東芝テックCVCの公式note、はじめました
見出し画像

東芝テックCVCの公式note、はじめました

東芝テックCVC

みなさん、はじめまして、東芝テックCVCチームの上野です。

私はチームの中でコミュニティマネージャーとしてPR活動に取り組んでいます。

東芝テックCVC(コーポレート・ベンチャーキャピタル)は、投資を通してスタートアップ企業やVCの皆さまと一緒に未来の新規事業をつくりたい。そんな想いで活動しているチームです。

そんな私たちがnoteを始めるに至った経緯、伝えていきたいことをまずはお話させていただきます。

なぜnote公式アカウントを始めようと思ったのか

私はCVCチームに参加するまでは、企業で投資検討とかをしている人たちって、ちょっと距離があって、何をやっているのかがわからないイメージがありました(秘密結社的な感じ)。重要情報を扱っているという意味ではそうなのでしょうけど。

でも、実際にCVCメンバーと会って話をしてみると、実はもっとスタートアップ企業の人たちに自分たちの活動を知ってほしいし、積極的にPRもしていきたいと言っていたんです。

正直、ちょっと意外でした。なぜなら、それを聞いたときはウェブ上に問い合わせ先もなく、口コミでしか活動していない状態だったから。

それなら、まずは公式ホームページを作って自分たちで発信していくことを考えないといけないですよね。と言っていたら、なぜか巻き込まれまして(笑)。

こうして、ようやく2020年の9月末にホームページを公開いたしました。

でもホームページを作っただけでは知ってもらうことは難しいし、次はどうしようかな?と考えたとき、SNSの運用はなかなかハードルが高いし、商品やソリューションを売りたいわけではないから、記事広告を出すのも少し違う。

そんな中、noteに投稿している企業の方々のコンテンツを見て、このやり方なら私たちの活動を伝えられるかもしれないって思いました。

noteでは、ホームページだけでは伝えきれない私たちの思いや、チームの雰囲気をコンテンツを通して伝えていき、少しでも気軽に「相談してみよう」と興味を持ってくれる人たちが増えてくれたら嬉しいです。

もっと知りたいと思っていただけた方は、ぜひホームページにアクセスしてみてくださいね。

なお、東芝テックは2020年に錦織社長が就任し、新規事業開拓を推進するための一手として「攻めの投資」を行なっていくことを目指しています。東芝テックとしてのCVC投資に対する姿勢や考え方は、下記の錦織社長インタビューで詳しく紹介していますので、興味のある方はぜひご覧になってみてください。

noteの活動を通じて、魅力的なスタートアップ企業やVCの皆さまとお会いできることを楽しみにしています。今後ともよろしくお願いいたします!

東芝テックCVCとは?

2020年で創業70年を迎えた私たちは、これまで小売や物流、印刷などさまざまな領域で新しい価値創造にチャレンジしてきました。しかし、これからの時代は一社だけで社会に大きな変革をもたらすような価値を生み出すことは難しく、イノベーションを起こすには「共創」の精神が欠かせません。

スタートアップ企業には、世の中の動きに対する鋭いアンテナ、アイデアを素早く形にする実行力、そして何よりも、「世の中を変えたい」という情熱を持った方が多いと感じています。

そのような方々と一緒に成長しながら新規事業を生み出すために、CVCチームはスタートアップ企業に投資し、出資先のステージや事業内容に合わせた支援を行なっています。

東芝テックは「ともにつくる、つぎをつくる」という経営理念を掲げています。

画像1

スタートアップ企業やVCの皆さまとともにイノベーションの道のりを歩み、次の未来をつくっていきたい。そんな想いを胸に、私たちは活動していきます。



この記事が参加している募集

自己紹介

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
スキありがとうございます!
東芝テックCVC
東芝テックCVCの公式noteです。仕事関連だけではなくメンバーについてや現場で得られた気づきなどもシェアしていきます。流通・小売、飲食、物流、オフィスなど、投資領域の気になるニュースもお届け。https://www.toshibatec.co.jp/venture/