マガジンのカバー画像

【Voicy】個人発信まとめ

143
株式会社Voicyのメンバーたちが、個人で発信したnoteをまとめたマガジンです。
運営しているクリエイター

記事一覧

5年ぶり開催のtry! Swift Tokyo 2024に参加してきました!!!!

try! Swift TokyoはSwiftを使った開発のコツや最新の事例がわかるカンファレンスです。 前回5年前の開催が初開催で実は参加していました😎 0日目0日目は非公式ですがYakatabune.swiftという屋形船にみんなで乗るイベントに行ってきました! 参加者には英語圏の方が多く乗船しており、何名かの英語話者と交流できました〜 1日目 今回のtry!Swiftでは初めて個人スポンサー出してみました! 少しばかりですが、カンファレンスに貢献したいと思い出して

Voicyの組織開発施策の1つ、クロスファンクショナルチームを運営した3年間で得られたこと

Voicyカンパニークリエイターのみのりーです。 このnoteでは、Voicyで2021年から組織開発の一環で取り組んでいる人事施策の「CFT=Cross Functional Team」(以下CFTと記載)について紹介したいと思います。が、人に読ませる長めの文章を書くのが久しぶりですので、読みにくかったらごめんなさい! 私の文章より、Voicyという会社をより広く知ることができるのはVoicyの採用サイトですので、もし途中で離脱しそうになっても、せめて、下記のページの記事

そこまでお金と手間をかけずにいつもと少し違うコーヒーを飲む方法

私はバックエンドエンジニアというパソコンを使う仕事をしています。ITエンジニアはなんとなくコーヒーが好きでこだわる人が多い気がします。画面を見つめ続けたり考え事をしたり、コーヒーが欲しくなる機会が多いからでしょうか。とはいえそこまで多くない社会人経験なのでITエンジニア特有のものでは無いと言われればそれまでですが。 さて、ご多分に漏れず私もコーヒーは好きです。緑茶も好きなので、この手の飲料が好きなのかカフェインに取り憑かれているのかは定かではありません。 この記事では、なんと

StartupAngular#7イベントレポート

はじめにこんにちは!株式会社VoicyのQAエンジニアのCちゃんです。今回はStartupAngular#7について、運営側の視点で振り返ります。 対談形式で振り返りを行いました。 その音声をVoicyのvoi-chordチャンネルでも聞くことができます。 イベントの概要StartupAngular#7は、Angularをメインに扱うスタートアップの知見を共有するイベントです。この回では、新しいAngularに焦点を当てたLT会とハンズオンを組み合わせて、参加者に新たな体

【入社エントリー】Voicyに入社して1ヶ月が経ちました

初めまして、Voicyでバックエンドエンジニアをしている森永雅大です。 Voicyではあだ名でメンバーのことを呼ぶ文化があるので、社内ではまさと呼ばれています。 Voicyには今年の1月に入社し、ちょうど1ヶ月ほど経つのでいい機会だと思い、入社エントリーを書いてみました。(Voicyでは、技術に関することもそうでないことも積極的にアウトプットしていこうという文化もあるため、その熱に触発されたというのもあります笑) 自己紹介/キャリア改めて自己紹介をさせていただきますと、株

成長できる1on1の使い方

はじめにこの前上長に、この1年で1on1の時間の使い方が上手くなったねと言われた。とても嬉しかった。忘れないように、何を考えてどのような工夫をしたのか記録しておく。 1on1の時間の考え方私にとって1on1とは、個人や組織の成長のために上長とメンバーが話し合う時間だ。この目的は上長とメンバーで同じだと考えている。しかし、それぞれの視点は異なるため、時間の使い方を区別する必要がある。 それには2つの理由がある。 新しいことをやるときはできる人から学ぶのが早い 上長にとっ

「ギャルのドハマリ!ボイスドラマ」をまとめたよ #Voicy

音声プラットフォームVoicyでは、2023年7月に「ボイスドラマ」という新コンテンツが誕生しました! 話題のコミックや小説などのエンタメコンテンツを音声化したもので、「毎日¥0」といった機能を使うことで無料で楽しむことができるんです。 画がない分、登場人物たちの姿を想像しながら…自分の中の最高のイケメンや、ホラーの場合は怖い情景を想像しながら聴くので、没入できてたのしいです。 そんなボイスドラマを紹介する放送を、Voicyの“ギャル”ことさみちゃんとお話ししています

わたしのVoicyでの1年間を振り返る

年末に何かnoteを書こうとずっと思いつつ、気づいたらもう大晦日になってしまいました。 早いようで濃かった1年を、ざっと振り返ってみたいと思います。 初めましての方もいらっしゃると思うので、Voicyで何をしている人なのかの簡単な自己紹介はこちらです↓ 社内イベント、企業コラボイベント、部活動などなどについて、自分の備忘録がわりに書いてみます。 特設サイトやチャンネルのURLも貼りますので、気になるものがあればぜひ聴いてみてくださいね。 1-3月 ■ 年間キックオフ

【個人noteの再設計をした話】バナーやマガジンはどうするか。

こんにちわ。堤です。今年も1年が終わり、noteでは恒例の活動記録を振り返るページが出来ていました。自分の場合、よく読まれていたのはここらへん。「やっぱAI関連がよく読まれたなぁ」という印象です。 発信の目的としては、節目ごとに体験や知識をまとめることを意識していました。2ヶ月に1本という、ゆっくりとしたペースだったのですが、考えを整理する良い習慣になっていたなと思います。 ハウツーに近い記事ばかり発信していたからというのもあるのですが、検索であとから読まれることが多くて

なぜ音声配信をするのか?18人のVoicyパーソナリティの声を集めてみた

音声配信って、どんなものだろう? 声の配信ならではの効果はなんなのか?どれくらい再生されるのか?続けるのは大変なのか? 動画やテキストに比べまだまだ発信者の少ない音声の世界。音声配信経験者の声がまとまった情報はあまり多くないように思います。 そこでこのnoteでは、実際に配信した18人のパーソナリティが感じた音声配信(Voicy)のメリット、デメリットを掲載します。これから音声配信を検討する人の参考になればうれしいです。 ※パーソナリティのコメントは音声配信から私が抜

Voicyのボルダリング部を紹介

こんにちは!最近Voicyに入社したiOSエンジニアのムッチョです。 株式会社Voicyには数多くの部活があり、全部で数十個に渡りますが、その中でも最も活動が活発な部活動の一つがボルダリング部です。 僕はボルダリングは入社前の時点では一度もやったことがありませんでした。面白そうだな〜と入社前から思っていて、入社後ボルダリング部に参加して初めてやってみたんですが、見事にハマりました。楽しい。 あなたもボルダリングをやるべきです。あなたもボルダリングをやるべき理由を書きます。

音声スタートアップVoicyでの2年目を振り返る

2023年12月で入社して丸2年になりました。というわけで、2年目を振り返ります。めちゃくちゃざっくり一言で振り返るなら、前半と後半で異なる役割を担い、それらを兼任していた過渡期に認知負荷と意識の切り替えで苦労した年でした。 1年目、2022年にも振り返り記事を書いています。1年目が気になった方はこちらからどうぞ。 SRE/PlatformチームのSREさっそく本業 (エンジニアリング) の振り返りから始めます。2022年2月から始まったSREチーム。2023年も引き続き

【転生】目覚めたら労務からQAチームにジョインしていた件

〜この記事は、Voicy Advent Calendar 2023の記事です〜 こんにちは!VoicyのQAチームでテスターとして働いている、のんちゃんです。 これまで一貫して、労務管理や採用など人事領域に携わってきましたが、今はQAチームにジョインし、テスターとして仕事をしています。 職種や働き方が変わった以上に、考え方や生き方が大きく変わった1年でした。 開発経験0のテスターが、どんな5ヶ月を過ごしてきたか?を棚卸しすべく、振り返ってみました。 経緯(緊急手術×2〜

2023年エンジニアとして挑戦したことベスト3

はじめにこんにちは!株式会社VoicyでフロントエンドエンジニアをしているCちゃん(河原志乃)です。 12月になり、今年ももうすぐおわりに近づいてきましたね。今年は自分で選択したことを正解にするように頑張れたので、今回は挑戦したことベスト3を紹介させてください。 1. チームでPMっぽいことをしたここでいうPMとはプロジェクトマネージャーのことです。プロジェクトを成功に導くためになんでもやる人を指しています。 具体的には、アサイン調整や見積もり、進捗管理をやっていました。要