【エンジニアのひとりごと】正しいということ #03

こんにちは!
ワークスアイディ株式会社 キャンスタ編集部 RPAエンジニアの、
りっさんです。

ITに関連する話題や、支援で訪問するお客様先で思うことをつらつらと、
ひとりごと的に行う3回目。

【 過去の記事 】
01「RPA開発は最初が肝心!」はこちら
02「考え方をシンプルに」はこちら

今回は、「正しいということ」です。

RPAの支援でも非常に大事な要素となる「何が正か」については、
特に相互間のすり合わせが必要です。
お客様とのズレがあると、RPA化に余分なハードルが生じてしまいます。

お客様にとっては、普段から作業されているフローが「正」です。
ただ、そのフローがそのままRPAにとっても「正」かというと、
必ずしもそうとは限りません。

作業工程に固執するあまり、RPAでの再現方法がわからず、
結果的に自動化が進まない…ということは往々にしてよくあります。

前任者からの引き継ぎで何となく使用しているため、
よく意味がわからないまま使っていることもあるため、
その他の設定方法がわからないこともあるでしょう。

こんな時は、一緒に作業工程を細分化して検討します。
ファイル名のルール、集計のテンプレート化、分散ファイルの集積化、
保存場所の定義、配信ルール、システムからデータのダウンロード可否…。

今まで「正しい」としてきた工程を、自動化する際にもう一度見直し、
「現時点での最適化」へと再構築していくのです。

この工程は現状維持バイアスからの脱却が必要となるため、
なかなか自社内だけでは解決が難しく、外部の協力が必要です。

「正しい」ではなく「最適な手段」だからこそ、
RPAは常に進化させていかなければならない、とも言えます。

RPAにとっての最適な手段と、お客様にとっての最適な手段。
ベストプラクティスとは、「模索して最適な手段を実現すること」
そんな風に考える、今日この頃です。

キャンスタ編集部 RPAエンジニア りっさんでした!

画像1

最後まで読んでいただきありがとう御座います!Works ID_キャンスタ編集部サイトも是非ご覧ください👍!

ありがとうございます!!引き続きお願いします!
1
『働く』をデザインする-Works ID-です。 DX事業、ロボティック・プロセス・オートメーション(Robotic Process Automation[RPA])導入支援事業ならびに、データサイエンス、人材派遣・技術者派遣、BPO・アウトソーシングの専門家です。