見出し画像

【cinema】私はパリジェンヌ

2017年22本目。

レバノンからパリの大学へ進学するために単身で渡仏したリナ。冒頭から、彼女は滞在先となる叔母の家で、叔母が不在の際に叔父に襲われそうになり、本当に身一つで、異国での生活をスタートすることになる。そんな彼女の大学生活は、順風満帆とはいかず、専攻する学問も次々に変えたり、周りから良いも悪いも様々なことを教わりながら、成長していく、というストーリー。

と書けば、めっちゃ前向きな感じだと思われるかもしれませんが、とにかく彼女の本意じゃないにしても、こんなに付き合う男性がポンポン変わっていいんだろうか、という展開なんです。

1人目、ジャン=マルク。彼は相当金持ちな実業家で既婚者。初めからリナを愛人として愛する。彼女もそれをわかっていたはずなのに、彼から突然もう終わりだと言われ、傷心する。

2人目、ジュリアン。彼女が偶然入ったカフェのギャルソンだった彼は、渡米を目指すミュージシャン。リナとのことは本気、だったかもしれないけれど、結局彼は彼女が帰国している間に渡米してしまった…。

3人目、ラファエル。同じ大学の左派思想を持つお坊ちゃん。リナとは何度か大学で顔を合わせる程度だったが、彼女の次年度の滞在許可が下りないことになり、弁護してくれる担当弁護士が彼のパパで、そこから親密になり…。

このリナの瞳が、目ヂカラが、とても印象的で、すごく魅力的。男性を惹きつける何かがあります。にしても、この映画は男性遍歴で、彼女が変わっていく、というものでもなく、彼女は彼女のままだし、何だかそこに明確な意志はなくて、どちらかというと当て所なく、流れに身を任せていく彼女の姿が描かれています。私は、それにはあまり共感できなくて。

大学でも当初は経済学を専攻するも比較文化史、そして美術史に変えていく様は一貫性がなく、大学側もそれに戸惑い、滞在許可を出さない。けれど、彼女自身はいい加減な気持ちではなく、授業に出たら、優秀なレポートを出してみせたり、美術史の先生からは目をかけてもらえるまでに。

また、付き合う友達に迎合してしまうのは、異国だからなのかもしれないけれど、極右思想の友達がいたと思ったら、しまいには左派なんかいというその感覚は、なかなか理解できない。でもそれが彼女にとっての生きる術なのかなとは思いました。

それでも私がこの映画に対して言いたいことは、だから何?ってことです。危篤の父を見舞うため、レバノンに一時帰国するも、見たくない母と弟の罵り合いや、今にも命果てる父を前に罵詈雑言を浴びせる母の姿は、彼女が国を出たいと思った要因なんでしょう。でも、彼女にはフランスに居たい、フランスだから居たい理由はなくて、異邦人である彼女にとって、フランスは周りからどう見られるか気にせずに済む国なだけ。となると邦題の「私はパリジェンヌ」と言い切るだけの強さはないなって。原題の「PEUR DE RIEN」は「何かを恐れて」って意味なの?(ネット翻訳なので、合っているのかどうかわかりません)となると、だいぶ原題と邦題はかけ離れているなぁと。

最後に、彼女は裁判で滞在許可が下り、満面の笑みを浮かべてオワリ、なんだけど、うーん、うーん。良かったね!とは素直に言えない、かも。だって、彼女はこれからも、流れで生きていくような気がしてならないから。

#cinema #シネマ #映画 #感想 #レビュー #myfrenchfilmfestival #フランス #パリ #レバノン #note映画部 #私はパリジェンヌ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Gracias😎
28
頭の中の半分以上が映画で占められている、しがない秘書です。メジャー映画をほぼ見ない映画フリーク。映画のためならどこへでも。コメントいただいて、その返信を書きながら、気づかされることが多々あり、それも含めて私のレビューとなっております。アイコン:byけそさん→ @tr413

こちらでもピックアップされています

とにかくひたすら映画について語る vol.2
とにかくひたすら映画について語る vol.2
  • 103本

どうやらマガジンにはnote100記事しか保存できないらしいので、vol.2を作成しました。

コメント (4)
つぶまるさんの「イマイチ」の感想に逆に火をつけられるというか、見てみたくなりました。自分の若い頃が走馬灯のように蘇るw
Midori Tamuraさん、でもよくよく考えてみると18才そこらで、明確な意志を持って突き進む子なんて滅多にいないし、この流れに身を任せて、女の武器を本意でないにしろとことん使って生きて行く様こそパリジェンヌかなと見終えてしばらく経った今、思います。Midoriさんの若かりし頃、この主人公のような感じなんでしょうか⁉︎この映画、オンライン映画祭でやっててもう上映期間も終わってしまったので、あとはiTunesで配信されていたような…
この主人公と似ているのは流されるところのみw この女性、マルチポテンシャライトともいえるかも。
マルチポテンシャライト…笑 羨ましいと思う気持ちが素直に主人公に共感できなくなってしまったんでしょうか…流されることも人生においては必要なのかもと思い始めた今日この頃です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。