見出し画像

墓場珈琲店。

霜のように張り詰めた空気。
降り積もる雪。
悴む手。

長靴が雪を踏みつける感触を確かに感じながら、俺は歩いていた。

今日はクリスマス。
まるで光の粒子があたり一面に飛び散ったみたいに、
町は煌びやかに輝いている。

そんな中、無論、俺の心も弾んでいた。

クリスマスで心が弾む、と聞けば、考えられるのは一つだけだろう。
そう、俺は今日、とある女に告白をするのだ。

アルバイトで忙しげな学生、
キスを交わす夫婦、
微笑み合うカップル。
誰一人として、他人に目をくれることはない。

俺もそれに習い、深々と雪降る中、
浮き立つ心を押さえ、ゆったりと歩いた。


待ち合わせの時間まで、
あと五分の余裕をもって俺は約束の場所に着いた。

そこはさっきまでいた街から少し離れた場所だった。
喧噪から離れて、どことなく落ち着いた、貫禄のある雰囲気が漂っている。

「お客さん、なんだか、気分がよさげだね」

『マスター』が、俺に向かってそう言った。
とりあえずこれ飲んどきな、と彼は俺にコーヒーを一杯渡す。
俺はマグカップにそそがれたソレを受け取り、
ありがとうといつも通り礼を言った。

コーヒーは湯気を発していて、見るからに熱そうである。
俺はそれを、啜るようにして飲んだ。

まずは一啜り。
普通の珈琲ならうまく飲めるのだが、
なぜだか今日は火傷してしまった。

次に二啜り。
もう火傷はしないぞと心に誓い、さっきよりも慎重に。

よし、上手く飲めたぞ。
次に三、四……

一口すするたびに、心温まる感覚。

正直言って、そこまで美味しくはない。なんならスタバのコーヒーの方が美味しい。
だが、それでも、このコーヒーは俺の心の氷を溶かしてくれるのだった。

そうこうしているうちに、待ち合わせの時間になっていた。
俺の心に緊張が走る。
俺の目は自然と、外に向いた。

窓越しに、まるで、イルミネーションみたいにキラキラした街が見えた。ぼんやりと、綺麗だな、と思う。


待てど暮らせど、彼女が来る兆しはなかった。

「なぁ、マスター。茶色い髪の、かわいい女、来てないかい?」

痺れを切らした俺は、マスターにそう尋ねた。
すると彼は、そっけなく「知らねぇな」と返す。

暫くの沈黙。
冬の空気で冷え切っていたが、
マスターのコーヒーのお陰で俺の心は芯からあったまっていた。

どうやら女という生き物は時間に無頓着らしいぞ、と俺は薄く笑う。
こう見えて俺も30代だ。
年甲斐もなく恋愛なんてモノに手を出したのが、
よくなかったのかもしれない。

とうとう、俺はコーヒーを飲み干してしまった。
俺は、マスターにマグカップを返却しながら言った。

「うげげ……。俺、フられちまったのか……」
「フられた?」

マスターが眼鏡を外し、興味深げにこちらを見た。
相当の年配である割に、眼鏡の下の目ははっきりと見開かれている。

冷たい空気が、肌を刺す。
俺は深々と、白い息を吐き出した。

「いや、気になる女の子ができたから、呼び出してみたんだよ。でも、全然来なくてさ。待ち合わせの時間、過ぎてんのによ……」

少しイライラしながら、腕時計を見る。
するとマスターは、再び眼鏡をかけ、
なぜだか寂し気に言った。

「……もう、帰んな、おまえさん」
「えっ、なんで……」

あまりにも突然の宣告に、俺は驚いた。
マスターの口調は、突き放すような物に代わっていた。

降り積もる雪が冷たくて、重い。


……あれっ、俺はついさっきまで屋内にいたはずなのに。
どうして俺は、雪に晒されているんだ?

それに、なんだか、体の真ん中が『熱い』。

「きゃぁぁぁぁっ!」

誰かの劈くような悲鳴が聞こえた。
俺は頭を上げてそれを確認しようとするが、体が言う事を聞かない。
体が動かない。

「うそ……」

聞き覚えのあるかすれた声が、俺の耳に入った。
俺はすぐに、ピンとくる。

それは、間違いなく、俺が告白しようと思っていた女の声だった。

俺の視界に、彼女が入ってくる。
彼女は血に濡れていた。

『返り血だ』と俺は感じ取る。
それも、誰かの返り血なんてものじゃない。

俺の血だった。

俺は車に轢かれそうになった彼女を庇って、
代わりに車に轢かれたのだった。

彼女は呆然自失のまま、俺の頭覆いかぶさるようにして倒れた。
さっきまで腹部が熱かったのに、今はもうそれさえ感じない。
足の感覚がない。
腕がついている気がしない。

意識が深々と降る雪に、とけてゆく。

クリスマスは元々、イエスキリストの誕生を祝う日だったと聞く。
それを勝手に「子供がプレゼントをもらう日」「恋人の祭典」としたのは、どこの大馬鹿か。

でも、この際、そんなことはどうでもいい。

「……愛してるよ」

俺は、声を絞り出してそう言った。
まるで、イルミネーションみたいにキラキラした街が見えていた。
その光景が、やけに遠い。

俺の意識は、まろやかな珈琲の匂いと、クリスマスの光に溶けてしまった。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
THANK YOU!
4
暗中模索しながら、イロイロな書き方で、イロイロな物を書いています。時々だらけてしまう自分を律するために、毎日キーボードを叩くために、noteを利用しています。よろしくお願いします。

こちらでもピックアップされています

墓場珈琲店。
墓場珈琲店。
  • 5本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。