も早速、気に入っているけど最近着ていない服を次の外出に着てみようと思います。※写真の服です。ああー、写真に撮るとかわいいわー……未練が……! 
はい。こういうものこそ、着てみるのがおすすめというお話でした!
お読み頂き、ありがとうございました^^

===

ミニマリストライターブログに書いていたようなハウツー記事を、実験的にnoteで書いてみることにしました! ご感想などありましたら、頂けますとうれしいです^3^

この記事が参加している募集

習慣にしていること

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
うれしすぎて気絶!!!
15
【楽に生きるためのTips】30代半ばまで「大荷物家、浪費家」として生活。2017年雷に打たれるが如く「あっ人生が変わる。身軽になっとこ」と断捨離開始。カード破産寸前のクレカ依存を卒業。荷物を半分以下に、消費大幅減。イラストレーター、web技術者を経て2020年ライター活動開始。