VIVISTOP for Bricoleur
VIVISTOPの夏休みプログラム 2022
見出し画像

VIVISTOPの夏休みプログラム 2022

VIVISTOP for Bricoleur

★受付終了しました★(2022.7.19追記)
夏休みプログラムは受付を終了しましたが、気軽に作ったり直したりすることができるシェア工作室としてオープンしている時間もありますので、ぜひご利用ください。詳細はこちら →→ https://note.com/vivistopbrico/n/nabb8b273d1a8

小学校4年生〜中学生向けに「あるものを使い尽くすためのものづくり」にチャレンジする夏休みプログラムを実施します!

レーザーカッターや3Dプリンターを使って自分だけのお役立ちグッズが作れるようになる「ぴったりデジ工作」と、ファッションやリサイクルについての自由研究を応援する「Re:Re:Re:Clothesの自由研究」、2つのテーマから選べます。

夏休みプログラムの開催場所はJR中央線高架下の「中央ラインハウス小金井 ナレッジルーム」です。

中央ラインハウス小金井 ナレッジルーム(東京都小金井市緑町1-3-59)

2つのテーマのプログラムに加えて、夏休み期間中の毎週水曜日、東京学芸大学内のVIVISTOP学芸で自由にものづくり活動もできます。

参加にあたって、事前にVIVITA本会員(=VIVINAUT)登録が必要なので、ぜひお早めにキックオフ会(登録&申込会)にご参加ください!

概要

キックオフ会の実施期間 → 2022/6/26(日)〜7/19(火)
夏休みプログラム実施期間 → 2022/7/25(月)〜8/31(水)
対象 → 小学4年生〜中学3年生
参加費 → 無料
定員 → 先着12名
実施場所 → 中央ラインハウス小金井 ナレッジルーム

参加方法

参加の流れ

1.キックオフ会を予約する
2.キックオフ会に参加して、VIVITA本会員(VIVINAUT)登録する。
3.参加したいプログラムを、2つのテーマから選ぶ。
4.参加する!

キックオフ会の予約方法

実施期間 → 6/26〜7/19の日、月、火曜日
場所 → 中央ラインハウス小金井 ナレッジルーム
予約方法 → ●VIVITA Reserve●からご希望の日時を選んで予約してください

VIVITA Reserveは、こちらの画像をクリック!
  • VIVITA Reserveのご利用にはVIVITA Accountが必要です。お持ちでない方は、作成をお願いします。→●アカウント作成はコチラ●

  • 参加者が13歳未満の場合は、必ず保護者の方と一緒にお越しください。

  • VIVITA本会員(VIVINAUT)登録の際は、保護者またはご本人の本人確認書類が必要です。免許証やマイナンバーカード等をお持ちください。

ナレッジルーム アクセス

東小金井駅から徒歩約8分です。

プログラム内容のご紹介

2つの夏休みプログラム内容をちょこっとご紹介します。

ぴったりデジ工作

「ぴったりデジ工作」のキーワードは「測る」です。ノギスという物の幅や内側の大きさを測ることができる道具の使い方をマスターしましょう!

ぴったりサイズで設計したデータをもとにレーザーカッターや3Dプリンターで形にすると、身の回りの物を便利にする道具を自分で作れたり、使い途を変えたりできるようになります!

釜飯容器を水耕栽培容器にしたりとか……

手先が器用じゃなくても、特別なスキルがなくても、0.1mm単位の細かさでアイデアを形にできちゃう!ところが3Dプリンターやレーザーカッターの良さのひとつ。その良さを使いこなせるようになっちゃおう!というのが「ぴったりデジ工作」です。

「ぴったりデジ工作」
日程 ①7/25 ②8/1 ③8/22(月曜日)
時間 13:00〜14:30
場所 中央ラインハウス小金井 ナレッジルーム

Re:Re:Re:Clothesの自由研究

「Re:Re:Re:Clothesの自由研究」はファッションやリサイクルについての自由研究をサポートするプログラムです。自由研究は、自由研究なのだから、テーマは自然観察や理科実験でなくてもいいのです!大事なことは2つ。

  • 自分の心からの「なぜ?」や「気になる」から始めること

  • テーマがなんであれ、科学的な研究のやり方で進めること

例えば、
・チクチクする服と、触り心地がいい服の違いって?
・今年一度も着ていない服はタンスの中にどのくらい?
・どうしていつも靴下のつまさきに穴が開くの?
・ビッグシルエットの流行はいつから?
などなど。ファッションにまつわることでも、仮説をたてて調べれば、自分だけの発見につながります。

VIVISTOPでは5月から、不要な布を手動でワタに戻して糸に紡ぎ直すことにチャレンジするというプロジェクトを進めています。日頃感じている「なぜ?」を持って参加してくれるのもうれしいですし、布をワタに戻す体験を通して気になることを見つけるというパターンも大歓迎です。

布をワタにして、糸にしたりフェルトにしたりする実験中

自分だけの「なぜ?」から始めて、作って観察して記録してまたやってみて……、道なき道をかきわけるように進むことはメチャメチャ楽しいです。与えられたミッションをクリアしていく達成感とは違った楽しさが、研究にはあり、その楽しさに一緒に浸ろう!というのが、このプログラムです。

「Re:Re:Re:Clothesの自由研究」
日程 ①7/26 ②8/2 ③8/23(火曜日)
時間 13:00〜14:30
場所 中央ラインハウス小金井 ナレッジルーム


小1から OK!いつものオープンデー

上記夏休みプログラムの他に、いつも通り自由に気軽にものづくりができる場所としてもオープンします。保護者の方と一緒であれば小学校低学年の方も参加できますので、お気軽にお越しください。木工チャレンジに役立つのこぎりなども用意してお待ちしています!

VIVISTOP for Bricoleur @中央ラインハウス小金井

中央ラインハウス小金井ナレッジルームは、ミシンやレザークラフトの道具、のこぎりなどハンドツールが充実しています。空いていれば当日参加も可能な気軽なシェア工作室です。
オープン日:毎週月・火曜日 15:00〜18:00 & 第1・2日曜日

VIVISTOP学芸オープンデー @東京学芸大学

東京学芸大学キャンパス内のVIVISTOP学芸オープンデーです。レーザー加工機や3Dプリンター、電動工具などが充実しています。オープン日の4日前までに申し込みが必要です。詳細は決まり次第公開します。
開催予定日:7/24(日)、8/28(日)


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
VIVISTOP for Bricoleur
自分でつくることや、あるものに一工夫して欲しい物を形にする活動(=ブリコラージュ)を応援するプロジェクトです。道具や場所を利用したり、ものづくりの相談をすることができます。主な活動場所は、中央ラインハウス小金井ナレッジルームとVIVISTOP学芸です。