昔憧れた観光ポスターデザインの発信元、観光業界の構造をよく考えたら震えた。
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

昔憧れた観光ポスターデザインの発信元、観光業界の構造をよく考えたら震えた。

広告デザイン(っていうか販促だけど)の道に僕を踏み込ませた根本的な原因ってなんなんや? って思い返したとき、駅貼りのポスターって結構影響受けてたんやなぁ。主にJR東海にやられてたけど。(元名古屋っ子)

今はデジタルサイネージに慣れちゃったから、動いてないと目が行かなくなっちゃたけど…シンデレラエクスプレスのアレはポスターだけじゃ成立しないな。よく考えると…。

今見てみると…痛いよねぇ(;´∀`)…痛いなぁ…時代だわ―

そんな観光業界、結構長いこと販促系で絡んでいたんで寝る前に考えてみた…ら、んー…

デザインでの関わり方-観光

一個前の記事で、ものづくりの変化について書いたんだけど、観光業界…アニメ業界ともウェブ業界ともまた違う独特の構図がそこに…って、

単純に大穴開いてるだけなんやけどねっ!

いや、なんてことない。一般的なものづくりのフローを考えてみて、デザインが絡んでいるところを簡単に表したのが下図。

デザインでの関わり方

観光業界ってさぁ〜

画像3

今ポッカリ穴が空いているっ! んすよ。販促っ!

JTB・キンツー規模縮小だし、宿泊も飛行機も新幹線も、ダイレクトにお安く、お得に予約取れちゃうサービスもイパーイだから、パックで時間縛られて移動しなくても良いし世界だし。

何より、最近は物見遊山な観光に行かないでしょう⁉

え? そんなことねぇって? (下図JTBより引用)

画像4

少なくとも、上位10位は目的あっての旅行…じゃね?

画像5

で、お気づきかもしれないですが、この調査、すげー、大雑把なククリで…

地域関係なくどこでも当てはまっちゃうケースを聞いとるんですわ。

美味しいものって、めっちゃざっくり…

海千山千…。メチャメチャ思考が偏る世界なので、これって地域ごとに調査して、「推し飯」キャンペーン考えないと駄目っすよね。

推し飯クーポンとか推し飯アクリルスタンドとか、推し飯擬人化キャラとか(って、それはうちが今やってるやつ)推し飯グッズとか!

でもですよ。観光業界特有なんすけど…

関連する業者がイパーイ…(๑´•.̫ • `๑)、利害関係がヤバーイ!∩(・∀・)∩

一企業がものづくりしてるだけなら、同じカテゴリーのものを作っているのはライバル企業…というくくりナンですが、観光って地域内でライバル企業みたいな構造になっちゃうんで、販促調査とか販促企画とか販促振興とか販促勧誘とか(全部マーケティングっていう)ざっくりになっちゃう。

行政担当課はそのあたり、もっと面倒なことになるから、積極的に力入れにくい現状があって、なんかモヤモヤしてて。

そこでDMO!(チャラララッチャラーン〜)

に期待してます。'`ィ (゚д゚)/

以上。DMOについてなんか語ることは…めっちゃあるけど、本題じゃないから。

観光協会がDMOになっちゃ〜経営感覚がアレだからアレになってしまう可能性が高くて…だからアレなんだよ。アレ。(意味深)

デザインからコンテンツへ

いやこれ、観光業界に限らずものづくりにも言えること。

でもちゃんと理解しているとは言えないっていうか、流れができてないのが現状。

諸々考えるとき、リサーチデータやリターンデータを元にしたデータドリブン分析・考察は必要なことが大前提として…

描いてますか? イメージボード。

書いてますか? ストーリーボード?

もっとも、カスタマージャニーマップと近いけど、観光はエンタメにものすごく近いから、少なくともこの2つは押さえておきたいですね。

誰視点から見るのか? どの角度からシーンを見るのか? みんな観光と繋がる話。

みんな、大なり小なりそれを求めに逝ってるんだし。

穴の空いた部分を埋めるチャンスは誰にでもあるっ!

ことほむは、歴史・文化財領域(コンテンツとキャラと文様を組み合わせたデザイン企画)と一部“飯(メシ)”の部分で、独自にリサーチを行いながらなんかやろう(もう動いてる)と挑戦中。
(足長オヂサン、ウチらに投資して―・はぁと)

観光のIoT分野もガラ空き。ここ、どうやってマネタイズするのかがポイントで、ダイレクトなクライアントという考え方だと入り込めないっすね。

ゲームとアニメ(ショート)はホント、ファン掴みやすい分野なんで、研究する余地はあるし、もっというと入り込める。(うちラが挑戦してるように、小さなところのほうが入りやすいかも)

暗い話題が多そうだけど、実は視点を変えるだけでメチャクチャチャンスなんよ。今って。アイデア出し合って、穴を埋めに行きませう。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
「スキ」してくれてありがとう! アイコン点灯ヨシッ!
「ことほむ」ではゲームコンテンツ・アニメーション作品設定時代考証、観光プロモーション企画・マーケティング・デザイン企画をやってます。僕はWordPressとマーケティング担当。妻が和雪庵という茶室を開いており、茶書研究・茶道体験・お茶ゼミを開催していますが、流行り病で閉庵中です。