脇坂真吏/農業プロデューサー

目標→小学生のなりたい職業一位を農家にすること 都内で5会場/年間130日のマルシェ開催 北海道では八百屋や小売店舗を3店舗経営 北海道東神楽町では地域商社を立ち上げ地域創生 コロナ禍で、北海道食品事業者応援をするスマイルマルシェプロジェクトを立ち上げ
    • 東神楽町地域商社への道
      東神楽町地域商社への道
      • 8本

      北海道東神楽町の地域商社の活動に関しての記事をUPしていきます。

    • スマイルマルシェプロジェクト
      スマイルマルシェプロジェクト
      • 5本

      北海道食品事業者の応援を目的に活動を開始した、スマイルマルシェプロジェクトについてのマガジン

    • Marche to Table活動日記
      Marche to Table活動日記
      • 2本

      オンラインサロン「Marhce to Table」の月1回の食事会の活動日記です。 http://mtt.nougyou.tv

    • マルシェのつくり方、使い方~インタビュー編~
      マルシェのつくり方、使い方~インタビュー編~
      • 6本

      ヒルズマルシェが始まってから10年。 マルシェを立ち上げ、運営し続けてきた中での運営側や出店側での成功法則などをノウハウとしてまとめた書籍 『マルシェのつくり方、使い方』(学芸出版社)を2019年9月14日に出版いたしました。  その中で、実例として出店者や運営者、お客様のインタビューも掲載させていただいておりますが、ページ数や文字数の制限もあり、多くを掲載することが出来ませんでした。マルシェという場に集まる人々にはとても魅力的な出店者やお客様、イベント運営者がいらっしゃいます。そうした方々についてもお伝えしていくことで、よりマルシェの奥深さが伝わるのではないかと考え、続編として「インタビュー編」をnoteにて連載していきます。

固定された記事

第1人者として10年間で1000回以上開催している”マルシェ”を書籍にしたワケ

 タイトルにもある通り、この度マルシェに関するノウハウ本を日本で初めて書籍化し出版することになりました。なぜ、このような本を書くことにしたのか、その理由について…

生らっきょうと極旨あまぽての絶品ポテサラ!

あま~いあまぽて(越冬じゃがいも)と癖のある生らっきょうのハーモニーの簡単ポテサラです。 1)下ごしらえ ・あまぽて(今回は品種きたあかり)は電子レンジで6分チン…

生らっきょうを納豆を合わせてみたら、ネギと納豆の相性並みに抜群だった件

期間が短い生らっきょうの探求をしてますが、今回はさくっと簡単レシピ。 ということで、生らっきょうと納豆と生胡椒をまぜまぜして、焼いた厚揚げにのっけて食べただけで…

香りの三重奏♪生らっきょうと生胡椒とオリーブオイルの絶品ソース、食べやすく癖が弱いのが癖になる?!

らっきょうの産地って知ってますか? 鳥取のらっきょうが有名ですが、実は生産量が一番多いのは、鹿児島県南さつま市だそうです。(と生産者が言っていたのでそうなのだと…

マルシェ、札幌へも進出!ハイヤー会社と創る地域密着型マルシェへの挑戦

平岸マルシェ、はじめました 時期がくれば冷やし中華がお店に並ぶように、呼吸をするがごとくマルシェをし続けているのですが、2020年11月3日文化の日に札幌市豊平区に新…

東神楽町の農業地帯を雪どけ間近にドローンで撮影

旭川空港のある町、東神楽町。 雪がとけはじめ、農作業を進めるにあたり田畑には融雪剤をまきます。 その模様の美しさや広い雪景色をドローンで撮影した様子です。