親が突然「加害者」になる高齢化社会を、私たちはどう生きればいいのか
見出し画像

親が突然「加害者」になる高齢化社会を、私たちはどう生きればいいのか

映画/セクシュアリティ・ジャーナリスト此花わか

近年、#認知症 を含む #高齢者 が「#加害者 」となる事故が後を絶たない。本人に悪意がない場合、目の前で起こる悲劇に、近くにいる家族はどう向き合えばいいのか。

この問いにひとつの答えを示す映画『 #誰かの花 』が1月29日に公開される。「被害者遺族」が「加害者の家族」になるかもしれない状況に陥り葛藤する様を描いた本作は、脚本と監督を手掛ける奥田裕介氏の実体験と取材に基づいているという。奥田氏に、作品に込めた思いについて聞いた。

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/91901?media=frau


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます!
映画/セクシュアリティ・ジャーナリスト此花わか
オスカー俳優や監督など多数の映画人に取材。主な連載:【FRaU #みんなセックスレス #夫婦同姓の苦しみ 】米ACS認定セックス・エデュケーター。映画「Movie Repository」とセクシュアリティは人権を理念にした「Sex Positive Magazine」を運営