中央アジア事情

8
記事

キルギスのユーチューバー達との共演

少し前になりますが、2019年4月6日にとあるイベントにスピーカーとして登壇しました。そのイベントは、キルギスの有名ユーチューバーとインスタグラマーが主に出演するイベントでした。

キルギスのインスタグラマー(Instagrammer)

今回私が出演するきっかけをくれたのはアセル・ミナガワ(Asel Minagawa)さんでした。日本人を夫に持つ彼女はキルギス出身のインスタグラマー。現在のフォロ

もっとみる

キルギスでNGOを設立

キルギス国内でNGOの登記をしました

2019年5月15日、キルギス共和国の首都ビシュケクの司法省(Ministry of Justice)にて、2月頃から登記準備を進めていた、キルギスにおける非政府組織(NGO)の登記認可手続きが完了致しました。

2019年2月、国連開発計画(UNDP)キルギス事務所を退職してから、現地で活躍する日本人の有志、それからキルギスの現地の有志の協力を経て、登記文

もっとみる

キルギスの政局動向

キルギスでは、アタムバエフ前大統領とジェエンベコフ現大統領の間で、対立関係が続いており、4月は様々な動きがありました。アタムバエフ氏がメディア等で、ジェエンベコフに体制移行したことを後悔したり、現政権を批判する活動を続ける一方、彼が与党を務める社会民主党内では、すでにほぼすべての党員が現大統領派に回っており、アタムバエフ氏を党から追放する動きを強めていました。4月3日、首都ビシュケクではアタムバエ

もっとみる

カザフスタン大統領選の前倒し実施

3月20日、カザフスタンで初となる体制転換、つまりは独立後28年の間で大統領として君臨したナザルバエフ前大統領が退任する出来事が起こりました。憲法上の規定でカシム=ジョマルト・トカエフ前上院議長が大統領代行を務めることになりました。当面はナザルバエフ前大統領が院政を敷きながら、信頼が厚く、外交等で有能なトカエフ氏が2020年4月までに実施されると見込まれていた大統領選挙まで政権を運営するという見方

もっとみる

タジキスタンの国際投資フォーラム

筆者は4月20日、タジキスタンの首都ドゥシャンベにて、開催されたタジキスタン国際投資フォーラムに参加してきました。ドゥシャンベ市が首都における経済活動における外国投資の促進と多角化を目的に主催しました。

タジキスタン国家資産管理員会より、計477百万ドル相当の新規事業に関するプレゼンテーションが行われ、食品加工、衣料生産、化学、建設資材、住宅建設等の分野におけるプロジェクトの紹介がなされ、外国企

もっとみる

タジキスタンにおけるアリフ・キャピタル(Alif Capital)の取り組み

ドゥシャンベ滞在中に、タジキスタンで初のイスラム金融制度を利用したマイクロ・ファイナンスに取り組むアリフ・キャピタル(Alif Capital)を訪問し、設立代表者と面談する機会を得ました。

アリフ・キャピタルは、2014年にタジキスタンでイスラム金融制度が法制化した直後に設立された比較的新しい組織です。アリフ・キャピタルは「ムラバハ(Murabaha)」という取引形態を採用しており、これは、銀

もっとみる

中央アジアの文化遺産と日本の関係

タジキスタン訪問後に、陸路でウズベキスタンに移動する途中、パンジケント(Panjikent)国境を越えました。パンジケント国境検問所は、タジキスタンの西部にあるソグド州のザラフシャン川沿いにある地域であり、西方約50kmにはウズベキスタンの都市サマルカンドが位置しています。ウズベキスタンのミルジョヨエフ新大統領就任後、ウズベキスタンとタジキスタンの新たな関係により、10の国境検問所が再開しました。

もっとみる

韓国大統領による中央アジア訪問

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が4月16~23日の日程で、就任後初めての中央アジア訪問として、トルクメニスタン、ウズベキスタン、カザフスタンの3カ国を訪問しました。

トルクメニスタンでは、ベルディムハメドフ大統領と会談し、主にエネルギーや輸送分野において、韓国企業による投資や協力に関する協議が行われました。

ウズベキスタンでは、ミルジヨエフ大統領と会談し、ウズベキスタン側は、エネルギー、

もっとみる